魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

魔神結晶

 なぜか、担任の銃口は、トレントの位置を正確に捉えていた。
 明らかに顔は眠っている。意識もないだろうに。


 引き金は引かれ、銃口から高熱の魔力弾が打ち出された。


 担任砲。
 生徒たちはそう呼んでいる。


 まともに砲弾を浴びて、トレントが焼け焦げた。


 同時に、少女を拘束していたツタも、消え去る。


 落ちかかった少女を抱きかかえ、自身は尻餅をつく。


 ヒザをついた担任は、再び眠りについた。キノコの胞子は消えてなくなっている。力尽きたのだ。


 少女の安全を確保しつつ、担任に駆け寄る。息はあった。
 あとは救援を。


 霧が晴れていた。
 迷いの森へ変えていたトレントが燃え尽きたせいだろう。


 担任砲の衝撃波も、森の外から見えたはず。
 これで助けが来る。


「おやおや、随分と派手にぶっ放したじゃないか」
 トレントよりも恐ろしい気配が、マノンの背後に迫った。


 振り返り、身構える。今は、目の前の敵に集中をすべき。


 灰色の肌を持つ女魔族が、マノンの前に立っていた。
 レオタードのような衣装を身にまとい、槍のようなシッポを持つ。
 差しているパラソルは、禍々しい毒キノコを思わせた。


 放っている気配で分かる。彼女は強敵だ。


「あなたがやったの?」
 マノンは、眼前に立つ敵に目を向けた。


「ええそうよ。あたしはコードネーム:トード・ストールのアーマニタ」
 まったく悪びれる様子もなく、魔族アーマニタはうなずいた。


「どうしてこんなことを?」


「すべては魔族の復権のため。魔族は魔神がいて、始めて本格的に魔法が発動できるからね」


 魔物と魔族の違いは、「自然に生まれた」か「魔神によって生み出された」かである。
 同じモンスターとしてくくられてはいるが。


 アーマニタら魔族は、魔力を魔神に依存している。
 魔神が死んだ今となっては、魔族は力が弱まっていた。
 そのため彼らは、総じて魔神の復活をもくろむ。


「だから、魔神復活のためにこれが必要なわけ」


 アーマニタは、手にはめたリングを見せた。赤い宝石が怪しく光る。


「それは、魔神結晶!」


 魔神の力が宿るという宝石だ。


 魔神が死んだ際に、魔力が『魔神結晶』となっては世界に散らばった。
 魔族は魔神結晶を回収し、自らの力として活用したり、魔神の復活を企んだりしている。


「魔神結晶を体内に取り込んだトレントを、この森に植えて狂わせる。森じゅうの精気を吸い取る予定だったの。魔神に魔力を捧げるために。でも、あんたらのせいで失敗した。だから、今度はあんたらから直接魔力をいただくわ!」


 先ほどから、会話が頭に入らないほど、威圧感が凄い。
 あんな小さな石に、どれだけの魔力が圧縮されているのか。


「そんなことのために、こんな小さい子を巻き添えに?」


「最初に食べてもらうと思ったんだけど、冒険者が来ちゃった。それでトレントがそいつらをやっつけて食べたの」


 トレントの側には、C級冒険者たちの亡きがらが。


「まあ、こいつらはトレントの素材が目当てだったみたい。キノコで幻覚を見せたら、あっというまに奪い合ったわ。おかげで食べる際に殺す手間が省けたけど」


 アーマニタは、パラソルを向けてきた。


 中堅の冒険者すら歯が立たない相手だ。
 担任は眠っている。
 ここは、マノンが戦うしかない。


「あんたも食べてあげるわ!」
 アーマニタが、キノコ型パラソルからガスを噴射した。
 担任を眠らせた幻覚剤だ。


 マノンも例外ではない。段々と身体が痺れ、意識が薄れていく。




『私と交代なさい、マノン』
 もう一人の自分が、マノンに語りかけてきた。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く