魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す

しーとみ@映画愛好家

マノンとエステル

 イノシシとの格闘から一夜明け、マノンは友人と学校へ向かう。
 友人宅はパン屋を営んでおり、通りかかるといい香りがする。


「マノンのバカ! アタシに黙ってソロ狩りに行くなんて!」
 さっそく、エステル・ドゥエスダンから叱られた。
 赤いロングヘアが、朝日でさらに燃えさかる。
 学校指定の制服を着ているが、エステルの見た目は一五〇センチ弱と幼い。
 横にちょこんと跳ねている髪が、幼さを更に引き立たせている。
 腰のブロードソードと肩に赤いランチャーがなければ、冒険者と認識されないだろう。
 一応、二人は同じ一四歳である。が、よく姉妹と間違えられた。


「エステルにばかり頼ってられないし」
「そのせいでアンタが死んじゃったら、なんにもならないでしょうが! アタシがカバーするから!」
「カバーがなくても戦える必要があるんだよ」


 冒険者は、ある程度のミッションは一人でこなせる必要がある。人をあてにしてばかりはいられない。


「マノンが頑張ってるのは分かるわ。けど、無茶はしないで。友達がいなくなると、アタシだって心配するのよ」
「ありがとう。ごめん」
「さ、学校行きましょ」


「うん」と、マノンも急ごうとした。が、立ち止まる。


 植木の側で、少女がうずくまって泣いていた。


「どうしたの?」


「飼い犬がね、いなくなったの」
 そう言って、少女はまた泣き出してしまう。


「分かった。探してあげる。あの、悪いけど、エステルは学園に事情を話してきて」
 マノンは、エステルに先を急ぐように催促する。


 が、エステルは少女の側にしゃがみこんだ。
「この子はあたしが見ておくわ。探してきて」


「いいの、エステル? 怒られちゃう」


「アンタがこの子を見捨てるような女だったら、一緒にいないわよ。一緒に怒られましょ」
 いいながら、エステルは少女の頭を撫でる。


「エステル、ありがとう」
 マノンは、犬を探しに向かう。だが、闇雲に探しても見つからない。こうなったら。




「お願い――」




 心の奥底にいる存在に、マノンは語りかけた。
 もう一人の自分に、マノンは「お願い」する。


 別人格のおかげで、意識が拡大した。


 ここからそう遠くない位置にある橋の下で、犬の気配を察知する。
 もう一つの反応があるが。


「ガウガウ」
「ぐぬぬぬ」


 橋の下では、白い子犬とゴブリンがいた。


 両方からハムの端っこを咥えて、綱引きをしている。


 犬にはリード付きの首輪が。あれが逃げ出した小犬だろう。


「うわわ、このワン公! オレ様の大事な朝メシをかっさらおうなんざ、いい度胸してるじゃねえか!」
 ハムを囓りながらしゃべるゴブリンは、昨日会ったジャレスではないか。

「魔王、なぜか冒険者学校の先生になって、英雄の子孫を鍛え直す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く