魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

雷光と吹雪

『まだ身体が馴染んでいませんね。やはり、力が足りていないのでしょうか』
 これでまだ準備運動だとでも言うのか。
 不遜公の臀部に触れた人型が、感電して弾け飛ぶ。


 これでは不遜公に触れた途端、自分の身体も。


「担任、どうしよう」


「遠慮するな。腐ってもこいつはBOWの一人だ。ちょっとやそっとじゃ死なねえからよ。やっちまえ」
 担任は容赦するなとアドバイスしてくる。


 とはいえ、今の魔王は全身が武器だ。刀で攻撃すれば、こちらも感電してしまう。


「構うな、斬れ!」
 刀を横に構え、マノンは刀身に氷をまとわりつかせる。
 力を込め、刀を振り上げた。
 氷の刃を、刀身から放つ。


 しかし、氷刃は不遜公に届く前に蒸発する。
 反撃の雷光が、鷲の爪から放たれた。


 なにか、避雷針代わりになるものを。


 人型が、マノンのすぐ側にあった。


 マノンは人型の盾を引き剥がし、雷光に向けて投げ飛ばす。


 一瞬で、雷光によって盾が灰になった。


「ビビるな! 飛び道具に頼るんじゃねえ! お前の真価は、接近戦で発揮される。相手はボスキャラだ。ザコ用の技なんて通じねえんだよ!」


 そうはいっても、あんな魔力の塊に、どう接近しろと?


「へっぴり腰になってるぞ! 自分を信じろ! 近づきたくないほど嫌ってたわけじゃねえだろ? 相手をよく見ろ。ヤツの弱点は、一緒にいたお前が一番よく分かっているはずだ!」
 担任の檄が飛ぶ。


「第一、お前は敵の動きが読めているじゃねえか。その意気だ!」


 確かに、担任の言うとおりだ。


 マノンはずっと、致命傷を避けて回避している。
 不遜公の動きが全て読めるわけではない。が、ある程度予想は付く。


 だが、オデットは素早い。どうにか動きを止められないか。


 思い出せ。昔オデットが見つかったとき、彼女はどんな状態だった?




 マノンの脳裏に、一つの考えがよぎる。一か八か試す。




 マノンは、吹雪を起こした。雷雲を触媒にして。


『考えましたね、マノン・ナナオウギ。私とあなたは一心同体だった。私が作った雲なら、あなたにも活用できると。それに、雷雲がなければ私もこの身体を維持できない。対して、あなたは魔力を節約できる』


 雪は、オデットの導体に到達する前に、溶けてしまう。蒸発し、水となる。


『ムダです。人間や下級の魔物相手ならば、凍えて心臓に負担がかかる。ですが私は仮にも魔王。身体を凍らせるどころか、この程度で私の心臓は止められない』


 マノンは反論しない。更に吹雪の度合いを強めるだけ。
 オデットにそう思わせておけばいい。今は、自分のなすべきことをやるのみ。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く