魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

ドワーフ・モニクの復讐?

 何事かと降りてみると、ネリーのゴーレムと学園の生徒が手四つになっていた。


「あの子、モニクだわ!」


 エステルが、女生徒の名を叫ぶ。


 ウスターシュから、行方不明になっていると言われていた生徒だ。


 石でできたゴーレムのすぐ横では、ネリーの姉らしき女性が腰を抜かしている。


「マノン、その人を連れて外へ!」


 エステルとマノンは、女性を早々と外に連れ出す。


「ネリーのお姉さんはこっちで守るわ!」


 二人がかりでないと危険だと、エステルは察知していた。
 ジャレスが指示を出すまでもなく。


 モニクの表情は、鬼と化していた。
 まるで、何か別の魔物が取り憑いたような。


 もし、不遜公が凶暴な性格だったなら、マノンは今のモニクみたいになっていた。 


「あんた何やってんだよ! いくら力がないって言ったって、あんたはそんな物に頼るヤツじゃなかっただろ!?」


 敵対こそすれ、クラスメイト相手に本気が出せないのだろう。ネリーは攻めあぐねていた。


「どうした、ネリー? 前なら躊躇なくぶっ飛ばしていたじゃねーか」


「そうなんだけど、おかしいんだよ。本気でオイラにつっかかってくるならさ、なんで今さらなのさ? きっと理由があるに違いないよ!」
 モニクを押さえ込みながら、ネリーは相手の事情を推理する。


 だが、さらにモニクの力が強まっていく。限界かも知れない。


「うがああああ!」
 とうとう、モニクはゴーレムの腕をもぎ取ってしまった。


 ゴーレムの腕が宙を舞い、隣の広い空き地に落下する。


 モニクはゴーレムの胴を蹴り飛ばした。


 石製のゴーレムが、積み木のようにたやすく崩れ去る。


 バランスを失い、ネリーがゴーレムの肩から転落した。


 正気を失ったモニクの視線が、後ずさりするネリーに向けられる。


「担任、ここはお任せを」
「頼むぜ。お前さんの力を見せてくれ」


 ジャレスが言うと、オデットが二人の間に突撃した。
 モニクの手首を掴む。


 ブン、とオデットが手をあげただけで、モニクは空き地に叩き付けられた。


「殺すなよ!」
「いちいち確認が面倒ですね。承知しています」


 ああ言えばこう言う女だ。相変わらず。
 だが、こんなにも頼もしい女はそうそういない。


「少々痛いですが、ガマンなさって下さい」


「がああ!」
 怒りに我を忘れたモニクが、オデットにパンチを浴びせる。


 ふわり、と、オデットは最小限の動きで拳を受け流す。
 ただ身をかわしているのではない。戦いながら、自分の身体能力を調整している。


 ジャレスには瞬時に分かった。


 だが、オデットは反撃しない。


「ネリーさん、モニクさんに変更点はありませんか? それが分かれば、私でも止められると思うのですが?」
「もし、分からなかったら?」
「このまま死んでいただきます」
「ひえー、それは困る!」




「困るのでしたら、全力でサーチなさいませ!」
 オデットはネリーに無茶ぶりをする。




 二人の戦いを観察しながら、ネリーはモニクのいつもと違う部分を探った。


「あっ、頭のブローチ!」


 ネリーが、モニクのこめかみを指さす。


 蝶を象った、金属製のブローチだ。
 ごく微量だが、異様な瘴気を感じる。不快感だけをかき集めて作ったような。


「分かった。おいオデりん、モニクの注意を引きつけておいてくれ!」


「オデりん、ですって?」
 不機嫌な顔になって、オデットは顔をしかめた。


「いいから、オレ様がモニクの側面に回る!」
「承知致しました。活躍を期待します」


「おうよ見てなって!」
 ジャレスは大回りして、モニクの側面に陣取った。


 モニクも気づく。エルボーが飛んできた。


「あなたの相手は私です」
 オデットが、始めて攻撃をする。石つぶてを、指で弾いたのだ。


 つぶては、モニクの目の上辺りに直撃した。


 視界を一瞬奪われ、モニクが悶絶する。


「悪く思うなよ!」
 短剣を持ち、ジャレスはブローチを、髪ごとナイフで切った。


 ブローチが両断され、ブラウンの髪と共に地面へ落ちる。


 落下した拍子に、真っ二つになったブローチから赤い宝石が外れた。
 黒い煙を吐き出し、光を失う。


 モニクが背中から倒れた。


 腕だけのゴーレムを展開し、ネリーがモニクを支え、そっと降ろす。


「やっぱり、魔神結晶だ。これで操られていたんだ」
 魔神結晶を、ジャレスは怒りのままに握る。


「こんな小さい魔神結晶が」


「小さいったって魔力は膨大だぜ。ネリーのゴーレムすら破壊してしまうほどに」


「これは、ウスターシュ学長行きですね」


 ネリーたちにモニクの相手を任せ、先にウスターシュの元へ。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く