魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

セラフィマ、職業『伯爵』

「こらキミ、ウチのクラスだろ。授業中だぞ」


「これも授業の一環ですわ」
 注意をする教師を制止して、セラフィマが馬を下りる。


 教員が引き下がった。セラフィマの親は、この学園に出資している。あまり大きく出られない。
 ウスターシュが学園長を担当し、学園内のパワーバランスは保たれている。


 エステルに食ってかかるのは、「要求側の分際で」という苛立ちがあるのかも。


「いかがでしょう、わたくしがお相手致しますわ」
 鉄扇を豊満な胸から取り出して、セラフィマが担任を挑発した。


「おいおい、セラフィマが戦うってよ」
「エステルに勝ちたいのでしょうね」
「でも、お顔に傷が付いたら」


 セラフィマのクラスメイトが、ヒソヒソ話し出す。心配する者、面白がっている者など、意見は様々だ。


「いかがですの?」
「いいだろう。かかってきな」


 セラフィマが鉄扇を開いた。カマイタチでけん制する。


 担任は回避運動すらせず、銃で風魔法を弾き飛ばした。
「ほう、踊子ダンサーか。もっと知的系の職業で来るかと思ったぜ」


「正式には伯爵カウントですわ。魔法も多少の白兵戦も可能なスキルを学びましたの。踊りは、社交界の一環ですわ!」
 得意魔法を潰されても、セラフィマは恐れない。肉弾戦へ。


 片手だけで、担任はセラフィマの攻撃を幾度も受け止める。


 セラフィマだって、決して弱くない。戦闘訓練に適していないだけで。


「一発一発が弱いな。ザコ相手ならどうにかなるが、強いモンスターが相手だとキツい。だが、どこを攻撃すれば弱まるか、理屈は分かっている。お前は、指揮官向きだ」
「だまらっしゃい。ゴブリン風情が!」
「そのゴブリン風情に翻弄されているのは、どこのどいつ様だ?」


 ますます額に青筋を立てて、セラフィマは鉄扇を担任に叩き込んだ。しかし、攻撃が雑になっていく。


 担任が、セラフィマをおちょくり出す。
 鉄扇を弾いては眉間に銃口を当て、また鉄扇で攻撃されたら、肘を攻撃してずらす。
 再度セラフィマの眉間に銃を突きつけた。


「どうした、まだやるのか? ギャハハハ!」
 いつもの担任スマイルで、セラフィマをからかう。


「何事だ!」
 上級魔導師のローブを着た、若い男性が、数名の教員を伴って現れた。
 三〇代に見えるが、齢一一〇を超えた老人である。
 魔法で、自分の体内時間をねじ曲げているのだ。


「ウスターシュ・ワトー校長」
 校長のおでましに、マノンたちはひざまずく。


 特にエステルは彼の孫だ。


 六〇年前、下級魔族たちと共に世界を救った英雄、ウスターシュ。



「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く