ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

ましろ、決意を新たに

クローディアとの死闘から数日、道場にて、ましろは龍子と汗を流していた。

龍子がましろのボディへ掌打を浴びせてきた。
オープンフィンガーグローブをはめた拳で、ましろも正拳を叩き込む。

本気の殴打の応酬。
手加減はできない。
顔面、こめかみ、ボディ、隙あらば打撃を打ち込んだ。
カウンターもいくらか入ったが構わない。
相手を殺すつもりで破壊に掛かる。

互いに打ち込み疲れ、距離を取る。

肩で息をする龍子。その表情からは、いつものクレバーな気配はなりを潜めている。

こんな小さな相手に、自分は翻弄されている。だが、龍子は二〇キロもある体格差を物ともしない。やはり、大した選手だ。

「どうして、そのパワーを本番で活かさなかったの? 蒼月流の技を使えば、勝てたかもしれないじゃん」

「それじゃあ、あたしじゃないんだよ。どれだけ蒼月流を極めても、あたしの本流はプロレスだ。それを捨てて勝つなんて、あたしを捨てるってこった。それで勝ったって嬉しくねえよ」
プロレスラー、龍子は語る。

「今度の相手は蒼月流の達人クラスじゃ。うかうかしておれん。本格的な稽古をせねば」
状況を見守っていたワコ館長が檄を飛ばす。

「わかってるよ。ましろ、この構えをよーく覚えておけよ」
龍子は腰を落とし、身体を横に向けた。
腕を大きく引き、拳を握り込む。

「これが、あいつの父親が得意だった打撃技、『砕雲掌』だ。雲を砕く掌、って書く」

龍子の拳が、ましろの腹部に軽く突き刺さった。
わずかに、ましろの身体が後ろに下がる。

「あたしも型だけしかわかってない。ワコ館長ですら、うまく再現できないんだ」

その後、二人は夕方まで稽古を続けた。

今度は自分が食事を奢るからと、ましろは龍子たちを馴染みの店へと連れて行く。

着いた先は、ビュッフェタイプの定食屋だ。
九〇分の間、何を頼んでもいい。
父がひいきにしている店で、ましろはよくここへ連れてきてもらっていた。

「アルコールは別料金です。すいません」
ましろはワコとマキに断りを入れる。

「構わん。酒は嗜まんでな」
ワコは気にしている様子はない。
マキも、ワコと同じく、お茶を頼む。

ましろと龍子は、ジョッキのオレンジジュースで乾杯。
決戦に向けて、しっかりと腹に食事を入れていく。

肉団子を頬張りながら、龍子は「ここが馴染みの店なんだな」と尋ねてくる。

「マンガが多いんだよ」
壁一面に大量の漫画が置かれている。
食事処なので多少は汚れているが、きれいに保管されている方だ。

「うわあ、『餓狼の拳』じゃんか。孤児院でよく読んだよ」
龍子が眼を輝かせて、本を手にする。

「ここらのマンガを大量に読んでさ、技の研究をしてたの」
「なるほど、ここは、ましろの修行場でもあるってわけか」
龍子はうんうんと納得した。

ここには、ましろのルーツが沢山ある。
ましろはこれら大量の漫画からインスピレーションを得て、技を編み出していた。

しかし、これだけインプットしても、長谷川茜打倒の突破口が見つからない。

「色々考えたんだけどさ、わたしみたいな何もない人間が格闘技なんかしていていいのかな?」
オレンジシュースを一気飲みして、ましろはテーブルにジョッキを置く。

クローディアと戦った後、ましろはずっと自分のあり方を自問自答していた。

どうせ自分が茜に勝ったくらいで、茜のカリスマ性はなくならない。

ましろだって、立場はあまり変わらないだろう。
大きい仕事くらいは来るとは思うが、そこで結果を出せなければ、また元の生活に逆戻りだ。

けれど、逃げようとは思わない。
どれだけ強い相手でも戦ってきたし、勝ってきた。

それはなぜだ?
女優を続けたいからか?
茜と差を付けたい?
茜を出し抜く?

いくつもの疑問が生まれたが、どれも違う。

茜を救うという目的も、ワコや龍子たちの願いだ。
ましろにとっては、どうでもいい。
茜は茜であり続けているからこそ、美しいのであって。

ましろはましろだ。
ただ、本能のままに戦うだけ。
純粋な闘争心のぶつかり合い。
それこそ、ましろは望んでいる。
けれど、それでいいのか、と思う自分もいた。

龍子が、おかわりに瓶コーラを頼む。
「格闘技は好きなんだよな?」
「うん」
「それは、相手をぶちのめすのがか? 自分を高められるからか? それとも別の理由があるのか?」

おそらく、ましろはここまで悩んだことはない。
そこまで追い詰められたことがないから。

「想像したこともなかった。目の前にある物事をやっていくのに必死すぎて、自己追求なんてしなかったな」

「わかった。話題を変えようか。なんで女優になろうとしたんだ? それだったら、イメージしやすいんじゃないか?」

「うちはね、父がスタントマンで、母が声優なんだよ」
今でこそ注目されることも多くなったが、それまではずっと裏方だった。
二人は芝居そのものが好きで、共演したことから交際が始まった。
仕事の大きさ関係なく、黙々と続けている。
ましろは、そんな両親が好きだ。

「なるほどな。それじゃあ、ましろ。芝居をしていて辛かったことはないか?」
「セリフがうまく話せないとか色々あるけど、だからってやめようって考えたことはないかな」
「そっか。格闘技が嫌いになったことってあるか?」
ましろは首を振った。
「ないよ。生活の一部になって、て……」

龍子のおかげで、なんとなくだが、自分がどうして格闘をしているのかわかった気がする。

続けることに、理由なんてない。
格闘技が、ましろそのもの。
戦うこと自体が、ましろのライフスタイルとなっている。

当たり前のように格闘技が側にありすぎて、身体の、生活の一部となっていた。
格闘技を捨てたら、それはましろではなくなってしまう。
だから、大々的な目的は何だと尋ねられても、答えられなかったのだ。

「やっぱり、あたしの見込んだ通りの娘だったよ、ましろは」
龍子はコーラ瓶をコン、とましろのジョッキに当てる。
「お前みたいな純粋な格闘バカが格闘技をやってくれているのが、あたしは嬉しいんだ。だから、あたしはアンタに賭けたんだよ」
語り終えた後、龍子がコーラを飲み干す。

「ありがとう龍子、何となくだけど、自分を見つけれたって思うよ」
「そう言ってもらえると照れるなぁ」
「龍子、わたし、絶対に噛ませになんかならない。なってやるもんか」

ましろには、最終戦について、考えていることがあった。
龍子と戦いながらずっと構想を練っていたのだ。

「社長、決勝戦の前に、記者会見を開い欲しいのですが、お願いできますか?」
ましろは、会見の調製を大永マキに頼んだ。

「ドラマチックな展開にできそう?」
「ご期待には、添えると思います」
ましろは笑った。

「わかったわ。じゃあ今からジゼルと打ち合わせするから、席を外すわね」
善は急げとばかりに、マキはスマホを持って店の外へ。

「ましろよ、辛い役目を押しつけてしまい、すまぬ」
ワコが詫びる。

「いいえ、わたしにしか、できないことなんですよね?」
「左様か。ならば決勝まで、徹底的に仕上げるからのう」
ましろの身体に緊張が走る。そのとき。

「なんですって!?」
スマホに向かって、マキが叫んだ。

「大変よ!」
通話を終えた社長が、血相を変えて店の扉を開けた。

「なんだよ、今やっとましろがやる気を出して」
「それどころじゃないわ! さっきジゼルに電話したら、とんでもない事になっていて」
マキは、スマホを強く握りしめている。

「ジゼル南武が、長谷川茜に負けたって!」

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く