クラス転移で神の力貰ってしまったのだが

三日月

第6話〜戦闘前〜

朝になり俺は中庭に向かっていた、昨日言われた通り赤城と戦うためだ。

「一体どうすれば勝てるんだ?」 

そう思ってしまう、いくら神の力を持っていてもみんなの前で使えば目立つに決まってるし、あの王に見られたら殺されちゃう。 

「何か悩みかね?小林君」 

「はい、アルバートさん実は今日の戦いなんですけど勝てる気がしなくて」 

「まぁお前はステータスが弱いからな」 

この人までそんなこと言うのかよ、この国に味方はいないのか?

「でも、勝てないわけじゃないぞ」 

「どう言う意味ですか?」 

「今日の戦いなのだが、先に一撃でも攻撃を当てた方が勝ちというルールでな」
「先に一撃ということは、何か適当に物を投げてそれが当たっても勝ちになるということだ」 

なんと!確かにそれなら勝機はあるかもな

「そこで君にはこの剣とナイフをあげよう」 

そう言って渡されたのは何も無いシンプルな剣と五本のナイフだった。 

「ありがとうございます、でも何故くれるんですか?」 

「相手は格闘家だ近接戦闘になるのは分かって、だからそれ用の剣と相手が近づいてくる前に一撃当てるためのナイフだ」 

「なるほど、一撃当てれば勝ちというルールなら近づいてくる前にナイフを投げて当たれば勝ちだし、仮に近づかれても剣で一撃当てればいいということですね」 

「ま、大雑把に言えばそんな感じかな」 

「でも、何故こんなによくしてくれるんですか?」 

「あぁ、実は俺も昔はステータスが低くて馬鹿にされててな、だからお前がステータス低いからと馬鹿にされてるのがイラついたんだ、それで力を貸したあげるわけだな」

「そうだったんですね、ご期待に添えるよう頑張ります」 

「おう頑張れ、死ぬことはないから全力でやれよ」 

「はい!」 

そう言ってアルバートさんは去ってしまった、それにしても一撃当てれば勝ちか確かに簡単だが相手はチート並みのステータスだしそう上手くいくのかな? 

中庭が近づいてくる、もう赤城はいるのだろうか?

「あの明彦くん」 

「誰だ!」 

「あの、私です水原千代です。」 

水原?そんな人いたかな?

「それで何の用なんだ」 

「はい、赤城君と戦うって聞いて応援しに来たんです!」 

まさか応援してくれる人がいるとは、これは頑張らなきゃな

「そうだったのか、ありがとう」 
「まぁ勝てる保証はないけど頑張ってみるよ」 

「うん、私も全力で応援するから頑張ってね」 

「まかせとけ!」 

そう言って俺は中庭に向かった、この廊下長いな、にしてもあんな子がいたとは全く知らなかったなにせクラスでは静かに過ごしてきたから誰との接点も無かったわけだしな

そして俺は中庭に着いた、そこはかなり広くて確かに戦うには良さそうなところだったしかし、何故こんな場所を知ってたんだろうか? 

「来たか雑魚、早速やろうぜまぁ俺にかかれば瞬殺だがな」 

周りには他のクラスの人や王様、カミラとアルバートさんがいた、あとは何か変な黒いローブを着た人が居るけど誰だあいつ? 

「ちょっと待って準備とかするから」 

そう言って俺は剣とナイフを腰につけた、初めての戦闘だが大丈夫かな?まっ相手も殺す気でやるわけではないだろうし大丈夫か

そして俺は赤城と向かい合った、相手は特に装備をしてなかったが格闘家だからだろう

「それでは赤城智也対小林明彦の模擬試合を始めますルールは一撃でも攻撃を当てた方が勝ちそれ以外は特にありません」 

ルール緩いな、こんなんで大丈夫なのか?

「それでは、初めてください」 

試合が始まったまぁ死なない程度にやりますか


「クラス転移で神の力貰ってしまったのだが」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く