魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

アメーヌ騎士団

 数分後、冒険者や騎士団が森に入ってきた。


「マノン!」
 騎士よりも早く現れたのは、研修生のエステルである。


「バカ担任! ちょっと離れなさいよ!」
 エステルは、マノンから担任をムリヤリ引き剥がす。


「あいたー」


「この騒動に乗じてセクハラなんて、してないでしょうね?」


「人聞きの悪いこと言うない。トレントを炙っただけだっての」


 騎士団は、そびえ立つ木炭と化した大樹トレントを、不思議そうに見ていた。


「これがよぉ、オレ様がこの学校に赴任した理由さ」


 担任は、魔族の調査をしていた。
 どうも、古の魔神を再び蘇らせようと、魔族が動き出しているらしい。


「それで、オレ様が駆り出されたってワケ。お前ら生徒の護衛も兼ねてな。これで事件解決ならいいんだけどな」


「だからって、アンタみたいなBOWを学園内に入れるなんて」


「文句はウスターシュに言え」
 エステルの発言を、担任は受け止めない。


「守り神を殺しちまったな」


 担任の言葉を聞き、マノンはエステルと向き合う。






「何を言っているの? あたしたち、こんな大樹見たことないわよ」






「なんだと?」
 担任は、この森に詳しくないらしい。
 分からないのも無理はなかった。担任はアメーヌに赴任してきたばかりだから。


「ちゃんと説明してくれるか?」


「しょうがないわね」
 エステルが解説役を買って出る。






「いい? この森はね、草木の一つ一つに精霊が宿っているの。こんな大木、守り神どころか、地脈を乱すから邪魔なだけよ」






 エステルは、大木を蹴り上げた。




「え、ちょっと何よこれ!?」


 折れた大木からエステルが飛び退く。


 ススだと思っていたそれは、黒い羽虫だった。
 エステルがキックしたことで、醜悪な虫たちは空へ飛び立つ。


 あのまま見逃せば、今度は街に被害が出る。






「逃がすもんですか。浄焔セイクリッド・ブレイズ!」




 上空へ向けて、エステルは炎の鳥を展開した。


 羽虫たちが一匹残らず、エステルによって浄化される。


「羽虫に霊力を食わせていたのか」


「だから、迷いの森になっていたのね?」


 この森全体の霊力を吸えば、魔神が復活してもおかしくはない。


「何事か? 今の光は?」
 背の高い騎士が、エステルに駆け寄った。アメーヌ騎士団の団長だ。


「ブレトン騎士団長。彼女が、あたしの友達が、魔族と接触したようです」
 エステルが、騎士団長に報告する。


 騎士団長は、ブレトンという名前らしい。尖った耳から、彼がエルフであると分かる。


「なんと。そちらの冒険者殿、ケガはないか?」


 マノンは首を振る。


「魔族はどうした?」


「逃げました」


「それは残念だ。とにかく無事で何よりだ。協力に感謝する。気をつけて帰るんだぞ」


「はい」


 マノンと会話した後、騎士団長ブレトンは、担任に会釈をした。


 担任は「ニヒヒ」と手を振って返す。


 騎士団は残って調査を続けるようだ。
 エステルはブレトンの指示で、マノンを返す任務を受けた。


 彼なりの親切心なのかも知れない。 


 森はいつもの静けさを取り戻し、迷いの作用は消えている。


 入ったときは何時間も歩いた道のりも、帰りは一時間もかからなかった。


 だが、魔族がアメーヌを襲おうとしていた証拠が出ている。


 これは、緊急事態だ。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く