ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

茜、同期と口論になる

茜は、次の試合に向けて、ノーフューチャーのジムでハイキックの調整をしていた。

マシンのコーナーでは、前回の試合で龍子に敗北したスカルクロー二号が、反省会をしている。

「まだ首が痛い。あの社長、マジで容赦ないな」
マシンに腰掛けながら、スカルクロー二号が首元に手を添える。

「でも、社長の言うことはもっともよ。情けない試合をしたのはこっちよ」
冷静に、。一号が分析した。
「単に油断してたんだ! 次は必ず勝つさ!」
スカルクローのメンバー同士で、口論になる。

「そうは思えないわね」
冷めた視線を向け、二人の会話を、茜が遮る。

「そもそも油断なんかする時点で負けているってのに、準備して勝てるなら苦労はしないわよ」
「なんだと!?」
二号が、茜のタンクトップを掴んで引っ張った。
道場内は、一気に熱を帯び始める。

「やめなさいよ、二人とも。茜ちゃんだって無関係でしょ?」
「あたしだってノーフューチャーよ。彼女の失態は見過ごせないわ」
「ああそうかい! だったら、ここであんたとやってやる!」
包囲網を突破したスカルクロー二号が、茜に掴みかかろうとした。

「やめなさい」
「何だ、と……!?」
背後から挑発を受けて、二号が振り返る。

長身の女性が、二号の後ろにいた。
藤代ふじしろ 銀杏いちよう……」
言った直後、二号は黙り込む。

前回行われた、女子高生格闘トーナメントの優勝者だ。
ウェーブの掛かった金色の長い髪をなびかせた。立っているだけで、異様なまでに強者のオーラを放つ。銀杏は常時笑顔で、おおらかな女性のようだ。
圧倒的な存在感に、茜ですら圧倒される。

「そうだよ。負け犬は引っ込んでてよ」
もう一つの声に、他のレスラーがざわつく。

金剛院こんごういん かのんもいるぞ」
「二人とも、トーナメントの優勝候補よ」
茜とスカルクローのケンカに興奮していたレスラーたちも、すっかり静まりかえる。
ノーフューチャーのツートップが出現したことで。

銀杏の相棒は、ショートヘアで身長の低い細身の少女である。
常に気だるそうで、猫背が印象的だ。端から見れば美少年そのものである。
彼女を知らない人が見れば、「女子プロレスラーのジムに少年が紛れ込んでいる」と誤解するだろう。

「運も実力のうち。それを油断で片付けてしまうのは、まだ修行が足りない証拠ですわ」
と、銀杏は持論を述べる。

「まあ、ノーフューチャーの宣伝はボクたちに任せてよ。ふわぁ」
金剛院はいわゆる「ボクッ娘」という人種である。見た目が男の子っぽいこともあり、違和感を人に与えない。

「……ちっ」
不機嫌そうな顔を浮かべて、スカルクロー二号は渋々トレーニングを始める。

ノーフューチャーでも人一倍血の気の多いスカルクロー二号が、あっけなく身を退いた。
それだけの力を、この二人は持っているのだ。

「あなたが長谷川茜さんさんですわね。始めまして、藤代銀杏ですわ」
腰に手を当て、片方の手を差し出す。

茜は素直に握手に応じた。
彼女は、ギスギスした空気を一瞬で変えるような空気を出す。

「存じ上げてます。高校生プロレス王決定戦、個人戦優勝、おめでとうございます」
「ありがとうございます。けれど、あなたが参戦していたら、どうなっていましたか」

個人戦で優勝しただけでは決して満足せず、驕り高ぶらない。銀杏はそういう人物である。だからこそ、茜も彼女だけは尊敬していた。

「ちょっとぉ、個人戦三位のボクも褒めて褒めて」
銀杏と茜の間に、金剛院が割って入ってきた。

「はい。おめでとうございます……」
素っ気なく受け答えしてしまう。素直なタイプの銀杏に対し、金剛院は飄々としていて、掴みどころがない。まるで、ジゼル南部を彷彿とさせて。

「うーん。なんか、態度が全然違うみたいに思えるんだけどぉ?」
「そんなことありませんよ。お二人とも、格闘選手権予選突破おめでとうございます」

「さんきゅーっ」と、金剛院が手を振った。
銀杏は黙礼。余り多く語らず、木訥とした性格だ。

「茜さん、あなたも是非、決勝まで勝ち進んで下さいませ。全力でお相手させていただきますわ」

銀杏の言葉には嫌味を感じない。
自分の強さも弱さも全部受け入れる体質のようだ。
見た目からして、高飛車なお嬢様のイメージがしたが。
「はい。決勝でお待ちしています」

「おまたせね。道に迷いました」
しんみりとした雰囲気をぶち壊すかのように、マシュマロ系の女子が道場に入室した。
みたところ、外国人だ。留学生らしいが。

「お、来た来た」と金剛院。
銀杏が留学生の前に立ち、紹介する。
「ご紹介します。今日から新しく、ノーフューチャーの一員となる、クローディア・ピサロさんですわ」

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く