ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

龍子、体格差に苦戦を強いられる

カメラマンは、特に迷惑がっている様子はない。事前にノーフューチャーと打ち合わせが行われていた様子である。

「何もかも、準備万端でしたって感じだな」
「そうだね」
龍子のセコンドとして、ましろは龍子の側を歩く。

何事だ、と、ギャラリーの学生たちが集まってくる。
「おーう、押されて泣かないでくださーい!」
クローディアが壁役となり、観客を抑えていた。

『さて、高校三年生、嵐山選手が入場して参りました。なんと、彼女は元バレーボール出身者という、異色ファイターであります』
実況と解説のおまけ付きだ。

嵐山のコスチュームが、バレーの試合で穿くようなショートパンツスタイルへと変わっている。白いバレーボールを脇に抱えている。

『嵐山静香選手は、以前までバレーボールの選手でしたが、ジゼル南武にスカウトされ、レスラーとして活躍しています』

突然、白いボールが龍子の目の前に飛んできた。
とっさに龍子は飛び退く。

『おっと、嵐山選手がムーンドラゴンを挑発! 強烈なアタックで砲撃!』

予備のボールを手首でトントンと弾ませ、弄ぶ。
ボールを凶器と見なされ、レフェリーにボールを取り上げらた。
それでも、悪びれた様子はない。

「舐められてるな」
「うん。でも、乗っちゃ駄目だよね」
撃ってきた側は、あくまで無表情を決め込む。

ゴング早々、嵐山選手が最接近してきた。一気に間合いを詰めてくる。
嵐山はフットワークこそ見せないが、高い身長を活かした威圧感を放ち、龍子に攻撃の隙を与えない。

これでは足を活かせず、打撃の効果が死んでしまう。
背後にあるロープの上に乗って、龍子は反動で跳躍した。ダイビングヘッドバットだ。

だが、龍子が飛ぶタイミングに合わせて、嵐山は同時に跳躍する。
強烈なスパイクが、龍子の頭部に炸裂。

『あっと! ムーンドラゴン選手、攻撃を撃ち落とされた!』

頭をふらつかせながらも、龍子はどうにか立ち上がる。

無表情な顔を浮かべて、嵐山は腰を低く構えた。

龍子が嵐山の周りを回って、攻撃の機会を窺う。サイドに周り、手を壊そうと関節を狙いに行く。

対する嵐山は、龍子と視線を逸らさない。動きを読んでいる。

このまま睨み合いが続くかと、ましろには思われた。
嵐山が、レシーブの様にスライディングを。違う、アレは、レシーブだ。龍子の足にレシーブを叩き込もうとする。

ロー攻撃をレシーブで行う人なんて、初めて見た。
これが格闘の世界か。様々な攻撃法がある。

龍子の両脚を捉えた瞬間、嵐山は龍子の股をくぐり、小さな身体を担ぎ上げた。
龍子の身体が持ち上がる。
頂点に達した瞬間、嵐山が足を広げ、龍子をマットに叩き落とす。

『おっとこれはスプラッシュマウンテンの姿勢に。あーっと、嵐山選手そのままジャンプ。コレは高い! まるでブロックのように』

龍子は眼を回しているのか、すぐに立ち上がってこない。
カウント八で立ち上がって、仕切り直す。グラウンドが苦手なのか、嵐山の追撃がなかったのが救いだ。

『今で決まりそうでしたね?』
『危なかったですね』

ビデオで対策は練っていたつもりだが、予想以上に動きが早い。
見るのと実際に闘うのでは勝手が違う。完全に自己流プロレスが完成している。

「龍子、大丈夫?」
「まだ、くたばるかよ」
龍子が水平に跳躍、ドロップキックによる人間離れしたロープワークを見せる。

うかつに近づけず、業を煮やした嵐山が、タイミングを見計らって跳び上がった。殺人スパイクで打撃を打ち込みに掛かる。

龍子はこれを狙っていた。自分を攻撃してきた腕にしがみつき、腕ひしぎ逆十字固めを決める。
「どうだ。これなら逃げられねぇぜ」

嵐山の表情が歪む。ところが、自分の腕を極められたまま、強引に跳んだ。またもスプラッシュマウンテンで、龍子をマットに叩き付ける。

『またもや形勢逆転! ここまで優勢だったムーン・ドラゴンでしたが、またしても、ピンチを迎えてしまった!』

「いいかげん降参したら?」
無機質な声が、倒れたままの龍子に向けられる。
「私は規格外すぎて、バレーだけでは満足できなくなっていた。バレーで居場所をなくした私は、ジゼル南武に生きる場所を提供してもらった。あなたに、そこまでの覚悟があるの?」

「……へへ。あたしだってな、負けられないんだよ」
フッと笑って、龍子は立ち上がった。ロープへと身体を振り、またもヘッドバットの体勢へ。

「まだやるの? 別にいいけど」
また、嵐山はスパイクで撃ち落とす気だ。

だが、龍子は空中で体勢を変える。スパイクのタイミングに合わせて、ヘッドシザーズを食らわせた。

彼女のスパイクは正確無比。それゆえに読みやすい。まだ戦闘に慣れていないのである。

プロレスは相手の技を受ける技術だ。いくら嵐山の殺人スパイクといえど、受け続けていれば、軌道を読むぐらい造作も無い。


『変則の三日月です! 嵐山選手、不意の三日月に脳天強打! これは立てません。ムーンドラゴン選手の勝利!』

嵐山はスパイクを打ちすぎた。いつ、どのタイミングで打ち込まれるか。それを察知できる程度の時間を与えてしまった。それが、敗因だ。

レフェリーから勝ち名乗りを受けた後、龍子は嵐山に歩み寄り、抱き合う。

「負けたわ。さすがね」
「そうでもないさ」と、龍子は首を振る。
「あんたにプロレスの経験がもっとあれば、あたしも危なかった」
「ありがとう、蒼月龍子」
この上ない称賛を受けて、嵐山の顔も綻ぶ。

「あなたにも、なんらかの因縁があるのね。このトーナメントに」
龍子は、嵐山の問いかけに答えない。ただ、白い歯を見せるだけだ。

「まあいいわ。次の試合も勝ち進んでね。私たちの分も」
「おう」と、龍子は手を強く握り返す。

「バーイ、マシロ!」
仕事を終えたクローディアが、嵐山を伴って去って行った。

「じゃあ、とっとと帰ろうぜ、ましろ!」
「まだです。じゃあ、撮影を再開しますね」
カメラマンの一言に、龍子は絶句した。

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く