ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

茜、ましろの提案を受ける。

黒い前髪を真一文字に切り揃えた女性の名はジゼル南武。
悪役団体「ノーフューチャー」の首領だ。
本名は南武なんぶ 夕夏ゆうか
自分の母親である。

ようやく、母親に一撃を見舞った。勝つことができたのだ。
しかし、気が晴れない。

父の代でようやく完成した、砕雲掌。
それを、大河ましろが数週間でマスターしたのである。ピサロを相手に。
その事実を受け、茜は戦慄した。

大河ましろ、これほどとは。

「絶好調じゃないのん、茜ちゃん。お母さんも鼻高々だわん」
フフン、とジゼル南武が鼻を鳴らす。

相変わらずふざけた母親だ。
べらぼうに強いクセに、子供のようなところが抜けない。

正直、父の趣味を疑う。
けれど、父は茜の目の前で死んだ。
だから、母のどこを気に入ったのかなんて、もう聞けない。

しかしこいつは、父が死んだときも、リングに上がっていたのである。
こんな風に、観客に愛想をよくして。

「調子に乗らないでよ、母さん」
茜にとっては、彼女を母と呼ぶことすらおぞましい。

「そんな怖い顔しないで、親子でしょお?」
茜の前には、大勢の記者が、長机の前に鎮座して待ち構えていた。

大河ましろが、急遽、記者会見を開きたいと言い出したのだ。
長机には、既にましろが控えている。

司会の挨拶が終わり、記者会見が開かれた。
「今回、長谷川茜さんと話し合いの場を設けたのは、試合会場を指定するためです」
ましろが語り出した。

茜はましろの方を向く。
確か、決勝戦の会場は、ジゼル南武が押さえていたはずだ。

「いきなりこんなことを言って、すいません。でも、どうしても決着は、わたしたちにふさわしい場所を選ぶべきだ、と考えたんです」

「その会場というのは?」
茜が聞く。
「現在撮影している『ホワイトティグリス』の、最終回です」

背筋がぞくりと疼くのを、茜は感じた。
「……へえ」
思わず、茜は口角を吊り上げそうになった。冷静になるよう努め、引っ込める。

記者の一人が手を挙げた。
「収録現場で試合となると、タイムラグが生じますよ。リアルタイム配信がウリなのに、視聴者はお預けを喰らってしまいますが?」

確かに、ティグリスの最終回で戦うのは妙案だと思う。
共演者同士だし、ティグリスの成長も、試合のテーマだ。
戦っている相手も、ティグリスの敵という設定である。
しかし、リアルタイムで見てもらえないなら、意味がない。

「リアルタイム配信をしていただきます。ティグリスの最終回を」

茜は黙って、ましろと記者の会話を聞いていた。

自分より驚いていたのは、ジゼル南武だ。喜びを隠そうともしていない。

「いいでしょう。そのご要望、受けます」
望むところだ。受けて立つ。
どうせ勝つのは自分なのだから。

「いいでしょ? ジゼル南武?」
「当然」
ジゼルも同意したことで、会見は終わった。

「あの、長谷川選手、ジゼル南武とのご関係は? 久々の対面と言うことで、何か会話はあったのでしょうか?」
質問が飛んでくる。

「お答えすることは、ありません」
問答無用で、茜はシャットアウトした。

「ジゼル社長、お顔を負傷されているようですが、誰にやられたんです?」
「親子ゲンカくらい誰もするでしょお? それがなんだっていうのよ」
突き放すように、母ジゼルは振る舞う。
余計なことを聞くなと言わんばかりの気迫。
圧倒され、記者もマイクを引っ込めた。

「覇我音さん、ジゼル社長とご家族であるということに、一言コメントをお願いします」
「上司です。それ以外は特に」
素っ気ないかも知れないが事実だ。
これ以上、何があるというのか。

会見が終わり、全員が退席する。

もうジゼル南武を母親とは思わない。
それが自分の抵抗であり、彼女に対する礼儀だ。

ジゼル南武が仕組んでくれたこの試合も、大河ましろを倒してしまえば終わり。
それからは、自分で大きくならねば。

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く