ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

ましろ、戦意喪失……

一人で帰れたとはいえ、龍子はすぐさま緊急入院となった。精密検査の結果は問題なかったが、絶対安静だという。

ワコを相手に、茜が最後に放った蹴りを再現する。
「近代空手の回し蹴りが、こうです」
ましろは、サンドバッグに中段回し蹴りを放つ。
腰を回転させ、鞭をしならせるような蹴りだ。

「これが、長谷川さんが打ち込んだ、回し蹴りです」
今度は腰を回転させず、前に蹴り込む。
先ほどの近代回し蹴りは、刈り取るように足を回した。
それに対して、茜の回し蹴りは、明らかに足のモーションが違う。

「確かに古流の蹴りじゃのう」
砕雲掌の蹴り版。
まさに砕雲脚と言うべきか。

「それにしても、なんでプロレスに固執したんじゃ? 蒼月流を使えば勝てたかもしれんのに」

「龍子は、あの試合を再現しようとしてたんじゃないかと」
ましろの導き出した結論を聞き、ワコは「うむ」と、首肯した。

「解説の方が言ってましたね? 『ワコ先生とジゼルさんの試合みたいだった』って」
「なるほど、お主の言う通りかもしれん」
「家族に対する憧れが強かったんですよ。龍子って」
「たとえ憎み合っても、あれだけ家族に恵まれた長谷川茜を、龍子は羨ましいと考えていたそうじゃ。親がいるだけマシだというのに、親を嫌う茜の姿勢が許せんとも」

龍子と茜の諍いは、親がいるかどうかに根ざしているのかも知れない。

「うむ。しかし、ジゼル南武や長谷川茜にまでその思いは届くのじゃろうか」
「あの、このトーナメントの目的って、一体何なんですか? ジゼル南武さんは何を企んでいるんです?」

ましろは、意を決して尋ねた。

ずっと、この試合には、何か仕組まれたシナリオがある気がしてならない。
龍子の言葉を借りれば、「ブックがある」と言うべきか。

「ジゼル南武の目的は、お主を、長谷川茜の噛ませ犬にすることじゃろう」

このトーナメントの趣旨自体が、ジゼル南武が企画したものだそうだ。
長谷川茜の宣伝のつもりだったらしい。全ては、自分の娘を売り出すために。

そうか。おかしいとは思っていたのだ。
何の特徴もない自分が、どうしてこんな大舞台に立たされたのか。

きっと組み合わせだって、意図的に仕組まれていたのだ。
自分が負けても銀杏やピサロが、長谷川茜に食われて、盛り上げてくれるだろうと。

「長谷川茜のドラマを確実なモノに作り上げて、自分のようなカリスマファイターに育てることが、ジゼルの目的じゃ」
「それって、いわゆるドキュメンタリーじゃないですか!」

そんなTVでやるノンフィクションのような育て方をされて、嬉しい娘なんていないだろう。タレントだって嫌なはずだ。

「龍子は全部を知ってて、わたしを誘ったんですか?」
「そうかも知れん。じゃが、あやつには別の目的があるんじゃ。本人に尋ねるがよい。目を覚ました後でな」

ましろは不安に駆られる。
龍子のことだから、ましろをおとなしく食わせるなんて、絶対にさせないだろう。
むしろ、茜に勝ってしまうかもしれない。

「二人を救うのは、お主しかおらん」
「どうしてなんですか? 二人の背負う生き方の方が大きい。それに引き替え、わたしには二人みたいな、戦うための動機が、どうしても見つからない」
「だからこそ、お主の力が必要じゃった」
ましろは、力なくうなだれる。

「言っている意味がわかりません。どう考えても、龍子と茜さんが最強を目指せばいいじゃないですか! どうしてわたしなんですか? 理由があるんですか?」
ましろは、ワコを見上げる。
龍子には、茜の目を覚まさせるように頼まれたが、ここに来て萎縮してしまった。

「あの二人がぶつかったところで、どちらも救われん」
最強の座は決められても、精神的な解決にはならない。
「龍子では、長谷川茜を救えぬ。あれを救うには、第三者の力が必要じゃ」

「それだけ、二人の抱える闇が深すぎる、と?」
「左様。こればかりは時間が解決してくれるのを待つしかないのじゃ。そのときは、一生来ないかも知れん」
「そんな」
「じゃからこそ、お主に託したのじゃ。お主ならあるいは、茜を止められるかも知れぬ」

不可能だ。
長谷川茜は強すぎる。龍子でも敵わなかったのに。

「自信がありません」
「なければ、鍛錬するのじゃ。いつも以上にハードな特訓となるでの。覚悟せいよ」

◇ * ◇ * ◇ * ◇

龍子が目を覚ましたというので、ましろは急いで病室のドアを開けた。

退屈そうに、龍子はベッドの上で伸びをする。ましろが呆れるくらい、元気そうだ。
「あー、もうちょっとだったのにな」

「前蹴り気味のキックだったね」
ましろは、茜が放ったキックの構造を、龍子に説明した。

やはり、あれは古流回し蹴りだったのだ。
近代空手の回し蹴りは、足が横に出る。
対して、古流回し蹴りは、蹴り始めのモーションが前蹴りと変わらない。

蒼月流は古流武術である。回し蹴りも、近代のそれではなく古流のキックだった。
古流回し蹴りに対応するには、余りにも龍子はプロレスに馴染みすぎたのだ。

「そうか。あれは蒼月流の蹴りだったか。あいつは、蒼月流だけは好きだったからな」
「でも、ジゼル南武の気持ちが伝わったなんて思えない」
「ジゼル南武だって、本心じゃないんだよ。嫌われようとしてるだけさ」
「どうして、ジゼル社長は嫌われることをわざわざ……」

ましろには、ジゼルの胸の内まではわからない。
プロレスラーの性根なのか。
それにしれは、薄情過ぎはしないか?

「あの人は、わざと茜に嫌われ、恨まれたがっている。まるで、『殺してくれ』って言っているみたいでさ。実の娘の手に掛かりたがってるんだ。あたしは、それを茜にわかって欲しかった。だけど、今のままじゃ無理だろうな……」

龍子でもジゼルでも、茜とわかり合えない。

ましろは、茜の持つ心の闇を、改めて感じ取った。

エンターテイナーとして、余りにも茜はストイックすぎる。求める方向性が違いすぎて、衝突してしまうのだ。

ジゼルはいい方向に向けたがっているらしいが、茜は全て悪い方に受け止めてしまう。

「あたしは応援にいけないけど、勝てよ。ピサロに。茜も、あんたを待ってる」
「わかってる」
龍子は安心した顔を浮かべると、眠りについた。

ましろは病室を出ると、すぐにトレーニング場へと向かう。

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く