魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

夢なんて持つな!?

「考えても見ろ。オレ様って魔王じゃん? 魔王って職業があるとして、どんな仕事をしているかって想像できるか?」


「で、できません」


「だろ?」


 魔王という仕事は割と大変である。
 武器支給ひとつとっても帳簿が必要だ。
 要塞やらを動かすにしても、燃料費などの代金がいる。
 城の兵力、彼らを食わせる食費、彼らの家族にも、給付金を支払わなければならない。
 意外と頭を使う仕事だ。


 これらを話すと、イヴォンは納得した。
「大変なんですね」と返してくる。


「質問を変えるぜ。お前がピアニストになりたいって考えるとする。一〇〇〇年前の子が、音楽家になりたいって思ってもよ、ピアノなんてあったと思うか?」


 しばらく思考した後、イヴォンは首を振った。


「そうなんだよ。じゃあよ、何も知らねえガキが、天文学者とか、航海士になりたいって考えると思うか?」


「思わないというか、そんな職業があることすら知らないでしょうね。航海士と言っても、せいぜい猟師か、あるいは海賊くらいのイメージしか沸かないのでは?」


「それなんだよ! 知らねえの! で、大人になるだろ? なくなってる職業があるんだよ。新しくできた職業もあるよな」


 様々な戦を経て、鎧は様変わりしていき、白兵用から騎馬用の装備へと変わっている。
 魔法を銃で撃ち出すことだって、ごくごく最近の技術だ。
 魔族の台頭していた時代に対応し、戦士職のほとんどが魔法も習う。
 魔力を武器に付与するためだ。


「昔は前衛と後衛、ってハッキリ分かれていたんだが、今や臨機応変さの方が求められている。昔気質の奴らはドンドン時代後れになってきちまってさ。飲んだくれてる。働く場を与えてやれば、一番働くんだけどな」


 吟遊詩人の楽器も、バリエーションが増えている。
 ピアノをマンデリン状に小さくして担ぐなんて、誰も想像が付かなかった。
 だが、魔法は不可能を可能にしたのである。


「知ってるか? マノンの故郷には『力士リキシ』って職業があるんだぜ? オーク並みの男たちが裸でぶつかり合う武闘家モンク職なんだよ。そんな仕事があるなんて、子どものうちから分かるかよ、って話さ」


「なるほど」


「だから、学がないウチはひったすら勉強して、世間の仕組みを知る。お前らは最初から知識や経験が低い。だからそれを積み上げていく。その上で、大人になったら今まで培ってきたモノを活かせばいい。お前さんに合う職業を、お前さんなりに探してみな。未熟なウチから視野を狭めて急ぐことはねえさ」


「僕に、見つけられるでしょうか?」
 まだ、少年は不安があるらしい。


「保証はできねえ。道のりは厳しいが、自分で選んだ分だけ実りもデカイ。適職なんてのは、なるべくしてなるもんだ。エステルがそうだよな? あいつは冒険者以外になろうという考えすらない。だからあれだけ強いんだ。ガキはよ、今このときに夢中になっていることに集中する方がいいんだよ」


「あなたも、魔王になるべくしてなったのですか?」


「オレ様はこれから探すのよ。教師なんて柄じゃねえってのによ」
 ジャレスは視線をそらす。


「魔王と呼ばれる人物でも、悩むことはあるのですね」
 何か達観したような表情を見せ、イヴォンは席を立つ。 
「分かりました。やってみます」

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く