ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

ましろ、決戦!


観客はカレイドスコープ側が選手たちの中央に蒼月ワコ、大永マキが陣取る。

覇我音サイドは、ジゼル南武率いるノーフューチャーの面々だ。銀杏や金剛院らの姿も見える。

空が曇り始めた。雨が来るかも知れない。

スタッフが、イベント用のテントを設置し始めた。
さっきまで撮影スタッフしかいなかった廃工場に、一般客がパラパラと集まってくる。

『さあ、いよいよ始まりました、決勝戦! 撮影現場という、両者の対決にふさわしい舞台が整いました! ティグリスにはケガから復帰したムーンドラゴン、覇我音選手にはキュンキュンピサロ選手が、それぞれセコンドにつきます』

今更、牽制なんてしない。ましろは開始早々、突撃する。右フック、左ストレートと、打撃を見舞う。

茜にスウェーだけでかわされた。

そんなのは想定済みだ。本命のミドルキックを脇腹へ。

だが、茜の反応は早い。すぐに気付いて裏拳で叩き落としてくる。

こちらも、ただで打ったわけではない。
軸足一本で立ったまま、弾かれたミドルをアッパーキックに切り替え、打ち込む。

茜は大きく後ろへ仰け反って、かわす。

ましろは足を抱え込まれ、横へ倒される。
茜はましろのアキレス腱を極めに掛かった。

グルリと回り続け、ロープを掴む。これでブレイク、仕切り直しだ。

『序盤からすさまじい技の応酬だ』
『目が離せませんねぇ』

「強くなったわ。この間まで、視界にすら入ってなかったのに」
組み合いながら、茜が言葉を切り出す。

「わたし、そんなに弱く見えましたか?」
「そうは思っていないわ。当時の私には、日本のファイターは全員弱く見えたのよ」
「弱いですよ、わたしは」
「いいえ、あなたの『トレース技』、参考にさせてもらったわ。こんな風に!」

腰を低くして、タックルを仕掛けた。覇我音がましろの肩を取り押さえ、左方向へ振り払う。コーナーに打ち付けるタイミングで、顔面へ膝を叩き込んだ。

『おっと、まるでコミックのような動き!』

これは、『餓狼の拳』四巻のシーン再現だ。
自衛隊上がりの殺し屋を相手に、ヒロインが決めた実戦格闘技である。

この作品のヒロインは、主人公から護身術を学んでいるという設定だ。この作品は、長谷川茜をヒロイン役に添えて、Vシネマ化されている。

追撃のケンカキックをかわし、足を掴む。座ったままの状態で、ましろは茜の足を取った。膝関節を破壊に掛かる。
だが、背後から肩と首を絞められてしまう。コーナー越しからのチキンウイングだ。

「この技は、『バトルJK』、二巻の」
ましろがスタントマンを演じた漫画に出てきた技である。

「そう。じゃあ、次に何がくるか分かるわね?」
危険を察知し、ましろは身体を振り払う。
しかし、背面を取られたままでは、分が悪い。

ロクに動けないまま、視界が逆さまになる。
茜の全体重が載って、空が映った。
投げられ、地面に叩き付けられる。

茜が投げ技を? しかもこの技は、キュンキュンピサロの。

「そう。ジャック・ハマーよ」
片腕と頭を抱え込まれ、両脚を足首でフックされる。縦四方固めだ。
ガッチリと固められ動けない。

ドン、と腹に強烈な拳が打ち込まれた。開いている腕で、茜がパンチを打ってくる。

こちらからは、どこから攻撃が来るのか見えない。勘を頼りに腕を封じられる。

その間にも、茜の腕から肘や拳が飛んできた。

「ましろ、何とか身体を捻って逃げろ。頭上にロープがある!」
龍子の指示を耳にし、ましろは首を逸らした。ロープを確認する。よじ登るように身体を捻って、ロープに手をかけた。

スタンディングになるが、ましろの呼吸は荒くなるばかり。
駄目だ。いいところがない。
一矢報いるつもりが、完全に翻弄されている。

「どうして、私の技を?」
トレース技は、自分の専売特許のはず。

「私だって女優よ。誰かになりきる術は持っている」

ならば、こちらも手加減はしない。
軍隊ものは、こっちだって。

ジャブを打っては、相手の腕を払い返す。
間合いを維持するため歩を進め、いつの間にか足捌きが円を描く。
手を回すようなな連続パンチへとシフトする。
ましろも茜も、全く手を休めない。

業を煮やしたのか、茜が、足を高々と上げた。

ハイキックを、ましろは腕の捌きで払う。
回し蹴りをしゃがんで避けた。
無防備になった茜の軸足に、下段回し蹴りを繰り出す。

ましろの蹴りがヒットする前に、茜が軸足でジャンプして、茜が横へ倒れ込む。

しゃがんだ状態のましろの顔面へ、両脚蹴りが飛んできた。打ち上げ式のドロップキックだ。

上腕で、蹴りを受け止める。

「これって……」
金剛院の動きだ。茜はあれだけ、彼女を苦手としていたはずなのに。

「最も自分の理想から遠い人をトレースしたの。あなたを出し抜くために。そちらの動きだって、銀杏先輩じゃない?」
「そうです。印象的だったので」
「わかるわ。あなた、ずっと熱心に練習したように見える。銀杏先輩は強かったでしょ?」

トレースしたからわかる、茜が繰り出す技の完成度。
ましろは、その精密さに思い知らされた。
自分なんて銀杏と比べたら、動きが雑でしかない。

ましろはロープへ身体を預けた。反動を利用して高く飛ぶ。

茜は身体を移動させて避けようとする。

「けええい!」
身体を捻って、ましろは前転し、ドロップキック。
茜の身体が吹っ飛ぶ。
マットに落ちたましろは、瞬時に立ち上がり、追撃のハイキックを見舞う。
茜も、同時のタイミングで蹴りを放つ。
蹴り同士がぶつかって、足が痺れる。

「おお!」と雄叫びを上げ、痛む足で踏み込んだ。

両手を虎の前足に見立て、突き上げた。
胸の下にクリーンヒットし、茜の身体を浮かせる。手にのし掛かる、確かな感触。

不敵な笑みを、茜が浮かべた。

ましろは本能的に、後ろへ飛ぶ。

茜は空中で体を入れ替えた。ましろの肩口に、裏拳を打ち込む。

風圧で、ましろの前髪が流れる。

どうして茜は、すぐに反撃してきた?
ましろの打撃が効いていなかったのか?
違う。後ろに飛んで、威力を殺したのだ。

考えが甘かった。
相手は長谷川茜だ。
経験を活かし、致命傷を避けたのだろう。

これでは駄目だ。自分の技で勝負する。
距離をゼロにして、息もつかせないような連続パンチを繰り出す。

「また詠春拳……?」
防護しながら、茜がこちらの動きを分析してきた。

連続パンチに加え、ローキックもまとめて叩き込む。続けて、肩口へ直突き。

茜もガードしきれないほどの連続技を、限界ギリギリの速度で打ち込んでいく。
「ついに奥の手を出してきたわね」
茜にも、違和感がわかったようだ。

タイガーレイジ。
一度キュンキュンピサロ、つまりクローディアに破られたが、茜にはどうだろう。

防御はできているが、茜にだって限界が来るはずだ。
そう考えていた矢先、脇腹に掌打が叩き込まれた。

「くうっ……」とましろは呻く。動きが一瞬止まる。

その隙を突いて、ヒザ蹴りが飛んできた。

逃げつつも、ましろは反撃の右フックを浴びせる。
しかし、ましろの軸足が痺れ出し、うまく力が入らない。

茜のヒザ蹴りが、内腿狙いのローへと変化したのだ。

「タイガー、レイジ。タイガーレイジじゃねえか!」
龍子がましろの言葉を代弁する。

「タイガーレイジが、あなただけの技だと思わないことね!」
茜が、掌底でましろのアゴを狙う。
裏拳で打ち込みを撃墜した。

だが、ガラ空きになったましろの上腕を、茜の左フックが通り過ぎていく。
フックが正確に、ましろのアゴを捉える。

チョップが、朦朧としたましろの首をまともに刈り取る。
脇腹にボディブローが、胸板に正拳突きが、内腿に再度ローが叩き込まれる。

重い攻撃を無防備で食らい、ましろの身体が、大きくよろめく。

とどめのボマイエが、ましろのアゴにクリーンヒットした。

アゴを打ち上げられ、ましろがマットに沈む。

会場が、悲鳴でどよめく。

『あっと、ティグリス選手ダウン! これは立てないか!?』

「ましろ!」
ロープから身を乗り出して、「立て」と声援を送り続けている。

ましろを応援する声が鳴り響く。

「強いわね、あなた。最初にあったときとは別人のよう」
自分の正面には、仁王立ちする長谷川茜が。
「あなた、ジゼルから私の噛ませ犬としてあてがわれた。けれど、あなたは自分で考えて、本能のままに戦う。どうしてあなたが勝ち上がってきたのか、今なら私にも分かる」

ましろの足に立ち上がる気力が戻ってくる。

『立ち上がりました。ティグリス選手、あわやノックアウト負けと思われましたが、立ち上がりました! 虎は死なず!』

カウントは七。
どれだけ寝ていただろう。
せめて、茜の気持ちにだけでも伝えないと。

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く