ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

ましろ、長谷川茜と再会する。が……

予選の最終試合が終わってすぐ、組み合わせ抽選会が行われた。

抽選会場である陸上競技場には、満員の観客が詰めかけている。

選手たちは、競技場の中央に集められていた。
だが、ひと枠足りない。いくら待っても、名前が呼ばれないのだ。

会場が騒然とする中、リングアナが司会を進行する。
『本大会において、特別に、ジゼル南部から刺客が送り込まれました。その名も、クライシス・キュンキュンピサロ!』

ヒップホップに乗って現れたのは、ましろのよく知っている人物だった。
「え、クロちゃん!?」

クローディア・ピサロである。派手な衣装にケバい化粧をしているが、爆乳と温和な雰囲気は隠せない。

「ましろ、知り合いか?」
隣にいる龍子が声をかけてきた。
「うん。クラスの留学生」

ブーイングと拍手の中、クローディアが配置につく。ましろに気づいて、手を振ってくる。

全員でくじを引き、抽選が終わった。
『えー、一回戦の組み合わせが決まりました』
ましろの出番はBブロック、龍子はAブロックだ。

「あっちゃーっ。ましろ、あんた、よりによって藤代会長がいる組かよ。クジ運が悪いな……」
番号札を持つ龍子が、頭を抱える。

トーナメント表を見た。
勝ち上がれば、藤代ふじいろ 銀杏いちょうというレスラーと戦うことになるらしい。

相手を見る。髪が長く、まるでスーパーモデルのような体型である。胸は控えめだが、大人の色気を感じた。

「そんなに強いの? あと、会長って何?」
「高校三年生で、時雨山女子しぐれやまじょしの生徒会長なんだ。去年のトーナメント優勝者だよ。一言で言うと優勝候補ってやつ」

プロレス団体『ノーフューチャー』のトップファイターだという。実力だけなら、ジゼル南武とも肩を並べられるとか。

「マジで? わたし、勝てる気がしないよ」
ましろも息を呑む。初戦から大物だ。

「まあ、あたしもセコンドに付くから」

運営委員から、重大な発表があると告げられた。
『今回の格闘大会ですが、試合日程、会場などは、特に指定しておりません』

運営委員の発言に、会場内が騒然となる。

『両者合意の場合、リングは用意致します。希望者は、いつ、どこで、試合を要求しても構いません』

「それって、いつ襲われるか分からないってことか?」
龍子の質問に、運営は『はい』と答えた。

会場のどよめきがさらに大きくなる。

『ただし、事前に運営の方に連絡がなければ違反として、失格と見なします。決められた選手以外の相手に試合を要求することも不可能です』

「連絡しとけば、襲撃し放題なんてな。笑えないぜ」
要するに、ストリートファイトになる可能性もあるということか。

「しつもーん」
選手の中でも特に背の低い少女が手を挙げる。
『はい、金剛院こんごういんさん』
「お客さんはどうするの?」
金剛院という少女が質問をする。Aブロックで、長谷川茜と当たる可能性がある選手だ。

「そうだそうだ」という声が、会場内から漏れ出す。

『ご安心を。ちゃんと事前に情報は確認できます』
試合時間や場所などは、ツブヤキ系サイトや、格闘技団体の公式ホームページなどで情報が公開されて、ゲリラ的に運営が行われる。
当日は生放送でネット配信だ。
どこにいようが放送衛星を通じて全世界に配信されるらしい。

『生で観戦できない方々のために、再放送もされます。見逃した方々はそちらをご利用下さい』
たかが女子高生同士の取っ組み合いなのに、かなり大規模な予算が掛かっている。

「マットはあるんだろ? まさか、コンクリートの上で試合しろなんて言わないよね?」
『もちろん。当日はリングが用意されてから、試合開始となります。準備などは、すべてこちらで行いますので、ご安心を』

なるほど、そういう準備をしなければならないから、事前連絡をしろと。

『なお、これらのサプライズ運営は、準決勝までです。決勝は、この会場で行われます』

それまでは、いつどこで試合が行われるか分からない。

「悪い、ましろ。どうやら、あんたのセコンドにつくって約束は守れそうにないぜ」
「いいよ。何とかやってみる」
これでも、格闘家の端くれだ。人に頼らず、できるところまでやる。

説明会の終了間際、長谷川茜の姿が瞳に飛び込んできた。
今追わなければ、もう声をかけられないような気がする。

「あの、はじめまして」といい、ぺこりとお辞儀をした。
「あなたは?」
長谷川茜は、首をかしげた。
「小学六年の空手選手権であなたと戦うはずだった、大河ましろです」

もう一度、頭を下げる。
茜は、パッと何かを思い出したような顔になった。
「ああ、あなたが。そう。あなたが」
一言だけ発し、茜はうなずき続ける。まるで、何か考えを巡らせるように。

何事か、ましろは心配しつつも茜の行動を見守った。

「これも何かの縁でしょうね。決勝で会いましょう。会えればだけど」
茜が、ましろに背を向けた。

「おい、茜、決勝でましろと当たるのは、あたしだぜ」
龍子が、茜の前に立つ。

「ああ、あんたもいたわね。蒼月 龍子」
「茜、今ここであんたを叩き潰したいが、勝負は預けておくぜ」

静かなにらみ合いが続く。

「ましろ、なにかありましたか?」
まったく空気を読まず、クローディアが寄ってきた。
「二人は、同門なんだって」
「OH、オナジアナノムジナですね!」
「それを言うなら、『同じ釜の飯を食った仲』だよ、クロちゃん……」

それにしても、クローディアがノーフューチャーだなんて。
いやでも、カレイドスコープと敵対してしまうではないか。

「ノープロブレム。学校で襲いかかったりはしません。ましろが激辛ダメなのも、教えないね」
「クロちゃん!」

「ではシーユー、マシロ」
どこまでも脳天気なクローディアが、茜を引っ張って帰って行った。
茜は心底迷惑そうだったが。

一瞬、不穏な空気に包まれたが、クローディアのおかげで毒気が抜かれたようだ。

「あたしらも帰って特訓しようぜ、ましろ」
「そうだね」
龍子を連れて、ましろは会場を去った。

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く