魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

グリフォンロード オデット

 今日の担任の授業は、マノンだけが相手である。全員自習だった。
 グラウンドでは、みなが思い思いに稽古や勉強に励んでいる。


 担任はと言うと、だだっ広い草原で伸びをしていた。


「あんた、マノンの別人格を切り離すって、方法はあるの?」
 マノンの側には、「心配だから」とエステルもついてきている。


「オレ様がやるわけじゃあねえよ」
 右拳を左手で包み、担任は指をポキポキと鳴らす。
「さて、不遜公のお嬢さん、スパーリングと行こうか」


 マノンが、担任に向けて剣の柄を撫でた。居合いの体勢である。


 しかし、担任は攻撃の素振りを見せない。


「言ったままの意味だよ。ささ、マノンの身体から出な。できることは知ってるんだよ」
 なおも担任は、マノンに向けて指で手招きをした。


『やはり、隠し事は不可能なようですね』


 念話。
 マノンの中にいる『不遜公ふそんこう』が、声を発する。頭に直接話しかける方法で。


「今の声は? 例の?」
 事情を知らないエステルが、辺りを窺う。


「そう。不遜公の声」


「あんな声だったのね?」
 現象の正体が分かり、エステルの恐怖心は和らいだらしい。


「傷が癒えたんだろ? いい加減出てこいよ」
 空に向かって、担任が問いかけた。


『彼女は私と永遠に同化すべき。その方がお互いのためです』


「お前だけのためだろ。お前なんぞ、人間の手に負えるかよ」
 なおも、担任はマノンの中にいる不遜公を挑発する。


「ギャハハハ! おおかた情が移ったってところだろ? ドライなお前さんが、随分とらしくねえことしてるな、おい!」
 担任は、いつもの壊れたオモチャのような笑い声を上げた。


『これ以上、私に対する侮辱は許しませんよ!』
 マノンの身体が発光する。イカヅチが、体内から放出された。


「え、何?」
 痛みはない。むしろ、全身が軽くなった気がする。


『ではマノン、不測の事態ですので、これにて』


 意志を持った青白いイカヅチが、ヘビのようにマノンから抜け出ていった。


 マノンから出て行ったイカヅチは、その辺にあった訓練用の人型に取り憑く。
 目と口の部分が、ランタンのような炎を帯びていた。


『我が名は不遜公、私はグリフォンロードのオデット・ボゥ・BSブラックスワン。覚悟なさい砂礫公されきこう。あなたに最期を差し上げましょう』


 ハリボテの肉体なのに、その身からは異様なまでの殺気を放つ。


「いんや、待った。戦うのはオレじゃあねえ。お前さんの宿主だった子だ」


 言葉の意味を感じ、マノンは刀から手を放す。
「担任、今なにを?」


「お前さんの相手は、マノンだって言ったんだ」
 低い声で、担任は言い放つ。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く