魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

魔神、復活!

「担任!」
「ヘイウッド先生!」


「黙ってろ、いくぞ!」
 担任は両腕を伸ばす。


 フワリと浮かび上がって、マノンとセラフィマは、地上に降り立った。


 だが、担任は崖下へ真っ逆さまに落ちていく。
 かと思えば、異様な早さで登ってきた。腕も使わず、駆け足だけで。
 身体が軽く小さいからできる芸当なのだろう。それにしても早すぎるが。


「先生!」
「遅れてスマン。よくやった、二人とも。よく生きていた」


 独断専行しすぎたセラフィマを特に責めるでもなく、生きていてくれただけで賞賛してくれる。


「あの、ヘイウッド先生、いえ、砂礫公されきこう
 セラフィマが、担任に頭を下げた。


「その呼び名はよしてくれ。慣れてなくってな。それに、オレは魔王じゃねえ」


「あなたは砂礫公です! 誰も認めなくても!」


「そっか……」
 担任はため息をつく。


「先生、申し訳ございません。あなたを信用していませんでした」


「いいっていいって。オレ様の良さは、オレ様だけが分かってりゃいい。お前さんもお前さんの長所を活かしな」
 あぐらをかきながら、担任はセラフィマの膝下をバシバシ叩く。


 担任は、マノンと向き合った。
「マノン、学校は、オレ様がウスターシュに掛け合って、なんとかしてみるぜ」


「わたし、学校がなくなったら、どう生きていいのか分からない。エステルとも、離ればなれになっちゃう。エステルにだって生活がある。戦乙女になって、みんなを守る冒険者になって。わたしは女王様を守る騎士になって。でも、何か違う気がする。それが何なのか、分からないよ」
 マノンは、感情を吐き出す。


 将来は見えてきた。しかし、本当に自分のなりたかったものはこれなのか、判断がつかない。
 マノンはずっと考えた。答えが出ないまま。


「自分が何者になるかなんて、すぐに決断できるヤツなんて、そんなにいねえよ。じっくり考えな」


 担任は、脂汗をかいている。






「それに、まだ終わってねえ」






 担任が、振り返った。




「その通りです。呑気におしゃべりしている余裕はありません、砂礫公!」
 オデットは、こちらに背を向けたままである。


 唯一飛べる人物が、マノンの手助けをしなかった。


 理由は、できなかったからだ。


 目の前に、危険な人物が立ち塞がっていたから。彼女をこちらに来させまいと。


 突然、足下が激しく揺れた。
 再び地震が。


 引き起こしたのは、オデットと対峙している、アーマニタだった。


「どいつもこいつも役立たずね! 足止めもできないなんて! いでよ魔神!」


 アーマニタが、魔神結晶に呼びかける。
 それだけで、アーマニタの美貌が元に戻った。


「アハハハ! 一瞬でヤケドが回復したよ。素晴らしい、さすが魔神結晶の力だね!」
 黒焦げから再生したアーマニタが、自分の身体に魔神結晶を埋め込もうとしている。


「やらせません!」
 オデットが磁力で、周辺の石を弾丸へと変えた。


 ところが、発射する前に石が落下する。


 アーマニタが、オデットに向けて手をかざす。


 軽く払っただけで、オデットは吹っ飛ばされた。
 地面に叩き付けられ、オデットは何度もバウンドする。


「威圧だけで、このパワー。ワタシには止められないようです、砂礫公」
 苦々しい顔をしながら、オデットは立ち上がった。


 余裕の表情を見せ、アーマニタは結晶を天にかざす。


「ついにアタシは、最強のパワーを手に入れた。力は申し分ないよ! あとはこれを、体内に取り込ん――」


 アーマニタの言葉が、途切れた。
 腹を、銀の剣が刺し貫いたからだ。


「あいつ、どうして動けるの!?」
 起き上がったブレトンを見て、エステルが驚愕の声を上げる。


 ブレトンは、体中の七割が炭化していた。立っているのが奇跡なほどである。


 執念、世界を破壊するのだという執念を、マノンは感じ取った。


「お、お前! いつのまに……」
 アーマニタの手から、魔神結晶がダラリとこぼれ落ちる。


「この結晶は、貴様ら魔族の手に余る代物だ。始めから手にする根性のないヤツは、触れるべきではなかったな」
 銀の剣を抜くと同時に、ブレトンが魔神結晶を回収した。


「再生ができない!」


「無駄さ。聖剣で傷を付けたのだ。魔族ごときの力では再生しない」


 聖なる武具で攻撃されると、魔族はダメージが倍加する。それだけでなく、傷の治りも遅い。


「ついでに貴様の身につけた魔神結晶もいただく」
 ブレトンが、魔神結晶をアーマニタの前にかざした。


「いぎぎぎ!」
 苦悶の表情を、アーマニタが浮かべる。


「ああああ!」


 アーマニタに埋め込まれていた結晶が、ブレトンの持つ大型の結晶へと引き寄せられていく。
 大型の魔神結晶は、アーマニタの結晶を吸収した。


 結晶を取り戻そうと、アーマニタが大型結晶に手を伸ばす。


 魔神結晶の周辺に、恐ろしい影が浮かんだ。それは魔族の顔を形作る。


「こ、これが、ま、魔神だって?」


 魔神の復活を、アーマニタは誰よりも待っていたはず。その彼女が、真っ先に腰を抜かした。


「おお、おおおおあばばば! ち、近づけない!」 


 あれだけ焦がれていたはずの魔神が、目の前にいる。
 なのに、アーマニタは尻餅をついて、後ずさりを始めた。
 圧倒的な魔力を感じ取って、恐怖に心が支配されてしまっているのだ。
 絶望をまき散らそうとする不浄の存在を前に、正気でいられるはずもないだろう。


「あが。あががが」


 瑞々しかったアーマニタの皮膚が、みるみる干からびていく。
 魔神結晶を失い、パワーが霧散しているのだ。


 アーマニタの持っていた結晶を取り込み、魔神結晶が徐々に色を濃くしている。


「ああああ! アタシの結晶が!」
 アーマニタの皮膚が、すっかり老いさらばえた。


「貴様にはもう、用はない。そのまま死んでいくがよい」
 無慈悲なブレトンは、アーマニタに背を向ける。


「アタシごと取り込んでおくれ! 魔神様と同化したい! 同化したいんだよぉ!」
 か細くなった手で、アーマニタが、ブレトンの足下にすがりつく。


「薄汚い魔族の女など、魔神は好みではないとさ」
 哀れ、アーマニタは魔神に見初められず、ただの灰となった。


「見るがいい。誇りを失い、闇へと墜ちた騎士の最期を!」
 意を決したように、ブレトンが魔神結晶を心臓の位置へ当てる。


 ブレトンの身体が、ケイレンを起こした。


 魔神結晶が、ブレトンの胸を食い破るかのように、体内へ侵入していく。


 半分まで入り込んだところで、魔神結晶は止まった。


 あやつり人形のごとき不自然な動きをしながら、ブレトンが立ち上がる。
 しかし、目は虚ろで、焦点が合っていない。


 魔神結晶の光はほとんど失われていた。
 が、潜在する魔力は、アメーヌを滅ぼすには十分すぎだ。


「あのヤロウ、ブレトンを再生しやがった!」


「まずいです。魔神復活の兆候!」
 オデットが、担任を引き戻した。


 ブレトンの肉体が、魔族のものへと変わっていく。
 肌は赤く、血管が浮き出ている。
 身につける資格を失ったのか、聖なる装備品がブレトンの皮膚から弾け飛ぶ。
 爪は研ぎ澄まされた剣のように鋭い。


「これが、デーモンロード?」
 マノンたちは身構える。今ココに、最悪の脅威が復活しようとしていた。冒険者の卵たちの前に。


「なんてパワーなの? 一瞬で存在がかき消されそうよ!」


「ですが、また不完全です! 今のうちにやっつければワンチャンありますよ!」
 イヴォンの言葉に付け入るなら、そこが狙い目。力を発揮できないうちに叩く。


「果たしてそう上手くいくかな?」
 ブレトンの声帯を借りて、魔神が言葉を話す。


「貴様らなど、ワシが手を下すまでもないわい。こやつらのエサにしてくれる!」
 不完全体の魔神が、胸の前で手をかざした。
 横へスライドさせると、奇妙な形の魔方陣が発言する。
 そこから、眷属のモンスターを大量に発生させた。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く