記憶が戻ったら自重しない〜ファンタジーな世界で好き勝手生きる

ノベルバユーザー365008

最近見るようになった夢

「ティアぁぁぁああ!!!!」


少年は目を覚ました。


「はぁはぁ…夢?…あれ?なんの夢を見てたんだっけ懐かしい夢だったな…」


ドンドンドン

ガチャ

そう思ってると義妹の雪菜が入ってきた。


「お兄ちゃん!大丈夫?なんか叫んでてたし」

「う、うん…大丈夫だよ雪菜。」

「もう、最近ずっとじゃん叫んで起きるの…」


心配そうな目でこちらを見てくる。雪菜の言うとうり最近ずっと変な夢を見てる夢の内容は起きたら忘れてて目には少量の涙ずっとこんな事が起きてるから心配してるようだ。
僕もなんで泣いてるのか不思議に思っていた。


「本当に『俺』は大丈夫だよ」

「え?『俺』?いつも『僕』だったのに」

「うん?『僕』そんなこと言った?」


不思議そうに僕を見てくる雪菜


「ううん、なんでもないよ…」

「よしっ!朝ごはん食べようか雪菜」

「うん!」


朝ごはんを食べて学校に行く準備をした。


ピーポン

チャイムが鳴った。


「あっ沙耶ちゃん来たみたいだよー」

「うん」


チャイムを押したのは東雲沙耶、僕の幼馴染だそうだ。記憶がないのでホントなのかは分からないだけど僕は妹を信じて一緒にいるそして家が隣なのでいつも一緒に登校してる。


「おはよう沙耶」

「おはよう沙耶ちゃん」

「うん、おはよ雪菜ちゃん海斗」

「じゃあ2人ともいってらしゃい」


軽く挨拶をし学校へ向かった雪菜は学校には行かない…雪菜はクラスの女子のイジメで登校しなくなってしまった。僕も雪菜にいじめた奴に怒りたいけどその勇気がない…兄として不甲斐ない…

沙耶と軽く雑談をしながら学校へ向かって居ると、いつの間にか学校に着いていた。直ぐ教室に入り自分の机に向かった。


「ふぅ…あの人たち今日は絡んでこないように…」


あの人たちというのは、僕をいじめてる人だ名前は忘れたけど心の中で色々とあだ名をつけてる。
本当に絡まないで欲しいな…


「良かった…今日は絡んでこなかった…」


昼休憩になり安心のため息をしてると3人の人がニヤニヤ顔でこちらに向かってきた。


「猫又~お前体育館裏に来いよーニヤニヤ」


そう言うとニヤニヤしながら教室を出ていった


「はぁ…」 


溜息を着きながら教室を見渡した。幸い沙耶がないないから安心した。沙耶がいると絶対止めてくるから面倒な事になるからね…

体育館裏に着き3人の不良達がイライラ顔で待っていた。


「おせぇーぞお前!ちんたら歩いてんじゃねえーよ」

「ゴフッ」


そう言いながら不良のリーダっぽい人が溝内を殴りつけてきた。


「や、めて…」

「あぁ?!誰に口聞いてんだよぉ」 

「ゴフッガハァ」


足に蹴りを入れられまた溝内に殴りを入れられた。


「ゴホゴホオェェェェェ」

「うへー汚ねー」

「汚ねーケケケケ」

「ケケケケ」


殴られた事でさっき食べた昼食を吐き出した。


「今日は、この辺にしといてやるよぉニヤニヤ」 

「ゴミクズがゲスゲスゲス」

「ケケケケ」


いつものように僕が嘔吐をするまで暴力を振るわれられそして満足したら帰る不良たち


「はぁはぁ…顔洗いに行こ…」


嘔吐したことで汚くなった顔を洗いに行くことにした。


ーーーーーーーーーーーーーーー


時間は過ぎ帰りの時刻になった。


「海斗~帰ろー」

「う、うん」


沙耶が帰りの準備を終わらせて僕にいってきた教室の皆からの睨みに耐えながら教室を出て帰った。


「じゃあ明日は日直があるから先に学校行く ねじゃあまたね海斗」

「うん、またね」


そう言いながら別れの挨拶をした。


「ただいま~」

「おかえり、お兄ちゃん」

「ご飯にする?お風呂にする?それともワ・タ・シ?」

「うーんお風呂先に入ろっかな」

「もう!そこはワタシでしょ!わかったよご飯作っとくからね」

「うん、わかったよ」


いつもの茶番を終え部屋に入り荷物を置き風呂に入った。


「ふぅ、サッパリした」

「あ!お兄ちゃんご飯出来たから早く食べよー」

「うん?わかったよ」


食卓の席に座り夜ご飯を食べる。


「いただきます」

「いただきます」

「モグモグ」

「モグモグ」

「あ、そうだ雪菜、転校とか考えてないか?」 


ずっとしようと思ってた雪菜の学校の転校の話に入った。


「嫌だ…もうやだ…」

「はぁ、わかったよごめんね」

「ううん。」


トラウマが蘇ってようだ。この話はもうしないことにした。

その後はしばらくの沈黙が続き食べ終わった。


「雪菜おいでなでなでしてあげる。」

「う、うん!」


いつもは雪菜からおねだりをしないとやらないが今日は特別に誘ってあげた。雪菜はこう見えて寂しがり屋でいつもなでなでを要求してくる。

僕も雪菜を撫でると落ち着くんだよなぁ~


「ナデナデ」 

「気持ちいか?」

「えへへ、きもち~…///」


照れながら微笑み返す雪菜はまるで天使だった僕は決してシスコンではないよ…

しばらくナデナデをしていたらいつの間にか雪菜は寝ていた。


「はぁ…寝ちゃったか、よいしょっと」


雪菜を起こさないように抱き上げ雪菜の部屋まで連れていった。


「おやすみ、雪菜…」


部屋に入りなにをするか考えた。


「僕も寝るか、なんか今日すごく眠いし。」


今の時刻は7時丁度だった新刊のラノベを少し拝見して眠ることにした



「記憶が戻ったら自重しない〜ファンタジーな世界で好き勝手生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く