魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

赤き戦乙女の過去

 マノンは腕を振るい、ささやかな祝勝会を開いた。
 バイト先の宿屋にエステルを招き、鍋を振る舞う。具材は白菜や鶏団子だ。


 エステルが帰ってくるまでに、仕込んでおいた。


 宿主が趣向のためと作った囲炉裏のスペースを皆で囲み、鍋をつつく。


「美味しいわね。薬味のユズも利いてて最高」
 エステルが、子どものように鍋の具を頬張る。


 ユズは、かつて宿の主人が宿の庭に植えたモノだ。苗は行商人から買った。
 土も気候も違うから、まさか実るとは思っていなかったらしいが。


「ありがとう、マノン大好きよ」
「作ったのはエミールだけど」


 マノンはエミールに作り方を教えただけだ。
 やったのは、鍋を用意したのと、野菜を切ったくらいである。


 鍋パーティには、珍客もいた。


「生き返りますね」
 小鉢をお風呂代わりにして、ピエレットはユズ湯に浸かっている。
 といっても、ユズの皮を湯船に浮かべたものだが。
 湯浴みをしながら、ピエレットはユズの香りを楽しむ。


 精霊であるピエレットは、殺生した食材を摂取できない。
 そのため、生の野菜・キノコだけ食べていた。


 身体をお湯につけているが、小鉢の中身は汚れない。
 むしろ、精霊が入っている方が浄化されている。


「ウスターシュとジャレスが会議中だから、アチシは二人の代わりなの」
「ありがとうございます。エステルのために来てくださって」
「何もあなた方を労うために来たのではないの。エステル、あなたのママ様のお話をしに参ったの」


 ピエレットが、マノンに話を振る。


「あたしのママのためって、どういう意味ですか?」


「あのバカゴブリンは照れ屋なの。エステルに何も話していないご様子だったの。このままだと、一生真相を知らせないまま、墓場まで持っていく気なの。それくらいバカなの。あのゴブリンは」


 担任と赤き戦乙女との間に何があったのか、マノンも知りたかった。
 真相が分かれば、担任とエステルとの間にある誤解が解けるかも。


「お願いします、副担任。何があったのかを教えてください」


「いいわよ。情けない母親の真相なんて」
 お椀を置いて、エステルは沈んだ顔になった。


 鍋の煮える音だけが、宿に響き渡る。


「あなたのママ様が、『赤き戦乙女』と呼ばれていたのはご存じなのね?」


 エステルの母親の別名である。


 今から二〇年前か。父ウスターシュの反対を押し切って、若き戦乙女は冒険者となった。
 魔族討伐へと旅立ったのである。
 女性でありながら、魔王になりかけていたグレーターデーモンを一体倒したことがあるそうだ。
 魔族の貴族階級が起こした事件である。それを解決した一団に、エステルが自慢する母親がいた。


「二〇年前、彼女はかろうじてデーモンを討伐したの。で無理がたたって倒れた。そこを、砂礫公に拾われたの」


「担任が? 砂礫公ジャレス・ヘイウッドが、お母様を?」
 学園長から母親の名前が出て、エステルが身を乗り出す。


 砂礫公は、ドゥエスダンというパン屋の青年に、赤き戦乙女を預けた。


「でも、お母様は砂礫公に敗れたと」


「他の冒険者にはそう見えたの。実際、デーモンは死んでおらず、トドメを刺したのは砂礫公だったの。日頃から赤き戦乙女の活躍を妬んでいた冒険者たちは、彼女を『ゴブリンに負けた上級職の女』と批難したの」


「ひどい」


 エステルの怒りが腹の中で煮えたぎっているのが、マノンにも分かる。
 だが、それは担任に向けられたものではない。


「戦乙女も反論したの。けれど、話を沈静化できず、赤き戦乙女も諦めたの。自分がデーモンロードを倒せなかったのは事実だったからなの。自分を信じてくれたのは、パン屋の青年ドゥエスダンだけだったの。彼と共に、ここアメーヌへと帰ってきたの。そこで子どもをもうけ、あなたが生まれたの」


「じゃあ、あたしはママの言葉ではなくて、ギルドの言葉を信じていたのね」
「きっとエステルのママさんにとって、担任は自分を辱めた仇じゃない。乗り越えるべき壁なんだと思う」


 だから、エステルの母親は黙っていたのだろう。
 真実は自分で確かめろ、と。ただ陰口に耐えながら。
 娘さえ理解してくれたらいいと考えて。


「でも、結局アチシが教えるまで、エステルは分からなかったの。ジャレスはバカなの」


 教えなかったのも、エステルに本気を出して欲しかったからかも知れない。


「そう考えたら、あたしをどうしてここまで鍛えたか、納得できるわね」
「うん。頑張る目的ができたね」


 これでエステルも、担任に対する態度が改まればいいのだが。


「ちなみに、赤き戦乙女を罵った冒険者連中は、すべて謎のゴブリン団体によって廃業に追い込まれたらしいの」


 その後、莫大な借金を背負わされ、強制労働の目に遭っているという。


「ひょっとして、担任が」
「お母様のことで、責任を感じて?」


 エステルとマノンが、ピエレットに顔を向ける。


「当事者ではないといえ、事の発端はジャレスの軽率な行動にあったの。魔物であるという立場を忘れ、人間の冒険者を差し置いて魔族を討伐したの。それにより、あらぬ噂が立ってしまったの。多少なりとも、責任を感じていたとは思うの。バカなりに考えたの」


「そこまで気が利くかしら?」


「ご想像にお任せするの」と、ピエレットは、口元をわずかに上げた。


 マノンは心から安堵する。
「よかった。担任はひどい人じゃなかった」


「そ、そうね」
 少し照れの入った様子で、エステルもコクコクと頷いた。


 鍋を食べ終え、デザートのフルーツとコーヒーを楽しむ。囲炉裏の火も消した。


「もう一つ。実は、報告があるの。マノン・ナナオウギ。あなたに、王国の近衛騎士団への入団しないかというお誘いがあるの」


「わたしが、騎士団に?」


「近衛騎士だから、実質秘書、側近なの。此度、魔族を退けたという功績で、あなたに感謝状と、わずかばかりの報奨金が手渡されるの。ついては、騎士団に入らないかと提案があるの」


「すごいわマノン! あたしよりずっとすごい功績よ!」
 意外な報告に、エステルが抱きついてくる。


「あと、これを渡してくれとジャレスが言ってきたの」


 ピエレットが指を鳴らすと、何もない空間から装飾品が。
 ピンク色の髪留めだ。フワフワと宙に浮いた髪留めが、マノンの髪に止まる。


「ジャレスが、モニクさんに作ってもらったの。近衛騎士昇格のお祝いと、先日のお詫びらしいの。本人はにぶちんなので、未だにあなたが何で怒っているのか分からなかったみたいなの」


 胸を躍らせながら、マノンは髪留めを前髪につけてみた。
 担任のセンスにしては、愛くるしすぎるような気がするが、モニクの手製なら納得だ。


「すごいわマノン。近衛騎士団なんて、大出世じゃない!」


「ありがとう、エステル。でも、わたしはまだ冒険者になる夢を捨てきれない」


 マノンが言うと、ピエレットが口を挟んできた。








「ご心配なく、もうじきこの学園はなくなるの」








「え?」


「ですから、アメーヌ冒険者学校は、なくなるの。一部経営陣による不正が発覚したので」


 聞けば、冒険者ギルドや冒険者学校に回す金を、経営陣が使い込んでいたらしい。
 お金が横流しされていたのだ。


「どういうことよ?」
 エステルが、ピエレットに掴みかからんばかりの怖い声を出す。 
「それじゃあ担任は、ただの調査をするために、アメーヌに来たっていうこと!?」


「そうなの。ただし砂礫公としてではなく、冒険者ジャレス・ヘイウッドとしてなのだけど」


 マノンはショックが隠せない。あれだけ鍛えてくれた担任が、嘘をついていたなんて。


「わたし、ちょっと担任に尋ねてくる」
 いてもたってもいられず、マノンは宿を飛び出した。


「待ちなさいよマノン。マノン!」


 エステルもピエレットもついて来る。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く