詩集 - ②

vrymtl

詩集 - ②





『大事な匂い』


目が覚めた朝の空。


暗い時間に明るい空。


見上げると朝焼けと月の空。


季節が重なる朝の空。


湿ったり渇いたりが続いた空。


今の空は匂わないきれいな空。


地上が明るく匂う頃。


空が見おろす桜色の命たち。


昼も夜も匂う時…












『物干し竿』


古い家が建ち並ぶ近所。


昔から変わらない生活がある。


三軒隣の平屋に住むご老人。


朝の洗濯物干しをする。


竿に洗濯物の裾袖通し。


Y字の引っ掛け棒で二段の竹竿。


高めのブロック塀を見おろす位置。


今日も元気に起きたかな?


通勤前に確認してる。


帰宅途中は薄暗く。


裸電球がぼんやり点いている。


温かい灯りがお出迎え。


今日も一日お疲れ様と。




ある日の夜…


物干し台の横の軒。


今までの裸電球とは違う灯り。


センサーで感知するLED電灯に。


暗くてさみしい色に見えた。


あんなに輝いている灯りなのに…


便利な時代には逆らえない。


翌日からは朝陽に反射した。


ステンレスの物干し竿に。


通勤帰宅の愉しみ減った…だけど。


竿に洗濯物の裾袖通し。


これだけは変わらない。


少しだけ、嬉しくなった朝だった…








『月の糸』


同じ空に同じ月、


滲んでいたりはっきりしたり、


真夜中より早朝だったり、


明るい時を長くする様に、


空が見おろす木々花々のために、


月灯りが乱れる雲に、


山々を照らしたり陰にしたり、


白い空気が月に照らされ銀色に、


木々から木々へ草から草へ、


銀の糸で結ばれる時、


月は銀の糸を引っ張って、


ひょうたんみたいな蕾に伝える、


枯れた色一面明るくなる頃、


月は節気を迎える準備する。







「詩集 - ②」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く