記憶が戻ったら自重しない〜ファンタジーな世界で好き勝手生きる

ノベルバユーザー365008

プロローグ

ここの世界の名は《アルシア》

剣と魔法が常識な世界。

この世界には魔神王と名乗る神…いや世界の天敵が居る。

そんな中1人魔神王を倒す宿命を持つ少年が居た。

少年はこの世界の人間ではなく異世界…そう地球からの転移者だった。

そんな少年を転移してきた時からずっと支 えてる1人の少女が居た。

その少女は貴族でもなく王族でもない小さな村に住んでた少女。

少女は生まれながらにして賢者としての称号があった。

故に勇者として転移をした少年の相棒として一緒に冒険をする事になった。

少年と少女は魔神王を倒すための冒険をし て行く中でいつの間にか2人は愛し合うよ

うになった。

それから一年後魔神王の城の前までやってきた2人は魔神王との戦闘に入った。

最初は魔神王を押していたが戦闘をしていく度にだんだんと魔神王が2人を押してい

た。



そんな時、魔神王が魔法を放った。

その魔法に当たったのは少女だった。

その少女はその魔法でチリになり絶命した




── 少年は少女守れなかったことで自分

にたいし…







── 少年は自分の弱さにたいし…







── 少年はそれを見て笑ってる魔神王に…








── 少年は怒り狂った。







少年は全魔力を使い魔神王に剣を降った。


そして魔神王は少年の手によって討伐されたそして少年は倒した瞬間転移する直前に

居た神界に居た。





そして少年は…






「記憶が戻ったら自重しない〜ファンタジーな世界で好き勝手生きる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く