後輩は積極的IF

Joker0808

5

「いつから?」

「え? な、なんですか?」

「だから、いつから好きなの?」

「ち、違います!!」

 まさかストレートに聞いてくるとは思わなかった。
 私は顔が熱くなるのを感じつつ、高井さんの言葉を否定する。

「顔真っ赤にしながら言われてもなぁ~」

「う、うぅ……で、でも……まだ好きとかそう言うのじゃ……」

 私は再び顔を隠しながら高井さんに言う。
 しかし、高井さんは相変わらずニヤニヤしていた。
 
「まぁ、次郎に懐いてたしなぁ……自然な流れか」

「だ、だから! そ、その……好きとかでは……」

「いや、その反応は好きでしょ?」

 他人に言われると時分で悩むよりも早く答えが出てしまう。
 そうだ、私は高井さんの言うとおり岬さんが好きなのだろう。
 でも、恥ずかしくて、そんな事誰にも言えなかった。 しかし、高井さんがグイグイ聞いてくれるおかげで、なんかこのまま色々相談出来そうな流れになりつつある。

「さ、最初は……その……いい人だなって思ってたんです……優しいし」

「ほうほう……それで?」

「で、でも……その……一番意識し始めたのは、私が絡まれたあの日で……」

「あぁーもしかして次郎とあいつらの事……見てた?」

「はい……」

 あの日、自分の為にボロボロになった次郎さんを見て、私はあの人を意識するようになったのだろう。
 もちろん、それだけが理由では無い。
 もっと仲良くなりたくて、勇気を出して始めてメッセージを送ったあの日も、勉強しに来たなんて言いながら、私を心配して店に様子を見に来てくれたのが凄く嬉しかった。

「そ、それからですかね……意識し始めたのは……」

「なるほどなぁ~」

「も、もちろんそれだけじゃ無いですよ! そ、その……あの……次郎さんって……優しいし……一緒にいて楽しいし……」

「そうか、そうか、良し! さっさと告っちゃえ!」

「え!?」

 高井さんの言葉に私は思わず声を上げる。
 そんな事が出来れば私はとっくにやっている。
 でも、告白してもし断られたらと考えたら、勇気が出ない。

「そ、そんなの無理ですよ!」

「そうか? 行けると思うが?」

「無理です! そ、それに……これは私の願望なんですけど……あの……じ、次郎さんに私を好きになって欲しいっていうか……」

 自分の顔は今リンゴのように真っ赤なのだろうなと思いながら、私は高井さんに私の希望を話す。

「うーん……好きになって欲しいか……良し! 俺がさり気なく、次郎の石川ちゃんに対する気持ちを聞いてきてやるよ」

「い、良いですか!!」

「もちろん! じゃあ、今から厨房に行って聞いてみよう! 石川ちゃんはドアの影にでも隠れてて」

「は、はい!!」

 妙なことになってしまったが、これはこれでチャンスだ。
 次郎さんが今私の事をどう思っているのかを知ることが出来る。
 厨房に向かった高井さんは、次郎さんのところに行き話し始めた。
 私はドアの影に隠れて二人の会話を聞く。

「よう、岬! ちょっと聞きてーことあるんだけど……良いか?」

「はい? なんですか急に……」

「そんな怪しげな目で見るなよぉ~ただの質問だって!」

「本当ですか? 高井さんが笑顔の時は、何か俺にとって嫌な事がある前兆なんですけど……」

「どう言う意味だそれは!!」

 いつも通りの二人の会話の流れだ。
 高井さんお願いします、さり気なく次郎さんの気持ちを……。

「それで質問ってなんですか?」

「あぁ、ぶっちゃけ石川ちゃんの事……好きか?」

 ドストレートに言っちゃったよあの人!!
 これじゃあ絶対に怪しまれるじゃない!!
 高井さんに頼んだのが間違いだった!
 あの人がそんな器用な事出来るはずないもん!

「愛実ちゃん? まぁ……好きな部類の人間ですね……生意気だけど」

 好きな部類って何!?
 てか、私生意気だと思われてるの!!

「いや、そうじゃ無くてだな……そう! 恋愛対象としてだよ!」

 そんな「あ、これだ!」みたいな感じにピンッと来たっぽく言ってるけど、それ更に怪しまれるから!! もうやめて!
 何も聞かないで帰ってきて!!
 じゃないとバレる……。

「恋愛対象として? あぁ……まず恋愛対象としては見てませんね、高校生ですし」

 あぁ……恋愛対象にすらならないんだ……なんかかなりショック……。
 私は思わず肩を落として、深いため息を吐く。

「なんでだよ! 女子高生だぞ! JKだぞ! 美少女だぞ!!」

「なんでそんな必死なんすか……いや、確かに可愛いとは思いますけど」

 あ、でも可愛いって思ってるんだ……。
 ヤバイ……結構嬉しい……顔ニヤける……。
 必死で自分の表情を直そうとしていると、次郎さんは更にこう続けた。

「高校生だと、学校で恋をするんじゃないですか? 同じクラスの男子生徒とか……」

「ほう……それは体験からか?」

「いや、俺の体験は関係無いでしょ……普通に学校でモテるんじゃないかと思っただけですよ。それに、バイト先で恋愛なんてしようと思わないでしょ? 金の為にバイトしてるわけですし」

「その口ぶりだと、お前はバイト先に恋愛を持ち込むなと言いたいのか?」

「そうでは無いですけど……まぁでも、そう言う関係になる事例はあんまり無いんじゃないかと思って」

 なんだか話しが横道にそれまくってる気がする。
 結局のところ、次郎さんは私を何とも思ってないってことなのかなぁ……。
 私が少しガッカリしていると、高井さんが更に次郎さんに尋ねる。

「じゃあ、結局お前は石川ちゃんの事はなんとも思ってないのか?」

「いや……まぁ……そうですね……妹みたいな感じには思ってますね」

「妹って……なんかハッキリしねーな……じゃあもうまどろっこしい事は抜きにして聞くぞ! あの子とやれたらするのか?」

「ぶっ!」

 私は高井さんの質問に思わず吹いてしまった。
 いや、この人は何を聞いてるのだろうか?
 私が聞いているのを忘れてしまったのだろうか?
 まぁ……でも……ちょっと気になるかも……。

「な、何を言ってるんですか!! アホですか!」

「正直に言えコラ! 俺は先輩だぞ!」

「こう言う時だけ年上っていうアドバンテージを使わないで下さい!」

「で! どうなんだ! 言うまでお前に仕事はさせん!」

「それよりも貴方が仕事をして下さいよ……はぁ……まぁ、そういう行為は……その……出来ますよ……俺も男だし……愛実ちゃん可愛いし……」

 私は次郎さんのその言葉を聞いた瞬間、顔がどんどん熱くなるのを感じた。
 顔だけじゃない、体中がなんだか沸騰したように熱い。
 じ、次郎さん……わ、私と……したいんだ……。

「うわぁ……顔が良ければ誰でも良いのか……」

「アンタが聞いたんでしょうが!!」

 私は顔を真っ赤にしながら次郎さんの顔を見る。
 そして想像してしまう。
 そう言う行為をあの人とする想像を……。

 

「後輩は積極的IF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く