ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

ましろ、リングで妖怪と出会う

続いて、龍子の試合が始まる。
彼女のリングネームは、「ムーンドラゴン」と言うらしい。
ましろはジャージに着替え、セコンドにつく。ましろは正規の選手ではないが、特別に許可をもらった。龍子が口を利いてくれたのだ。

相手は、ましろと同じマスクマン、スカルクロー二号である。
ましろが戦った相手を、白黒反転させたようなビジュアルだ。
ましろのときと同じように、龍子と対戦相手はお互い円を描き、睨み合いを続ける。

二人同時に組み付いた。首相撲の姿勢、プロレスではよく見る光景だ。
ロープに龍子が振られる。龍子の小柄な身体が跳ね返った。
戻ってきた龍子の胴体を掴み、二号が後ろへ身体を仰け反らせる。裏投げだ。
マットに叩き付けられ、龍子の身体がバウンドした。

「龍子!」
ましろが声をかけると、サムズアップで龍子は応えた。
だが、反撃する様子はない。

相手が龍子に覆い被さり、マウントの体制を取ろうする。

瞬間、龍子が跳ね起きた。
困惑した相手の身体を、ロープへと放り投げる。同時に跳躍し、戻ってきた相手選手の首を、右腕で巻き取る。そのまま引き寄せて、脇で挟み込んだ。次の瞬間、龍子がグルッと宙返りする。
相手の脳天が、マットに沈んだ。

『三日月です! 相手の首を脇に挟み込んで一回転しマットに沈めるDDT。通称「三日月」で、ムーンドラゴン選手がダウンを取りました! ムーン・ドラゴン選手、予選第一試合突破です!』

実況アナが技の説明をする。
確かに鮮やかだった。これがプロレスなのか。

しかし、トラブルが起きた。龍子が勝ち名乗りを請けようとしていた矢先、スカルクロー二号がレフェリーを突き飛ばしたのだ。
「龍子、あんたどういうつもりだ! 説明しな!」

『おっと、待って下さい。ここで相手選手側から抗議が入りました。ノーフューチャー、スカルクロー二号選手がリング上で言い争っています。一号も上がってきた』

スカルクロー二号が、レフェリーに詰め寄った。ロープを揺さぶりながら地団駄を踏んでいる。
ましろ対スカルクロー一号の試合結果に、納得していないようだ。

「待ちなさぁい」
妙に気の抜けた声が、リング外から聞こえた。マイクを持っていないというのに、よく通る声である。

「ジゼル南武だ!」と、観客の一人が叫ぶ。
それを皮切りに、場内が一斉にわき上がった。

前髪をまっすぐに切り揃えた三〇代くらいの女性が並ぶ。こちらは紫のビキニを身に纏い、白くて長いフェイクファーを首に巻いている。

反対の花道からは大永マキも現れた。
紫の衣装がリングに上がり、マイクをレフェリーから受け取る。

「あんたたち、これ以上ウチの評判を汚さないでよねん」
どうも、先ほどリング外で聞こえた声は、ジゼル南武からもたらされたようだ。
「あんたは負けたのよん。おとなしく引き下がりなさいな」

「ですが、非公式の対戦相手に負けたとあっては、ノーフューチャーの威厳に……」
二号の抗議は止まらない。
「って言っているけどぉ、どうなんですかぁ、社長?」

話を振られ、大永マキ社長は咳払いのあと、マイクを握る。
「ティグリスは、うちの選手よ。一号は、うちの用意した相手に負けたの。この試合結果は、覆らないわ」

大永マキの発言を不服に思ったのだろう。スカルクロー二号がリング下にいる大永につっかかろうと、身を乗り出す。

そこに、リング上のジゼル南武が立ちはだかる。
「どいて下さい」と、スカルクロー二号がジゼル南武の横を通り過ぎようとする。
「どこの馬の骨ともわからない相手をリングに上げるなんて」

ジゼルが手の平を自分の頭の上に上げる。

「だからさぁ……えいっ」

二号に向けて、ジゼル南武が腕を振り下ろす。
平手打ちだ。

スカルクロー二号の身体が斜めに「落下」した。
厳密には倒れ込んだ。が、あまりのビンタの威力に「打ち落とされた」としか表現できない。

まるでボールを払い落とすかのように、ジゼル南武はビンタ一発で、スカルクロー二号の巨体をマットに叩き付けた。

盛り上がっていた観客の声が、一気に静まりかえる。

「その『どこの馬の骨ともわからない人』さんに、あんたたちは負けたのよん。それを言ってるの。これはどう言い訳するのかなぁ?」

しゃがみこんだジゼルは、指先で二号の顎を撫でた。
その動作だけで、二号は全身に鳥肌が立ち、汗が玉のように噴き出す。

「まだ、何か文句があるのん? 言っとくけど、大永マキはあたしより強いわよん?」
「……ありません」
「それじゃあ、リングを降りなさいな」
言われるまま、スカルクロー二号は、一号の肩を借りながらリングアウトした。

「ごめんねぇ、龍子ちゃん。嫌な思いさせて。予選突破おめでとさん」
何事もなかったかのように、ジゼル南武は龍子に手を振る。

「いえ」と、龍子は言葉少なに頭を下げた。龍子もこんな顔をするのか。

「それと、あなた誰? マッキーんとこの新人さん?」
「いえ、わたしは……」

無理やり連れてこられたと言うべきか?
いや、この女性は少しとっつきにくい。
下手なことを言えば、話がややこしくなりそうだ。そうなるとここを離れづらくなる。

「待って」
状況を打開したのは、大永マキであった。
「敵に詳しい事情を説明してあげる義理はないわ。彼女はカレイドスコープ預かりよ。細かいデータは後日にでも発表するわ」

ジゼルは案外黙って聞いていた。もっと異議を申し立てると思っていたが。
「それでいいわね、龍子?」
「ああ」と、龍子もマキ社長の意見に納得したようだ。
「じゃあジゼル、そういうことだから」

「ふーん。それでオッケーよん。まあ、誰が来ようと勝つのはウチら、ノーフューチャーだからねぇ」
ましろや龍子に興味をなくしたのか、ジゼルはおとなしく引き下がった。

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く