ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

ましろ、茜と共演し、強烈な一撃をもらう

撮影現場は、スタジオではなく、はげ山である。

今日の撮影は、特別な日だ。なんといっても、いよいよ長谷川茜と共演できるのだから。

前回のヒーローショーでは、茜との共演は見送られた。
今日はちゃんと現場に現れている。

「緊張してる?」
同行したマキは、ましろの着替えや、準備運動まで手伝ってくれた。実戦に近い形で、殺陣の確認まで相手をしてくれる。

龍子は、ワコ館長とトレーニングだ。
「プロの現場に素人がいては場違いだ」と、同行しなかったのである。
ああ言っているが、あれでも長谷川茜を女優として認めていると分かった。

「さすがスター、現場を包む空気が違うわね」
マキが、撮影場所に漂う緊張感を代弁した。

長谷川茜は、役者用テントの中で、パイプ椅子に座ってメイクを行っている。

「挨拶をしてきます」
「気をつけてね」
マキに背中を押された。

「あの、大河ましろです。よろしくお願いします!」
我先に長谷川茜の元へ向かい、挨拶をする。よかった。どもらずに挨拶ができたと、内心で喜ぶ。

最初こそ呆気にとられていたが、「あ、はい。長谷川茜です」と、返事が返ってくる。
「昨日の試合、見たわよ。強いのね」

どうやら、茜はましろの格闘技のデビュー戦を見てくれたようだ。
ましろは、第一試合でプロボクサーと対戦した。いきなり、ワコのジムへ道場破りに現れたのである。
ましろは返り討ちにした。三分で決着を付ける。

「ありがとうございます! 今日はがんばりますので、よろしくお願いします!」
「ええ、そうね。お互い全力を尽くしましょう。それと、別に敬語じゃなくたっていいのよ」

茜の理屈は正しい。ましろと茜は同じ時期にデビューしているのだ。
「いいえ、長谷川さんは、トップモデルじゃないですか。わたしなんて」

茜は困ったような顔をして、ましろの前で立つ。
「経歴やキャリアは関係ないわ。仮にも私は敵役よ。あなたは主役。敵にペコペコしないで。子供が見たら幻滅するわ。ネットやスマートフォンが普及した今の時代、誰が見てるか、わからないんだから」

「はい、すいませんっ」
また頭を下げようとした。が、アゴを押さえられた。
「だから、堂々としていなさい、って言ったんだけど」
「はい。ごめんなさい」

本番行きます、とスタッフに呼ばれ、現場へ。
撮影する場面は、茜と自分が戦うアクションシーンである。
茜と距離が離す。

茜が殴るのに合わせて、体を左右へ振った。
下からのアングルで撮影される。
最後に、茜の蹴りがましろの胴へ当たるフリをする。
マットが敷かれた床へ、ましろが倒れ込む。
「はいOK!」

「本当に、これでいいの? もっと密着して戦った方が、印象的なんじゃ?」
マキが、不思議そうな顔で問いかけた。

「ちゃんと、当たっている風に見えますね」

実際の映像を見せてもらい、空間がいかに大事かが分かったようだ。。

距離が離れているのに、カメラアングルの影響で、ヒットしているように撮影されるのだ。
なのに、打撃の重さや臨場感は、全く損なわれていない。

「そうなんだ。密着しすぎると、カメラに攻撃が映らないんだよ」
「なるほど」とマキが相槌を打つ。

それにしても、茜の打撃には一切の妥協がない。
子供番組のはずなのに、まるでVシネマ並みの気迫だ。

当たっていないシーンで、この怖さである。
これがもし、ちゃんと当たるシーンだとしたら。
そう思うと、ましろはゾッとした。

「今度は、ワイヤー撮影に入ります」と、スタッフがましろを呼んだ。
「すいません。撮影するんでワイヤー巻いちゃいますね」
数名のスタッフが、ワイヤーのついたベルトをましろの腰に巻く。
「きつかったら行って下さい」
締め終わったベルトを、金具で固定する。

「次は当てるシーンなんで、ましろちゃん、気をつけてね」
監督が念を押す。

ましろと茜が、向かい合う形になって構えを取る。
ここから、ましろは茜の掌底を腹に受けて、敗北するシーンを撮るのだ。
掌底を食らった瞬間に、後ろのスタッフがワイヤーを引っ張る。
直後、ましろは後ろへ吹き飛ぶという演出だ。

カメラが回った。
瞬間、茜の頭が、一瞬でましろの懐に潜り込んでいた。
一メートルは距離が離れていたはずなのに。

「当てるわよ」
「――え」

呆気にとられている間にも、ましろの身体が吹き飛んでいた。

ましろが放物線を描き、マットに沈む。
ダメージこそないが、受けた者が浮くほどの攻撃だ。
この吹き飛び方は、ワイヤーの影響ではない。

「大丈夫ですか?」
ワイヤーを確認しながら、スタッフが駆け寄る。
「すいません。ワイヤーのタイミングがズレちゃいました」

「いえ、なんともありません。いい映像が撮れたと思います」
ましろは笑って立ち上がった。

さすって、腹部を確認する。
特に痛みはない。
叩き込まれたというより、押し出された感覚である。
もし、ダメージが乗っていたら、ましろは立てていただろうか。

一方、当の茜は平然としている。
技を繰り出した長谷川茜が、特に悪びれることもなく、歩み寄ってきた。
立とうとするましろを見下ろす。

「立てる?」と言い、手を差し伸べる。
言葉からは、心配と言うより、「立てるだろ」というイントネーションが含まれているみたいだ。

「平気です。自分で立てますから」
「いいから」
自力で立とうとしたましろの手首を、茜は掴んだ。
温かい、というより熱い。よく見ると、手から湯気が立っていた。
人間に、ここまでの熱が出せるのか、と思わせるほどの。

「どうして、よけなかったの?」
茜に指摘される。
「あなたなら、あのくらい余裕で回避できたはずよ。私が、手加減すると思っていた?」

「思っていません」
立ち上がって、ましろは首を振った。
「わたしは撮影を成功させたかったので。そこまで考えない、茜さんだとは思わなかったから」

あれだけ緊張していたのに。
やけに堂々と、長谷川茜を相手に話しているな、と、ましろは冷静になって思う。茜の前なので緊張はしているが、頭はスッキリしていた。

「そう。でも、次に会うときは、手加減しないわ」
ようやく、茜に認識されたか?
ましろは自己分析した。
「はい」と、ましろは返すのが精一杯だ。
「私を失望させないで」
そう言い残し、マキと入れ違いで、茜は背を向ける。

「大丈夫、ましろちゃん?」
大永マキが、ましろへと近づいて、身体を調べた。

「申し訳ありません!」
注意を受けたと思い込んだのか、ましろを囲んでいたスタッフが頭を下げる。

マキは両手を上げて、怒る意志はないと表現した。

「今の技は、蒼月流かしらね?」
「わかりません。わたしは蒼月流を学んで日が浅いので」

「いやあ、OKOK! すっごい臨場感が出てたよ、二人とも!」
監督が、頭の上に腕で大きくマルを描く。
「それより、ましろちゃん、大丈夫? 頭打ってない?」

「平気です」と、ましろは笑顔で返す。
「よかった。ありがとうね、すごかったよ。だけど、ごめんね。怖い思いさせちゃって」
「大丈夫です」

ましろの無事を確認した監督は、茜に声をかける。
「茜ちゃんも、今日はありがとね!」
「問題ありません。では、試合が近いので、私はこれで」

その日の撮影は終了した。外はどっぷりと日が暮れ、月が出ている。

マキの運転するスポーツカーで、家まで送ってもらう。

――私を、失望させないで。

茜の言葉が、耳からこびりついて離れない。

シートにもたれ、疲れが襲ってくる。
ましろはいつの間にか、眠りについていた。

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く