魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

担任、本領発揮

「手加減しなくていいぜ。全力全開!」
 担任が、手首を指でバシバシ叩く。


 制服に付いているカフスを操作しろとジェスチャーをしているのだ。
 なんと、担任は「制服を解けと」合図を送っていた。


「後悔してもしらねえぞ、おっさん!」
 リードが、制服のカフスに手をかける。


 制服が、レザーアーマーへと「戻った」。


 冒険者学校では、生徒たちの鎧や武器などの私物を制服に「変換」している。
 魔法石でできたカフスを操作すれば、元の武具防具へと戻るのだ。
 こうして、自身の潜在能力を魔法石に押さえ込み、力をセーブする訓練も、カリキュラムに含まれている。


「アメーヌ冒険者学校トップクラスであるオレの剣さばきで、その首をはねてやるぜ!」
 担任の首めがけて、リードが三日月刀を横に薙ぐ。


 腕力ならオークにすら負けないリードの剣が、直角に打ち上げられた。担任が、魔法銃で振り払ったのである。


「冗談だろ、銃身でカウンターなんてよ!」
 自信満々だったリードの表情に、焦りの色が浮かぶ。


 魔法を用いる際に利用する触媒は、杖が主力だ。
 攻撃、治癒、補助、探索とバランスがいい。


 反面、武器を触媒にする場合は、魔法を武器としてのみ扱う。その代わり、威力は杖より高い。
 魔法銃は射撃に特化しているだけに、物理攻撃に対してはもろいはずだ。


 担任の装備は、射撃だけでなく打撃武器としても使えるのだろう。それだけ高い技術が、あの中には用いられているようだ。


 リードだって、決して弱くない。太刀筋は正確で、並のモンスターならたやすく斬り捨てるだろう。


 単に、担任の動きが速すぎるのだ。
 いくらリードが攻撃しても、担任に一太刀も浴びせられない。


 唖然とするリードのみぞおちに、担任の銃口が突き刺さった。
 引き金に手をかけていない。
 打撃である。


「ばかな、オレが負ける?」
 鉄すら通さないワイバーンの鱗で作られた鎧が、容易く破壊された。
 便意をガマンするような顔になって、リードは退場することに。


「んだよ情けねえな」
 クラスメイトの一人が、リードを罵った。


「無理無理! 早すぎだってのあのヤロウ!」
 腹を押さえながら、リードは悔しがる。
「何モンなんだ、あいつ」
 座り込んで、リードは担任を睨む。


 確かに、担任の強さは、自分たちの知るゴブリンとは格が違う。
 リードも、手合わせした相手の力量が分からないほど、バカではない。きっと担任の強さを体感したはずだ。


 マノンは少しだけ、担任の強さを誇らく思った。


「オラオラ、ドンドンかかってきやがれ!」
 手を叩きながら、担任が生徒を挑発した。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く