魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

砂礫公の真実

「珍しいお客もいたもんだな」


 ジャレスお悩み相談所に現れたのは、セラフィマだった。


「お前さんのクラスは隣だぜ」


「生徒のお悩み相談でございましょう? ならば、クラスは関係ないかと」


 特に気にすることなく、セラフィマは席に着く。


「まあな。で、ご相談とは?」




「率直に申し上げます。もはや、アメーヌの冒険者学校に未来はございません」




 頬杖をつきながら、ジャレスはセラフィマに話させる。


「実はお父様が」


 言いづらいのか、セラフィマは意を決したように口にした。


「お父様は、冒険者学校の閉鎖をお考えです」


「そいつぁ穏やかじゃねえな」


「あなたはこの学園の浄化を目的として、教師の依頼をうけなさったのでしょう? 考え直しませんか? あなたも見たでしょう。学園の生徒たちの意識がいかに低いかを」


 現生徒たちの親は、過去の戦争を経験した世代だ。
 すでに引退して、他の職についている。安定した働き口があるのだ。


 わざわざ危険を冒してまで、冒険者になる必要などない。
 親の顔を立てているだけだった。


 そんなヌルい気分では、冒険に出てもすぐに逃げ出してしまうだろう。


「そんなすぐ結論を急ぐこともあるまいて」


 ジャレスも最初は、冒険者稼業などと言う古い制度に辟易していた。
 しかし、生徒たちと接してきて、考え方も少し変わってきている。


 やる気になってきている生徒を差し置いて、大人の都合で生美の場を潰していいわけがない。


「情が移りましたか、砂礫公されきこう?」
 あくまでもドライに、セラフィマは話を進めた。


「あいつらはペットじゃねえんだ。世話をして懐いたから手放したくない、ってレベルで話してねえ!」


「立ち聞きしてしまったのです。お父様が、冒険者学校を閉めたがっていると」


 今の冒険者学校は、体裁を取り繕っているだけだ。
 いくらウスターシュが見張っていても、陰では汚職や天下りが蔓延している。


 エルショフ財団は、その事実を学校側に突きつけた。
「冒険者学校に金を払い続ける必要性はもはや皆無である」と結論づけたという。


「その金の流れを調べていたら、ギルドとちょっとした取り引きがあった。一部の貴族に金が回っている。特に、騎士団とかな」


 調べた結果、やはり騎士団が冒険者学校・ギルドに回るはずの金を使い込んでいた。
 貴族特権を活かし、活動費用と称して。


 だからギルドはろくに都市部や近辺のパトロールができず、騎士団がデカイ顔をしていた。


 どうりで、冒険者ギルドが機能していないと思っていたが。


 ジャレスが騎士団に顔を出したのは、冒険者学校に提供されている金の出所を探るためだ。
 騎士団が私腹を肥やしていないかどうか。


 財団は、騎士団の解体も視野に入れているらしい。


 おそらく、エステルも不審がっているころだろう。
 なぜ、あんな勝負の場が成り立つのか。


 知られたっていい。汚れ役は買って出る。


「もしかして、ご心配をなさってらっしゃる?エステルさんに先の元騎士が報復に来るか」


「いや。もう来たんだ」


 ジャレスはこっそり元騎士の後をつけ、エステルを襲おうとしたところを返り討ちにしたのだ。
 汚職の話も、その男から聞いた。


「ええ。あなたのおかげです。ありがとうございました」


「どうでもいいんだよ、そんなことは。魔族との繋がりを調べていた結果、分かったことだからな」


 ちっとも嬉しくない。そのせいで、生徒たちは行き場を失ったのだから。


 とはいえ、生徒たちはやっていけるだろう。たとえ、自分がいなくなったって。
 むしろ、いない方が。自分も元の砂礫公に戻れる。


 しかし、心残りはあった。


「生徒たちが路頭に迷う可能性は?」


「保護者的ポジションがいなければ、高難易度のクエストに立ち会えないだけです」


 まだ生徒の段階では、ギルドは初歩的なクエストしか受けさせてくれない。
 たとえ高難易度のクエストに同行できたとしても、熟練者についていく。


 つまり、「保護者同伴」という扱いである。


 報酬も、ほんの少しだけしかもらえない。


 これで若手が育つのかと。


「エステル・ドゥエスダンさんのような冒険おバカな人は、自分で勝手に職を見つけるでしょう。ですが、マノンさんは。あの方は、冒険者には向いていません。是非ともウチの秘書にと、何度も打診をしています。ですが、首を縦に振ってくださいません」


「なんでそこまでマノンを」


「だってカワイイじゃありませんか!」
 唐突に、セラフィマが取り乱した。「失礼致しました」と座り直す。


「ですが、あの方が危険な目に遭う度、ワタクシは胸が張り裂けそうになるのです。どうしてあの方があんな野蛮な小動物と同行して、柔肌を傷つけて帰ってこなければならないのか! 理不尽ですわ! ワタクシなら優雅にお茶を飲んでお過ごし致しますのに」


「小動物って?」


「エステル・ドゥエスダンさんですわ!」
 鉄扇で、セラフィマはテーブルの鉄骨を切り裂いた。


「うお!?」とジャレスはイスから転げ落ちる。


「どうしてあんな脳みそ狂戦士なおサル様とご一緒にいるのか! ワタクシとビジネスを学んで後方から冒険者を支援するのだって、立派なお勤めだと思いませんこと!?」


 知らんがな、と思わず叫びたくなった。


「取り乱しました」と、セラフィマが冷静になる。


「貴族に対して、我々は大きく出られませんでした。立場がありますので。しかし、あなたなら悪役として存分に振る舞える。だからこそウスターシュ学長に頼んで、あなたに依頼をいたしました」


 彼女が、不正調査の依頼人だったのか。


「立場を利用してしまい、申し訳なく思っております」


「いいっていいって。ただ、オレ様はこの学校が浄化されればって思っていた。姿形丸ごと消えてなくなるとは思ってなかったぜ」


「そこまで砂礫公さまが、この学園に愛着を持っていらっしゃるとは思っていなくて」


「ウスターシュと勇者が建てた学校だからな」


 五〇年前、魔王を倒した者たち同士で出資し合い、この学園を設立した。
 冒険者たちを育成する。ギルドの補助要員も育てていけるような、学内組織を作り出す。
 そんなコンセプトで建てたのだ。


 しかし、長い年月を経て学園は平和ボケを起こし、ジャレスたちの理念も形骸化してしまった。
 それが、この腐敗を呼んだ。


「ですわね。お父様が建てた学校ですものね」


「てめえ、どこまで知っている?」


「我々の情報網なら、あなたが、『二代目』砂礫公だということくらいでしょうか」
 教室のドアを開けた先に、マノンがいた。


「担任、今の話、本当なの?」
「ああ。オレ様はBOWビヨンド・オブ・ワーストじゃねえ。ただのゴブリンだ」
「担任が、魔王じゃない……」


 ジャレスは、自分がBOWを引き継いだ経緯を話す。


「マノン、お前には話したよな? オレの手下の話を」


「不注意で部下が死んで、その子どもが今、担任の代わりに魔王を継いでるって」


「あのとき語った子どもは、オレ様自身なのさ」


 初代砂礫公となったゴブリンは、ジャレスの父親である。


 アーマニタと戦って見た、過去の記憶に魔神が出てきた。
 あれは、父だったのである。


「当時、人間の仲間と共に、オヤジは魔神を倒した。オレ様は、横についていただけさ」


 しかし、父は魔神に精神に飲み込まれてしまう。
 自分の妻、つまりジャレスの母親含め、配下を皆殺しに。


 ジャレスも、父を止めるため銃を奪った。その際に、片腕をなくす。
 正気をなくした父を撃ち、ジャレスが砂礫公を継ぐ。


「それからの数年間、オレはゴブリン帝国を立て直していたってワケさ。配下は、二〇匹ぽっちしかいないけどな」


「そんな過去が」


 口を押さえ、セラフィマが後ずさった。
「幻滅しただろ、偉そうにしているが、オレ様は魔王でも何でもない。魔神を殺した英雄でもない! ただのゴブリンAさ」


「女王陛下と面識があったのは?」


「砂礫公を、死んだオヤジに代わって継いだ、って話しただけさ」


 父の過去の功績を称え、砂礫公を継いだジャレスを特別視している程度である。


「これで分かっただろ? オレ様には、何の権限もないんだよ。冒険者学校の腐敗も、学校閉鎖も止められない! オレ様にできることは何もねえんだよ!」


 感情的に話したあと、ジャレスは頭をかく。


「いつかは、話そうと思っていたんだけどな」




「学校は、どうなっちゃうの?」


 言葉から察するに、ジャレスを責めるわけではないらしい。
 けれども、マノンはさらに深刻な悩みを抱えているようだ。


「なくなるかも知れねえ」


「担任でも、どうにもならないの?」


「こればっかりはな」
 マノンが教室から飛び出してしまう。


「待てマノン!」
 ジャレスは後を追った。


「うわっと!」


 エステルとぶつかりそうになる。エミールやピエレットもいた。


「お前どうしてココに?」
「あんたこそ何やってんのよ?」
「マノンが走ってどこかへ行っちまった!」


「もうバカ!」
 多くは語らずとも、エステルにはマノンに何があったのか察したらしい。


 急いでマノンを探すため、駆け出す。


「マノン、どこー?」


 ピエレットにウスターシュを呼んでもらい、クラス全員で探索に当たる。




 街へ出たかも知れない。心当たりのある場所を探る。


「どこいった、マノーン!」
 大声で叫ぶが、視界の悪い中で何も見えない。


 合流ポイントで、ウスターシュと落ち合う。


「ウスターシュ、いたか?」


 ジャレスが聞くと、ウスターシュは首を振った。


 マノンを探し回ったが、どこにもいない。


「家にも帰っていないようだ」
「あのヤロウ、どこ行きやがった?」


「大変です、校長っ!」
 冒険者ギルドの職員が、学校の敷地内に入ってきた。


「何があった?」
 ウスターシュが、ギルドの職員に問いかける。


「エルショフ商会の馬車が、盗賊の襲撃を受けて連れ去られました!」


「冒険者はどうした?」


「どうも、一部が盗賊団とグルだったみたいで! 奴らは、山奥のギメル砦へ逃げました!」


 ギメル砦と言えば。


「マノンもそこに!」


 そういえば、ギメル砦の近くで、マノンは稽古をしていた。もしかすると。


 砦の近くにある丘へ、エステルと向かう。


「担任、これ!」
 エステルが、マノンの髪留めを発見した。
 ジャレスが渡したモノだ。


「担任。こんなものが冒険者ギルドの掲示板に」


 今度は、オデットが何かを見つけたようである。手には小さな紙が。


 ジャレスはオデットの手から、メモを取り上げた。




『二人は預かっている。返して欲しければ、これまで集めてきた魔神結晶を渡せ。砂礫公のものも含めて』




 小さなメモには、そう書かれている。


「知らない間に、この紙が貼られていたらしく」


 ジャレスはメモを握りつぶした。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く