ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

茜 サイン会で襲撃される

今日は、茜の写真集が発売される日だ。
ショッピングモールの三階にある書店にて、茜は握手会をしている。
会場は、茜の写真集目当ての男性客で賑わう。

サインの書かれた写真集を大事に抱え、男性客が手を差し出す。鼻息が荒い。酷く口臭もする。手を持つと、ジットリした感触がまとわりつく。

「ありがとうございます」
とはいえ、決して嫌な顔をせず、茜は握手に応じた。
これで五〇〇人目となる。さすがに、腕が痺れてきた。

最後の客が、ましろの前に立つ。
オレンジのパーカーで顔が隠れているため、表情がよく見えない。しかも、写真集を持っていないではないか。
一瞬少年かと思ったが、身体のラインから見て、少女のようだ。

スタッフの一人が、パーカー少女の肩を掴む。
「困ります、お客さん。写真集がないと握手は……あだだだ!」
止めに入ったスタッフの手首を、少年はあっさりと捻る。

「用があるのは写真集じゃない。ボクは君に用があるんだ。覇我音くん」
少女が机を蹴り上げた。

サイン色紙が散乱し、机が舞い上がる。

客の中に、小さい子供がいた。このままでは、子供に机が当たってしまう。茜は子供を抱きかかえ、落ちてくる机をかわす。

「きみ、どういうつもりだ!?」
「警察呼べ、警察!」
大勢のスタッフが、パーカー少女を取り囲む。

「待って!」と、茜はスタッフを制した。
「でも、茜ちゃん。こいつは」
「いいの。私が相手になる」
おもむろに、茜はワンピースに手をかけた。

「ちょっと茜ちゃん? ここで脱ぐなんて」
「大丈夫」
ワンピースの下には、インナーとロングタイツ。

いつ試合を申し込まれてもいいようにと、服の下はリング衣装でいるようにしている。
まさか、こんなに早く披露することになろうとは。

「へえ、準備いいねぇ。レオタードを服の下に着てるなんて」
少女がパーカーを脱ぐ。
謎の少女は、金剛院かのんだった。

「大河ましろが、撮影中に奇襲されたと聞いたからよ。金剛院こんごういん かのん」

ジゼル南武のことだ。
何か仕掛けてくるに違いない。
茜にはそう思えた。

「理解が早くて助かるよ、覇我音くん。そう。もう試合は始まっている」
金剛院が、パーカーを捨てる。

とはいえ、茜はここで戦闘は無理だと悟った。
人が多すぎる。しかも無関係の人々が。

「心配は要らない。屋上のスペースに特設リングを用意したんだ。そこで始めよう」

金剛院は、階段へと歩みを進める。

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く