魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

ジャレス相談所の効果

 その日、エステルは朝から機嫌が悪かった。昼食も進んでいない。


「どうしたの?」


「なんでもないわ。さあ、気分転換でもしましょ。今日は騎士団の演習もないの」


 授業を終えたら、街を回る約束をした。


「久々に、色々買い食いするのもいいかもね」


 エステルが無理をしているのは、マノンにも分かる。
 気を使ってくれているが、笑顔が引きつっていた。エステルは分かりやすい。




 帰宅途中、マノンは書店に目がうつった。


 窓の奥で、グラスランナーの少年がうなっている。イヴォンだ。
 読書スペースに設置された机を埋め尽くすように、地図を広げている。


「どうしたの?」


「ああ、ドゥエスダンさんにナナオウギさん、見てくださいよ、これ」
 机の上にある大きな地図を、イヴォンがトントンと指で叩く。


 この街の地図だが、随分と古い。


「なんでも、この土地を荒らしていた盗賊団が隠した宝の地図らしいのです。けれど、ギメル砦だと言うこと以外、何も掴めないのです」


 ざっくりとした地点にバツ印がしてあるだけ。


「心当たりはあるかも」


「本当ですか?」


「この砦の真下に崖がある。盗賊団が、この辺りをダンジョンにしている可能性が高い。でも、地殻変動で埋まってるから探せないと思う」


 マノンは、財宝ポイントらしき地点を軽く教えた。宝の在り処かどうかは知らないが。


「そんな構造になっていたのですね?」


「確証はない。ただ、崖になっているから、海賊がアジトにしていてもおかしくないかなって」


 あくまでも、マノンの想像だ。


「その辺を、訓練でよく通るから」


「そうね、ギメル砦なら、あんた良くトレーニングで使ってるわよね」


「うん。危ないところには近づかないようにしているから、詳しくは知らないけど」


 教えた途端、イヴォンの目の色が変わった。
「そんな構造になっていたのですね? ありがとうございます二人とも。これは少ないですが、お茶代として受け取ってください」


 二人はイヴォンから、わずかな銅貨をもらう。


「あたしたち、そんなつもりじゃ」


「うん。第一、宝がある保証なんてどこにも」
 マノンは謙遜した。


 しかし、イヴォンはマノンたちに銅貨を強く握らせる。


「僕だって、宝が欲しいわけじゃないんです。そういう土地勘が欲しかったんですよ。トレジャーハンターに教えたら、お金になりそうでしょ?」


「お宝を手に入れる側じゃなくて、情報を売る側に回るってこと?」


「別に僕、冒険者になりたいわけじゃなくて、冒険者を動かす側に回りたいんですよ。自分で危険に立ち向かわなくていいでしょ? 僕は情報を渡すことで、宝が出ても出なくても、危険を冒さずにわずかな報酬を得られる」


「ちゃっかりしているわね、あんた!」
 エステルが呆れかえっていた。「これが、次世代を担う冒険者の姿なの?」とまで言い出す。


 しかし、マノンにはそれが悪いことだとは思えない。


 危険な目に遭うのは誰だって嫌だ。
 それなら、なりたい人物が冒険をすればいい。
 冒険者になりたくて家出した自分みたいに。


「ジャレス担任に言われたんですよ。夢なんて持たなくていいって」
「マジで? そんな言葉に耳を貸したの?」
「真理ですよ、ジャレス担任の言葉は。おかげで目が覚めました」
「まあ、あんたが納得しているなら、止めてもムダね。とにかく、小銭ありがと」


 イヴォンに礼を言い、別れた。


 エステルの住むパン屋までもうすぐ。
 その直前、リードが屋台でうんうんと考え事をしていた。


「何をしているの? 変質者みたいだったわよ」
 おそらくエステルは、リードがエステルに色目を使っていると思ったのだろう。


 エステルのパン屋はちょうど、この屋台の視界に入る。


「エステルか。あのなぁ、俺は変態じゃねえっての。担任に言われたことを、自分なりにまとめてるんだよっ」


「どうせロクな意見じゃないんでしょ?」
 エステルは鼻を鳴らした。




「んなことねえよ。俺にだって、他の誰にもない素質があるはずだって言っていた、気がする」
 リードは反論する。だが、語尾が尻すぼみになっていく。


「ちゃんと聞いてなかったのね」




「それでな、俺にも作れて、ドワーフに負けない武器を作ろう、と思ったんだけどな」


 マノンは察した。
「アイデアが湧かない」


「そそっ! そういうこと! 俺の持ち味が分からなくてよ。足しげく武器屋に通っているわけだ。見てくれよ。こっちの店は重い装備がメイン。三軒となりにある武器屋は暗殺メインなのか、黒い武器が多いんだぜ」
 買ってきた武器防具を、リードが見せびらかす。


 エステルがあくびを始める。
「で、何か掴めたの? ただの武器やマニアになっただけ?」


「装備といっても、種類がありすぎて絞り込めねえ。使う奴らにもよるしな」


 マノンは、解決の糸口がないか、思案してみた。
「屋台の大将をしているリードも、素敵だと思う!」


「え、マノン?」
 いきなり絶賛されて、リードは目を丸くする。


「ちょっとマノン。そんな言い方すると、リードが勘違いしちゃうでしょ!」
 エステルから指摘され、言葉を改める。


「リードの作った屋台の料理は、おいしいと言いたい」


「そいつはあんがとよ。けど、『お前らなんて武器より包丁作ってる方がお似合い』なんてケチつけられて」
 リードが剣士を目指す理由はそこだろう。
 みんなを見返したいのだ。


「素材の切り方もキレイ。きっと刃物がいいから。みんなはそれが妬ましい」


「おお。大絶賛してくれるじゃんか。泣けるねえ」


「宿屋の主人もリードのお店で包丁を買ってるよ。すごく切れ味がいいって」
 言ってから、マノンは串焼きを指さす。


「これ、新作?」


「ああ。茹でたタコ足を、串に刺して焼いてみた。酢をつけて食べてみてくれ」


 リードお手製のタコ串を、マノンはためらいなくムシャムシャと頬張る。
「うーん。タコの具に具にした食感が、お酢とよく合う」


 エミールとはまた違った、海鮮を使っている料理だ。


「よくタコなんて食べるわね?」
 西洋では、あまりタコを食べる習慣がない。
 海沿いの街が多い東洋では、ポピュラーな食べ物なのだが。


「そうなんだよな。みんな食わず嫌いでよぉ。手をつけてくれねえんだよ」


「もう一本ちょうだい」
 次から次と、マノンはタコに手をつけた。


「はふ、あくあく、はひぃ」


 口の中が熱い。
 その場で足踏みをしながら、タコを咀嚼する。


「あむあむ。でも、おいひい」


 アツアツのタコを噛むたびに、幸せな気持ちになっていく。


 周りを見ると、なぜかギャラリーができていた。
 全員がマノンに注目している。
 自分が何かしただろうか。


「ちょっと一本おくれ」
 老婆が寄ってきて、タコ串をねだった。


「あいよ。熱いから気をつけな」


 そこから、次々と売れ出す。まるで魔法が掛かったみたいに。


「すげえ。あっという間に売れたぜ」


「食いしん坊なマノンのおかげね」


 なぜ自分が売り上げに貢献したのか分からないが、売れたのはよかった。




「考えたんだけど、試食は大事かも」


「なるほどなぁ。これが、持ち味を活かすことにも繋がるってワケか」


「みんなに分かってもらうまでが大変だけど、一度知ってもらえばイージーモード」


 リードの強みは、剣士でありながら、料理の経験があることだ。
 倒したモンスターをその場でさばき、売るという特色を考えてみては、と提案した。 


 屋台が一段落し、一同は武器屋へ。
 陳列されている装備品を眺めながら、考える。


「武器に関しては?」


「リザードマン独特の特徴から攻めてみる。あるいは、同じような種族の特色を活かしたアイテムを作ってみる。それを、人間族でも使えるようになれば」


「例えば?」


「包丁など、調理器具を別の方向性で考えてみる」


 例えば、ウロコを取る、皮を剥ぐことに特化したアイテムを作成するなど、助言してみた。
 リードの作るアイテム技術なら、おそらく素材を傷つけない。


「素材の剥ぎ取り専用アイテムか。大体、自分の武器や、素材が固い場合は工具を使ったりな。だいたいがアリモノだ。剥ぎ取り用のアイテムがあれば、素材を痛めず手に入れられるわけか」
 気がつけば、リードがマノンの顔をジッと見つめている。


「ご、ごめんなさい。偉そうなことを言って」
 マノンはペコペコと無礼を詫びた。


「いいや、目の付け所が違うなって思ってな。さすが東洋人」


「ちょっとリード」
 エステルが、ヒジでリードの脇腹をつつく。


「すまん。褒めたつもりだったんだが、気を悪くさせちまったな」


「平気」


「でも、おかげで担任が言っていたことが掴めたっぽいぜ」


 またしても、二人は小銭をもらう。


「ジュース代だ。取っとけよ。じゃあな」


 若者らしく、リードは武器屋から颯爽と走り去った。




 二人はもらったお金を使ってお茶を買う。
 橋の下で、川の流れを見ながら休憩することに。
 リードの屋台で売っていた串焼きが、ほうじ茶とよく合う。


「すごいね、担任って」
 エステルに語りかけるでもなく、マノンはつぶやいた。


 担任は、いろいろな人に影響を及ぼしている。


 エステルは、まだ考え事をしているようだった。


「何があったか、話して」
 今なら、エステルは重い口を開けてくれるかも知れない。


「森に魔神結晶を持った魔族がいた、って事件があったでしょ。『こうなったのは、騎士たちがちゃんと警備していないからだ』って進言したの。そしたら、こんど余計な口を挟んだら戦乙女の資格を取り消すぞ、って!」
 持っている串を折る勢いで、エステルは当時の様子を語る。


 ひどい。明らかに騎士団の怠慢なのに。冒険者からは死者まで出ているのだ。


「王立騎士団ってどこでもああなの? ママがいきなり戦乙女に志願した理由が分かってきたわ! あたしも教会から志願してやればよかった!」


 確かに、エステルのような柔軟性の高い人間にとって、騎士団は窮屈なだけだろう。


 なんとか励まして上げたかった。


 が、エステルのような性格の子は、根本的な障害を取り除かない限り、怒りがぶり返す。


「エステルは、間違ってない」


 友のイライラは、自分が解決すべきだ。マノンは、決心した。


「いいところがある」
 マノンはエステルを立たせる。


「ちょっとマノン、どこへ行く気よ?」
「わたしは、担任から言われた。エステルは迷わない。わたしが迷えばいいって。だけど、今日はわたしが、エステルの道しるべになる」


 エステルの手を握り、マノンは担任の下へと急ぐ。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く