魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

ゴブリンを嫌う理由

 エステルがゴブリンを毛嫌いするのには、理由がある。


 エステルの母親は二〇年前、砂礫公の討伐任務に当たっていた。
 結果は惨敗。
 仲間の誰も殺されなかった。
 だが母親は、歴然とした力の差に戦意喪失したという。


 全部、他の冒険者から聞いた話だ。


 当時のことを、エステルの母は何も語らない。
 黙ってエステルを鍛え抜き、育てた。
 しかし、内心は今でも屈辱に耐えているのだろうと、エステルは勝手に解釈している。


 砂礫公を倒すことこそ、自分が冒険者になる目的だと、エステルは語っていた。


 たった今、仇が目の前にいる。


戦乙女ヴァルキリーのようなピーキーすぎる職業なんて、めったに見ないと思ったら、そういう事情があったのか」
「ええ。あんたへの復讐のために、今日まで戦乙女として鍛えてきた! その力を今示すわ!」


 炎の竜巻となりながら、エステルは猛然と担任に襲いかかった。


 圧倒的すぎて、戦闘領域に誰も割って入れない。ウスターシュ校長でさえも。


 そのことごとくをいなし、担任はおちょくる形でエステルを翻弄した。


「真面目にやりなさい!」
「へへーんだ。テメエが弱いのが悪いんだろーが。ギャハハハ!」
「言ってくれるわね?」
「こんなもんじゃねえだろ? テメエの本気を見せてみろよ!」




 担任が挑発すると、エステルの目の色が変わった。
 たとえではなく、炎が目の中で揺らめいている。




「後悔しても、知らないから」




 エステルが、肩のランチャーを起動させた。


 いつもは折りたたまれている銃身が、元の長さへと変形する。
 銃身の上半分が持ち上がった。
 表面が、牙のようにキザギザ状となっている。


 エステルはランチャーの銃身にブロードソードを装着した。
 全エネルギーが、銃身に集まっていく。


「ほう、こいつは厄介だ。遊びじゃ済まねえかもな」


「感心している場合か!」と、ウスターシュ校長が止めに入る。
「エステルの銃撃をくらえば、いくらお前でも」


 ウスターシュは、ピエレットと共同して、学園周辺に障壁を展開した。


「だからよ、見せてやるのさ。オレの本気をよ」


 担任が、銃を持っている方の手をブンと振り下ろす。
 手っ甲が開き、宙に浮き始めた。正確には、魔力の糸で担任の腕と繋がっているようだ。


「学内に、正体不明の膨大な魔力量を感知しました。全職員、並びに全校生徒は、速やかに学内から退避してください」
 学園じゅうに、校内アナウンスが流れた。


 担任の瞳に、六芒星が魔方陣が浮かび上がる。担任は銃を構えた。
 放出されている魔力は、エステルのそれを軽く超えている。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く