ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

ましろ、両親の過去を知る

「蒼月龍子に会うた!?」
夕飯中、ましろの母親が地元訛りで悔しがる。

声優である母は、とっさに訛りが出てしまうといけない。なので、職場では標準語で話すように求められている。その反動で、家だと関西弁が飛び交う。

思わずましろはむせた。ごはん粒を噴き飛ばしそうになる。

「あんた、なんで引き留めてくれへんかったん!? サイン欲しかったのに!」
「急ぎやってんもん。わたしにも何が何だか。いつの間にか格闘家にされてもうたし」
ましろも、家だとリラックスして、関西弁が漏れてしまう。

「ホワイト・ティグリスは、徒手空拳で戦う魔法少女やからね」
自分の対面にいる父も、ホワイト・ティグリスを知っているようだ。

大永マキからは、「ホワイト・ティグリスは、格闘技で相手を浄化する魔法少女である」と説明を受けた。

「あんた、自分が演じる役の詳細も知らんかったん?」
「なんで、お母ちゃんが知ってるん?」
「あのなぁ。アニメ版ティグリスの声当ててんの、お母ちゃんやで」
「嘘ぉ!?」

人気声優のため、母親の仕事内容は家庭内でも秘密になっている。
ましろは情報漏洩を防ぐため、母親の仕事の詳細など知ろうとしなかった。
ホワイト・ティグリスが子供向け番組なことも、ましろの視聴を遠ざけた要因である。

「あんた、長谷川茜ちゃんの名前しか見てへんかったやろ?」
図星を付かれ、今度こそましろはむせた。

ましろはバイトだったので、ロクなデータ取りもしていない。
長谷川茜の事しか頭になかったためだ。

「お母ちゃん的には、長谷川茜ちゃんより龍子ちゃんに会いたかったわ」
「龍子って、そんなに有名なん?」
「カレイドスコープ期待のホープやん。あの娘のリングネーム、ムーン・ドラゴンっていうやんか? あれな、ホワイト・ティグリスのパートナー役に似せたイメージキャラやからね」

母の言葉を聞きながら、父親もうんうんと唸る。
「花があるんよな、あの娘。長谷川茜ちゃんとは対極にいる娘やけど」

父の言うとおり、龍子は戦っているときが最も活き活きしてる。
普段は粗暴だが、決していい加減な性格ではないと確信できる。

「ストリートファイト、することになったんやろ? やっていけそうか?」
「ホンマのこと言うたら、怖い」
父からの問いかけに、ましろは本音で答えた。

「でも、せっかく長谷川茜さんと、今度は試合できるかも知れへんから、ダメ元で頑張ってみる。お父ちゃんに教えてもらった空手がどこまで通じるか、わたしにもわからへん。けど、恥ずかしくない試合がしたい」
それは何の含みもない気持ちだ。

最初は、長谷川茜に近づければよかった。
それだけでも、自分の中で何かが変わるのではないかと。

しかし、龍子はましろを未知のエリアに引っ張り込もうとしている。
ここは、自分の引っ込み思案を抑え、前に進むべきだと考えた。

「そうか……」
父はしみじみと、緑茶をすする。
「ん? お父ちゃんどないしたん?」
ましろが問いかけると、ああ、と父親は引っ込んでしまった。

「無理すなよ、ましろ」
「うん。心配してくれてんの?」
「当たり前やんけ」
「ありがと」

父よ、娘に微笑まれたくらいで涙ぐむのはやめてくれ。

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く