魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

セラフィマの完敗

「マジかよ、石ころ公爵って、おとぎ話のネタだと思ってたぜ」
「それが、なんで冒険者なんかに」
「ここを征服しに来たの?」


 担任が伝説級の存在だと知って、生徒たちが騒ぎ出す。


「静かに」と、ウスターシュ校長がまた口を挟んだ。


「おじい……ウスターシュ校長、納得のいく説明を」


「よかろう。実は、冒険者学校の再建を、このBOWに頼んだのだ。我々だけではなく、第三者の視点が必要だと感じたのでな」


 それで、冒険者を装って、校内の事情を知ってもらおうとしたのである。
 だが、一瞬で素性をバラしてしまったと。


 ゴブリンが、こんな強いわけがない。砂礫公と言われて、マノンはようやく納得がいった。


 担任が、セラフィマの前にしゃがみ込む。 


「お前さん、エルショフ貴金属店のご令嬢だろ?」
「ど、どうしてそれを?」


 初対面の筈なのに、担任はセラフィマの素性を言い当てた。


「他のクラスの情報を知ってたらいけねえかい?」


「だって、わたくしとあなたは今日出会ったばかりで」


「お前さんとは、な。だが、キリルの所はお得意さんなんだ。よく依頼も受けた。あの泣き虫が、オレより早く所帯を持つなんてなぁ。人生って分からねえよな、ギャハッ!」


「キリルを、お父様をご存じですの?」


「あいつはオレの……まあいいや。知り合いだ。そのオレが言うんだからよ、お前さんは商人に転職しな」


 セラフィマは、鉄扇を閉じる。
 自分は冒険者に向いていないという絶望感からというより、迷い。
 これまでの全てを捨てて、新たな道を切り開くための。


 たった数分の戦闘で、担任はセラフィマの全てを引き出したのである。






「さてと、残ったのはお前ら……」






 担任が点呼を取ろうとした瞬間、エステルが飛びかかった。








 鬼の形相になって、炎をまとったブロードソードを一文字に叩き込む。


 担任が銃身で受け止めた。
 まったく慌てた様子はない。むしろ、こうなることを予測していたような動きだ。


「ほう、不死鳥の咆哮フェニックス・ハウリングか。伝説級の骨董品にお目にかかれるとは」
 エステルの武器を、担任は攻撃を受け流しながら鑑賞する。


「あんた、本当に砂礫公なの!?」
 再度、エステルはブロードソードで斬りかかった。
 ブロードソードから火炎魔法が放たれる。


「だったらどうなんだ?」
 担任が銃撃で、火炎球を弾く。




「生かして帰さない!」
 更に、エステルは剣を打ち込む。




 担任は腰に巻き付けていた片手剣で、エステルの剣戟をさばいた。
 見た目は安物の量産品だが、実際は伝説クラスの武器だ。




「よさぬか!」
 ウスターシュ校長が、二人の間に入る。


「引っ込んでろ! いいところなんだよ。邪魔すんなジジィ!」
「そうよ! 砂礫公はママの天敵! こいつに痛めつけられたせいで、ママは戦乙女ヴァルキリーを引退した!」

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く