魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

第一部 最終話 さらば、ゴブリン先生!?

 冒険者学校は、資金を打ち切られることもなく、存続が決まった。
 市民たちの署名活動により、まだまだ必要性があると証明されたからである。


 発起人は、マノンがバイトをしている宿屋の主人だそうだ。


「お前ら、スマン!」
 開口一番、ジャレスはクラスの生徒たちに頭を下げる。


「確かにオレ様は、お前らを退学させるために雇われた」
 クラス内がザワザワと騒ぎ出した。


「オレ様は、学校内の不正を明らかにする調査員として、この学園に赴任してきただけなんだ。ついでにいうと、お前らが冒険者に値するかどうかという審査も行っていた」




 生徒たちの反応は様々である。襟を正す者、ジャレスに疑惑の視線を送る者。




 マノンやエステルも、複雑そうな顔をしていた。




「おまけに、オレ様は砂礫公でもない。ただ単に、砂礫公を目指していたゴブリンだ。一応、魔神結晶は持っているが、使ったことはなかった」




 なくても生きていけるように、鍛錬はしたが。
 それでも、生徒たちを欺いていたのは事実である。


「そんなオレ様から、お前らに言うべきことを報告する」
 深呼吸を一つして、生徒たちに告げた。


「ハッキリ言う。お前らは全然優秀じゃない。学術的には最低クラスだ!」


 シンと静まりかえる。








「けどな、お前らはスゲーよ!」








 途端、生徒たちが我に返ったかのように顔を上げた。


「考えても見ろ。お前ら、魔神の軍勢をたったこれだけの人数で退けたんだぜ。ウスターシュの援護があったからって、そこまでいかねえよ!」


 ジャレスもあのときは、犠牲者の一人や二人くらいでることは覚悟していたのだ。
 けが人は多かったが、生徒は誰一人として欠けていない。


「イヴォンがヒドラにやられたときは、申し訳ない気持ちになったさ。守れなかったって。オレは最低なヤロウだなって。やっぱり人間と関わるんじゃなかったってな!」


 名指しされて、イヴォンが頬をかく。


「お前らには冒険者として、絶対に必要な要素が備わっている。それはな、人の気持ちを考えることだ。こればっかりは、どんな優秀な先生でも、正しく教えられないんだよ」


 ジャレスだってそうだ。自分で気づくしかない。


「オレ様は今日まで、お前らの動向を見てきた。みんながそれぞれ、互いを気遣い、手を取り合って、困難に立ち向かってきた」


 マノンが立ち向かってくれなければ、ジャレスは魔族に負けていただろう。


 ネリーは、我が身に危険が降りかかったときでも、決してモニクを傷つけなかった。


 冒険を下に見ていたイヴォンが、身を犠牲にしてネリーを守ったときは、感心したモノだ。


 エステルはマノンに対し、常に等身大で見守り続けている。
 上から目線でマノンを指摘したりはしない。背中で考えを伝えるタイプだ。


 もちろん他の生徒にだって、いいところが多い。


 彼らを見ながら、ジャレスは考えを改めていた。


「オレ様はちゃんと、ウスターシュに進言してきた。ただ、受理されるかは分からない。スマン。オレ様が魔王城を明け渡して、そこで授業を受けさせることだって提案した。けど、お前らが欲しいのはそういうことじゃねえんだよな?」


 ジャレスが言うと、生徒は寂しさを顔にだす。


「担任、やっぱり辞めちゃうの?」


「騙していたのは事実だしな。不正していた奴らも全員とっ捕まったし、お役御免さ」


 生徒たちに何もしてやれない悔しさに、唇を噛みしめる。


「オレ様の力及ばず、申し訳ない」
 再度、ジャレスは頭をさせる。床を見るのも、もう何度目だろう。


「担任の、うそつき」
 うつむいていると、マノンの言葉が突き刺さった。


 マノンが席を立ち、ジャレスの前に立つ。


「ああ、何でも罵ってく……れ?」




 ジャレスは、マノンに抱きしめられた。




「担任、ありがとう」


 マノンの笑顔に、侮蔑の様子はない。優しさで満ちあふれていた。




 一瞬、ジャレスは呆れられたのかと思った。
 だが、すぐにその考えをふり払う。


 マノンは、そんな残酷な少女ではない。


「まったく、あたしたちがいないとダメね、担任って」
 微笑みながら、エステルも冗談を言う。


「そうだそうだ。俺たちが面倒見てやらねえとな」
 リードが生意気な口を叩く。


「僕らには、まだ先生のお知恵が必要です。これからも、よろしくお願いしますよ。担任」
 イヴォンが、メガネを整える。


  他の生徒たちからも、励まし混じりの軽口が飛んできた。


「お前ら、怒ってねえのか? オレ様は、正式な魔王じゃねえんだぜ?」
 状況が飲み込めないジャレスは、マノンに問いかける。


「怒ってるよ」
 マノンは首を振った。


「けど、わたしたちが怒ってるのは、担任がスパイだったからじゃない。担任が嘘ついていたこと。わたしたちのことをちゃんと見ていたのは、本当だったんだよね?」


 いかにも、マノンらしい怒り方だ。


「まあ、そう、かな?」


「もっとハッキリ言って」


 煮え切らない態度がマズかったのか、さらにマノンから責められる。


「オレ様が干渉しなくたって、十分やっていけるくらいだってのは分かったぜ」


 マノンは首を振った。


「わたしは、近衛兵のお仕事を、断った」




 マノンの発言に、ジャレスは驚きを隠せない。
 Sランク以上の働きをしたというのに。


「マジか? 女王陛下のご命令だぜ? 一生安泰だ」


「断ったって懲罰を受けるわけじゃない。確かに、近衛兵のお仕事は誇り高い。でも、わたしが守りたいのは、困っている人。女王陛下は、私じゃなくても色んな人が助ける。でも、わたしじゃないと助けられない人だって、きっといるから」


 ここまで、マノンは考えていた。


 マノンだって、出世したいと思っていたのだが。


「結構な額がもらえるぜ?」


「生活に困らないくらいあれば、ちょうどいい」


 結構マノンもお嬢様だったはずだが、随分と庶民的な言葉を言う。


「冒険者は、安定なんて望めないんだぜ」


「わたしがやりたいのは、人々を救うこと。人々が潤えば、自分たちの生活も保障される。王様だけを守っていても、他の民が苦しんでいるなら、それは王様を助けているとは言えない」


 マノンにだって、強かな一面があるのだ。


「そもそも、あたしが戦乙女を目指していたのも、王様だけを守る兵隊で終わりたくないんだって、マノンと話し合って気づいたの。ママに勝ちたいってのもあるんだけど」


 エステルが付け加えた。


 何を言っても言い負かされそうだ。 


「あなたの負けです。ジャレス・ボウ・ヘイウッド。あなたはココでは魔王でも、砂礫公でもない。ただの担任なのです。それでいいではありませんか」
 最後に、副担任のオデットがトドメを刺す。


「わたしは、まだまだ担任から色々と教わりたい。鍛えて欲しい」


 生徒たちから懇願され、ジャレスは頭をかく。モニョモニョと呪文を唱え始める。




 瞬間、生徒全員のイスが折れた。




 イスの脚が折られ、生徒たちが床にズッコケる。




「あんた、何すんのよ!」
 怒ったエステルが、真っ先に立ち上がった。


「まったく、お前らどうしようもねえな!」
 ジャレスは窓枠に足を乗せる。


「しゃーねえなぁ。じゃあ、また追いかけっこするか!」
 振り返った後、ジャレスは窓から飛び降りた。


「あんたは! やっぱりアンタって最低だわ! 浄化して上げるから覚悟なさい!」
 エステルが、ランチャーを持って追いかけてくる。


「ギャハハハハーッ!」
 ジャレスはグラウンドを駆け回った。


「待ってセンセ! ゴーレムじゃ追いつけないよ! えーいこうなったら、フワッフーッ!」
 しんがりにいるネリーが、ゴーレムを巨大化させて押しつぶそうとする。


 かろうじて、ジャレスはゴーレムの手をかわす。


「担任」
 気がつくと、マノンがすぐそこまで迫っていた。


「絶対、あなたに追いついてみせるから」
 決意を秘めたマノンの言葉を、ジャレスは紳士に受け止める。だが、すぐに元のおどけた顔に戻した。


「ギャハッ! 一〇年早いんだよ!」






 まだ、力の差で追いつかれるわけにはいかない。
 彼らには自分よりさらに高みを目指して欲しいから。




 今から、楽しみだ。




 第一部 完

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く