魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

担任砲

「溶解してあげるわ。浄焔セイクリッド・ブレイズ!」
「ぎゃははははーっ! 来やがれ!」




 二人は同時に、引き金を引く。


 ランチャーの銃身が、エステルのブロードソードに噛みついた。
 ドゴン! という音が鳴り響く。
 ブロードソードに蓄積されていた魔力が、銃身の魔力石と呼応して一気に爆発する。


 放出された魔力は、太陽のような熱光線と変化した。


 放たれた光芒は黄金色の不死鳥を象って、担任に迫る。


 対する担任の銃撃は、さしずめ『担任砲』と呼べばいいか。
 放出されたのは真っ黒い濁流だ。
 影と呼ぶには質量が容赦ない。紫電とたとえるには魔素が濃すぎる。




 二つの熱が衝突し、大爆発を起こした。


 エステルが、爆風に耐えられず仰向けに飛ばされる。
「ギャハハハー!」
 さらに軽い担任も、地面を転がっていった。何が愉快なのか、終始笑っている。


 マノンも吹き飛ばされた。尻餅をつきながらも、どうにか立ち上がる。




 エステルと担任との間に、火柱が上がっていた。


 互角とは言い難いが、それでもエステルは担任砲を防いだらしい。


 とはいえ、両者には決定的な差があった。


 エステルは満身創痍である。玉のような汗を流し、息も荒い。


「おらおら、どうした? オレ様を殺してくれるんじゃなかったのか? ああ?」
 対する担任は、もう一発を撃つ構えを取っていた。


「バカに、しないで!」
 なおも、エステルはランチャーを構え、命を絞り出そうとする。


 もう、あれだけの攻撃をするのは不可能だ。マノンでさえ分かるのに。


「勝負あり!」
 見かねたウスターシュ校長が、手をあげて戦いを止めた。


「ちょっと、まだ終わっていないわ! 止めないでよ、おじいさま!」
 無理矢理立とうとしたが、エステルはランチャーにもたれ掛かって、膝を崩す。
 祖父を校長という余裕さえなく。


「もうやめよう、エステル。これ以上やったら死んじゃうよ」


「死んでも構わないわ! このゴブリンのせいでお母さんは笑いものになった!」
 燃えさかる瞳だけは、光を失っていない。


 しかし、エステルが限界なことは、友人であるマノンには痛いほど分かった。


「そのおかげで、オマエのおっかさんは、今のダンナと知り合えたんだろ?」


「くっ、ゲスの勘ぐりよ!」
 担任の言葉に、エステルが苛立ちをぶつける。


 確かに砂礫公されきこうは、エステルの母親を慰めてくれたというが。


「つまりよぉ。オレ様がいなかったら、二人は素直になれなかったってことだよな?」


「だったら、なんだっていうのよ?」


「オレ様がお前さんのお袋をボコったおかげで、二人の間にお前さんが生まれた」


 ニッと笑った後、担任はふと、優しい顔になる。




「生まれてきてくれて、ありがとうよ。おかげで楽しめたぜ」

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く