ましろ・ストリート

しーとみ@映画愛好家

ましろ……初陣っ!

龍子に連れられ、訪れた先は、四角いリングの上であった。
ずっと手を引かれ、無理やりマットに上がらされる。

辺り一面、龍子を称える歓声が飛び交う。
同時に、困惑したような声が、アチコチから聞こえてきた。

『お聞き下さい、この大歓声! ムーンドラゴンが、謎のレスラーを引き連れての参戦。しかも、現在テレビ放送中の、魔法天使ホワイト・ティグリスのいでたちであります!』
実況アナウンサーがハイテンションでましろの姿を描写する。

龍子が、リングアナからマイクを取り上げた。対戦相手であろう人物を指差す。
「おい、スカルクロー! こいつがお前の挑戦者だぜ!」

相手は黒のレオタードで構成されており、背中にドクロの入れ墨をしている。ガイコツを象ったマスクを被っていた。
龍子の挑発を受けると、相手はわざとらしく肩をすぼめる。

馬鹿にされた気がした。ましろは腹を立てる。

レフェリーが、ましろの前にやってきた。
「そう言ってますが、参戦の意志は?」

「えっと、そんなこと言われても」
どう言い訳しようか。
「アリだ」
もたついていたせいで、ましろは龍子に口を塞がれてしまった。

「リングネームは?」
「ホワイト・ティグリス。そのまんまで」
そう言って、龍子はましろの背中に生えた羽をむしり取った。

選手紹介の場面となり、レフェリーがましろをホワイト・ティグリスと紹介する。

「わたし、顔出しだけど、いいの?」
「ティグリスだって顔出しじゃん。平気さ」
そう言って、龍子はロープへ引っ込もうとする。

すかさず、龍子の肩を掴む。
「ちょっと待ってよ。いくらなんでも勝手だよ! わたし、プロレスなんて」
「平気だって。相手も格下だ。さっきくらいに動けたら勝てるって。これはプロレスじゃない。アルティメットルールだ」

なんでもあり、ってことか。
寝技も立ち技も、蹴りも絞め技もOKのルールだ。
脊髄や、急所攻撃以外は何をしてもかまわない。

「ちょっと待ってよ龍子! どうやって動けばいいの?」
いきなりリングサイドに戻って、ましろは龍子を呼んだ。
「とにかく戦えばいいんだよ。ほら来た。後ろだ」

「ルールの説明をします。両者前へ」
レフェリーが言う。
「行きな」と、龍子はましろの肩を叩いた。ロープの向こうへと消える。

ルールは一ラウンド勝負だ。
どちらかがダウンするか、降参するかで勝敗が決まる。
ダウンして一〇カウント取られたら負け。ロープブレイクはアリ。打撃、寝技あり。

「ラウンドワン!」
レフェリーが宣言した直後、ゴングが鳴った。

身長の高いスカルクローが突進してきた。
とっさに回り込んで、タックルをさばく。
スカルクローも様子見だったらしく、特に悔しがる様子はない。

円を描きながら、深呼吸を二つ繰り返し、隙を窺う。
スカルが立ち止まり、手を伸ばしてきた。
ましろも、手を握ったり閉じたりして、どうすべきか頭を巡らせる。

相手は身体が大きい。すぐに潰してくるのではないか。
だが、これは競技だ。むしろ挑発に乗ってやるべきなのでは。
様々な考えが錯綜する。

「ホントに無理だって!」
またロープに戻って、龍子に抗議した。
「大丈夫、やればできるってば。また来たぞ」
龍子の声に振り返る。

スカルの視線が動く。殺気の籠もった手刀が、ましろの肩をかすめた。

「ビビって声も出ないか? ああ?」
舐めきったような目つきで、スカルはましろを嘲笑う。

ここまでバカにされたら、引き下がれない。
敵の膝めがけ、ローキックを繰り出す。数度、蹴りを入れては引く。敵が突っ込んできたらカウンターを見舞おうと考えての作戦。

だが、相手は挑発には乗ってこない。
スカルは力比べから潰しに掛かろうとしていた。瞬殺狙いだろう。あくまでも自分のペースを貫こうとしているようだ。

ならば、こっちも乗ってやる道理はない。自分の得意な距離を保つ。
敵も諦めたのだろう。伸ばしていた手を降ろす。
もう一度ローを繰り出した。

「待て、ワナだ!」
すぐ後ろで、龍子の叫び声が。

だが、遅かった。
ローキックは敵の手の平に吸い込まれる。スカルに足首を掴まれ、ましろは簡単に寝転がらされてしまった。

俯せになったところで、重量のある身体がのしかかる。スカルはましろの背に座りながら、アキレス腱を極める。

足首を捻られるような痛みが走った。
声を上げそうになるところで、踏ん張る。

「ましろ、ブレイクだ!」
龍子がリングサイドから檄を飛ばす。
ホフク前進で、ロープへとにじり寄っていく。だが、ましろの手は届かない。
このままでは、ギブアップを決められてしまう。

「転がれましろ、転がるんだ!」
ロープの後ろで龍子が絶叫した。

言うとおり、転がってロープまで近づく。
その度に、足首がねじ切れそうな激痛がましろを追い詰める。
何とかロープを掴んだ。

「ブレイク!」とレフェリーがましろと相手側の間に入り、引きはがす。

すかさず立ち上がって、体制を立て直した。
足は大丈夫そうだ。特にダメージはない。すぐに痛みも引いた。
本気ではない? いや、確かにあの痛みは本物だ。悲鳴を上げそうなほどの激痛だった。

「あの人、本気じゃないみたいだった」
「対戦相手をキレさせる戦法さ。人を怒らせるのがうまいんだよ、あいつ。で、挑発に乗ったところを仕留める。次は掴まれるなよ」

プロレスラーか。戦っていて、実に楽しい。
ここまで付き合ってくれるなんて。でも、もう終わりだ。ここで決める。

ましろの格闘家としてのエンジンが掛かり始めた。空手のフォームで構える。隙を狙ってハイキックを相手の首に打ち込んだ。

分厚いゴムのような感触が、足に伝わってくる。
相手の顔が大きく仰け反った。クリーンヒットだ。

なのに、分厚い首の筋肉に、攻撃が簡単に吸収されてしまったようである。敵は二、三歩後ろに下がっただけだ。

大したダメージにはなっていない? いや、よく相手を観察しろ。強がってるだけだ。

続いて正拳突きを繰り出す。
ドン、という鈍い音と共に、拳が相手の胸板に突き刺さる。
まるで、石の詰まった砂袋を叩いているような。急所に食らわせたはずなのに。

一発ではダメか。ならば、ラッシュはどうだ。

スカルに連続攻撃を叩き込む。今度は掴まれないように、打ち込んでは素早く手足を引く。

急所へ続けざまにダメージを負って、さすがのスカルも顔が青ざめ始めた。
防御したところが急所となり、徐々に相手のガードが下がっていく。
そこを、ましろは追撃した。

『おおっとホワイト・ティグリス、猛烈なラッシュ! スカルクロー動けない』

スカルクローは抵抗を見せたが、龍子ほどのタフさはなかったようだ。あっけなくダウンする。
起き上がることなく、勝敗が決した。

ざわついていた観客たちの声が、ましろを賞賛する歓声に変わった。

『新人のティグリス選手、KO勝利を決めました! これにより、ホワイトティグリス選手、全国女子高生バトルトーナメント、予選第一試合突破です』

この全国女子高生バトルトーナメントとやらがどんな試合かわからない。
が、ましろはプロ相手に勝ってしまったのは事実のようだ。

試合が終わり、スカルクローが立ち上がる。
「あんた、強いね。見直したよ」
スカルクローに抱きしめられた。
「いえ、そんな」
「次は本戦だから。がんばんなよ」
「ええ、あ、はい……」
満足しきった顔で、スカルクロー選手はリングのロープをくぐって去って行く。

「ましろ・ストリート」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く