ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

ましろ、準々決勝 開戦!

ましろは、撮影会場で監督の合図を待つ。

今日は、試合は行われない。龍子もマキと共にトレーニング中である。

代わりに、ワコが付き添いで来てくれていた。

撮影現場は波止場だ。敵のアジトとして使われている、という設定である。

「これまでだな、ホワイトティグリス」
定番のセリフを吐いて、着ぐるみ怪人が戦闘員に指示を出す。

ホワイトティグリスに向かって、戦闘員が襲いかかる。

迫り来る黒タイツ軍団を、地の利を活かして倒していく。
資材に足を引っかけて跳躍したり、壁走りを披露したり、倉庫の屋根を飛び回ったり。様々なアクションをこなした。もちろんスタントなしだ。それがましろの売りである。

「少女専門のスタントマン」であるましろは、幼い頃から危ない仕事を任されていた。
安全に配慮しているとはいえ、派手なアクションは危険が伴う。
そのせいで、監督が責められる記事が新聞に載ったこともある。
が、ましろはバッシングを必死の演技でつっぱねた。
――自分は、やらされてるわけじゃない。
それが、ましろの意気込みである。

一通り、戦闘員はやっつけた。あとは、怪人を倒して終わりだ。誰もがそう思っていた。

が、戦闘員のひとりが怪人を突き飛ばし、ましろと真正面で向き合う。胸がある。あの戦闘員は女性か。

戦闘員は、本来前座であるはず。
しかし、この戦闘員からはただならぬ気配を感じた。

監督からだめ出しは……ない。
撮影は続行。
だったらやるべきか。

拳を叩き込もうと、腕を伸ばす。
ましろのパンチに合わせて、裏拳気味の掌打が飛んできた。相手の手首が、ムチのようにしなる。

互いに首を捻り、打撃をかわす。そのタイミングは全く同じだった。

この人、強い! ましろが、本能的に察知した。

「おーほっほっほっほっ!」
なぜか、頭上からヘリが飛んできた。
低空飛行で、撮影現場に降り立つ勢いである。
「あんた、ホワイトティグリスだっけ?」
ヘリコプターから姿を見せたのは、ジゼル南武だ。
メガホンを持って、ましろに呼びかけている。
「そいつが、準々決勝の相手よん!」

戦闘員がマスクを脱いだ。
長い金髪が風になびく。
素顔は、ノーフューチャーのトップクラス、藤代銀杏である。

「藤代さん、どうしてこんな真似を?」
「わたくしには、他のレスラーのような派手さがありません。それでジゼル社長と相談して、このような演出をしていただきました」
銀杏がタイツを脱ぎ捨てた。
赤い生地に銀杏の葉をデザインされたレオタードに身を包んでいる。
露わになった生足の美しさは、長谷川茜にさえひけを取らない。

「ご不満でしたか?」
「いえ、始めましょうか」
ましろがファイティングポーズを取る。

ヘリからダイブし、ジゼル南武が波止場に着地した。ハイヒールでよく高い位置から降り立てるものだ。メガホンで遠くに指示を飛ばす。
ジゼルの合図と同時に、リングが設置されていった。

『まずは藤代銀杏、身長一八六センチと大柄ながら、コンパクトに間接で攻めるという、実にいやらしい攻撃を得意としております。ホワイト・ティグリスは、この怪物を相手にどのようなプロレスを見せてくれるでしょうか?』
『さて、いよいよ試合開始です』

「ジゼル社長、質問があるんですが?」と、ましろは手を挙げた。
「ええ、どうぞ」
「撮影の方は、どうなるんですか? 中断しちゃうんですか?」

「大丈夫よん」と、ジゼル南武は、ましろの問いかけに笑顔で答えた。
「この番組だけど、ノーフューチャーもスポンサーなの。あなたを襲う敵は、洗脳されたウチの所属ファイター、という設定になってるわ。あなたが勝ったら、洗脳が解けるって仕組みよ」

銀杏は「是非、洗脳を解いて下さいませ」と、呑気に言ってのける。

「もし、わたしが負けたら?」
「当然、番組は打ち切り。あなたも役者をクビになってもらうわ」

「そんな! わたし、聞いてません!」
「マキが言うわけないでしょ? 言ったらあなた、萎縮しちゃうじゃん?」

それはそうだが、いくらなんでもあんまりだ。

「監督は、それでいいんですか?」
ましろは監督に詰め寄る。
「いいよ。今日の僕は雇われ監督だから。本当の監督は、ジゼル南武なんだよね」
監督も監督だった。

「もう一つ質問を。この試合ってティグリスと連動しているんですよね? この場合、龍子、つまり、ムーンドラゴンは関係ないのでは?」
「あるわよ。ムーンドラゴンは、ティグリスの友達という設定にしてあるから。龍と虎だし、ちょういいでしょ?」
なるほど、無理はありそうだが、ましろと龍子は友達なので、別に問題はない。

「じゃ、番組存続をかけて、頑張ってねー」
まるで自分の席であるかのように、ジゼルは監督席に腰を下ろす。

自身を没頭させ、ファイターになりきる……。

ましろは接近してきた敵の身体を包み込んだ。まるで虎が獲物を補食するように。「スモールパッケージ」と呼ばれる技だ。

『おっと、虎が獲物に食いついた。白い虎が相手をスモールパッケージで固める! これはさしずめ、タイガーパッケージとでも名付けましょうか! そのまま間接へ移行。しかし、銀杏は自力で技を解きます』
『さすが、ノーフューチャーの看板選手ですね。流れるような動作です』

銀杏が立ち上がって、仕切り直しに。スタンディング勝負となる
今度はタイガーレイジで相手の動きを。とにかく短期決戦で決める。

そこへ、正拳突きの軸足めがけてドロップキックが飛んできた。
軸足に、鋭い蹴りが突き刺さる。

『低空ドロップキック炸裂。ティグリス選手転倒!』

うつぶせに倒れたましろは、肩がマットに付いた状態にされてしまう。
さらに、銀杏は腕と脚を固めてきた。

『なんと、お返しでキド・クラッチ!』
『地味な固め技ですが、いかにも藤代銀杏らしい戦い方ですね』

脱出するため、立ち上がろうとするが、腕を抜こうとした直後に脇固めを決められる。

肩の関節に、鈍い痛みが走った。
歯を食いしばり耐える。
何よりこたえたのは、フィニッシュ技を一試合だけで返されたことである。
あれだけ期待されていたのに、あっという間に対策されてしまった。

「気に病むでない、ましろ!」
ワコから檄が飛ぶ。

「だって、たった一日で必殺技が破られちゃったんですよ!」
「それは銀杏のヤツが天才なだけじゃ! お主、闘っている相手を誰だと思うておる?」

そうか。相手は優勝候補のレスラー。だったら、格闘センスが高いのも無理はない。

「そうじゃ。相手は若手最強と呼ばれておる相手じゃぞ。しかし、総合能力ではお主だって負けておらぬ。経験は相手が上なら、別の戦闘法で対策せいっ!」

自分は、長谷川茜と戦うために、ここにいる。こんなところで負けるわけにはいかない。
空いている足で銀杏の腹を蹴り、意地で立ち上がる。

先ほどは手も足も出なかった。
が、今度はどうにか格闘の形に持っていくつもりだ。
手四つ、力比べとなる。

「あなた、スタントマンさんなんですってね?」
「はい。でも、こんな場所に出てしまっていいのかと、しかも主役で。今でも悩んでます」
「悩む必要なんてないですわ。主婦だろうが医者だろうが、子供だろうが性犯罪者だろうが、リングに上がれば皆等しくファイターなのですから」

銀杏が、腕力で押し切ってくる。
手四つがあっという間に振り払われ、背後を取られる。
高速ジャーマンで、後頭部を叩き付けられた。

このトーナメントで使われているマットは、プロレスで使われるようなクッション性の強いものではない。畳と同等の強度を誇る。

柔軟性はあるといえど、投げ技の威力が相当上がっているのだ。
そのため、一部の投げ技から追い打ちを行うことは禁止されている。

銀杏に抱えられたまま、再びましろから重力が消えた。

とっさに銀杏の腕を股に挟み込む。
逆さまの体勢から腕ひしぎを極めた。
グイグイと、腕を締め上げる。

だが、銀杏はそのままの体勢から、ましろを持ち上げた。パワーボムだ。

頭と背中をマットヘ強く打ち付けた。衝撃で技が解かれてしまう。

強い。まさか、これほどとは。
格闘家としての年期も経験も、ましろとは違いすぎる。
プロレスラーは総合格闘技が苦手だ、なんて大嘘だ。
銀杏は適応力が高く、あらゆる格闘術に長けている。

もう、相手のペースに付き合っては駄目だ。自分のスタイルで戦わないと。
ましろは、空手の形を取る。

銀杏が低空タックルで懐に飛び込んできた。

対して、ましろは同じように低空から腕を伸ばす。
相手の低い体勢に合わせたカウンターで、銀杏のタックルを撃ち落とす。

『あっと銀杏ダウン! カウンターのアッパーカットをもろに食らってしまった!』

カウント五で、銀杏が立ち上がる。単なるスリップ程度のダメージしか受けてないだろう。

「ほう、打撃でわたくしに挑むと。いいでしょう」
銀杏が、口元を手首で拭った。身体を横に向ける。
腰を落とし、胸の位置で手を開いた。

何のつもりか。
しかし、先ほどのカウンターパンチもある。
まだ仕掛けを持っているかもしれない。
考え込んでいたって、相手に隙を与えるだけだ。躊躇わずに拳を撃ち込む。

銀杏の細い手が、ましろの拳を斜め上へと受け流す。さらに一歩踏み込んで、反対側の腕を突き出した。しかも、初めの位置から一歩も動いていない。

紙一重で、銀杏の掌打を避ける。距離を取り、構え直す。

「……詠春拳えいしゅんけん?」
「そうです。よくご存じで」

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く