魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

アブない鬼ごっこ

 クラス全員が表に出て、ジャレスを相手に壮大な鬼ごっこが始まった。
「オラオラ、へばってんじゃねーよ!」


「ちょこまかと! エミール、やっちゃって」
 先頭を走るエステルが、ウッドエルフ族の狩人エミールに指示を送る。


 走りながら、エミールは背負っている弓を構えた。


「足を狙って! 殺すのはあたしがやるから!」
「はいな」


 物騒な命令を受けて、エミールが弓をギリギリと引き絞る。担任の逃げる位置を的確に計算し、矢を放った。


 しかし、担任はエミールの矢を軽々とかわす。


「おらおら、こっちだこっち!」
 ジャレスは自らの尻をペンペンと叩き、生徒たちを挑発する。


 自分の受け持つクラスは、落ちこぼればかりだと聞く。
 単に、連携が取れていないだけのような気がするが。


 足を狙うといった、エステルの指示は正しい。
 だが、実際はエステルかマノンあたりがジャレスの注意を引きつけ、エミールの矢に気づかせなくすべきだろう。
 目論見が甘いのだ。


 よそのクラスは、どうだろうか。


 鬼ごっこを提案したもう一つの理由は、他の生徒の授業を確かめるためだ。


 他のクラスは、座学で魔法を学んでいた。魔方陣で悪魔を召喚する授業のようだ。


「よっとゴメンよ!」
 その中に割って入り、ジャレスは魔方陣からインプを大量に解放した。


「ギャハハハハ!」
「なめやがって、先公が!」
 一番先頭にいるリードが、三日月刀を振るってインプをなぎ払う。生徒たちの悲鳴が飛びかうのも構わずに。


「ちょっと、危ないでしょ!」


「うるせえ!」
 生徒のクレームにも、リードは耳を貸さない。


 とはいえ、生徒を巻き添えにしない手腕は買う。だが、あまり周りに配慮しない性格のようだ。


 魔法剣士職「戦乙女ヴァルキリー」であるエステルも、短めのブロードソードを振るってインプを蹴散らす。生徒に当たらないよう慎重に。


 火炎の魔法を施されたブロードソートによって、インプがチーズのように切り裂かれていった。
 といっても、彼らは仮初めの姿だ。グロい描写とはならない。魔力文字の破片となって消えていくだけ。


 魔法使い志望と言えど、戦士職と等しく剣術を習う。
 狭い屋内やダンジョンで大火力の魔法を使えば、建物自体に被害が及ぶ。
 なので必要最低限の武芸が必要とされるのだ。
 また、装備品に属性魔法や筋力増強など、「魔力付与」を施す練習も兼ねている。


「何事です! 授業の妨害をするなら許しませんよ!」


 しまった。追っ手が増えてしまったではないか。
 まあいい。この際、全員の面倒を見る。そういう契約だ。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く