後輩は積極的IF

Joker0808

1

 大学一年の秋、俺は五月の下旬から始めたファーストフード店の厨房でハンバーガーを作っていた。
 
「はいかしこまりました! ご一緒にホットドリンクなどはいかがでしょうか?」

 俺はいつものようにバイトをこなしていた。
 フライヤーの油にも慣れてきたし、鉄板から跳ねる油なんて最早気にならない。
 俺、岬次郎(さき じろう)は今日もハンバーガーを作って、ポテトを油で揚げる。
 
「次郎君、そう言えば知ってる? 明日新しい子が面接に来るらしいよ」

「新しい子? バイトか?」

 話し掛けた来たのは小山大志(こやま たいし)。
 小山は俺と同い年で役者の卵をやっているイケメン青年だ。
 小山目的でこの店を訪れる女子高生も居るくらいの人気で、逆ナンなんかもたまにされている。
 クソ……イケメンとか死ねば良いのに……。

「今なんか失礼な事考えたでしょ?」

「別に、小山がイケメンだから死ねば良いと思っただけ」

「そこはごまかしてくれよ……ほら、早くポテト」

「へいへい」

 俺は今日も勤労に勤しむ。
 大学に入ってもうすぐ半年になる。
 彼女も居ないし、友人も多い方ではないが、サークル活動に一人暮らし、そしてアルバイトと結構忙しい毎日を送っている。
 まぁ、同年代の奴らはやれコンパだ合コンだと、毎週のように遊んでいるが……。
 俺はこれでいい!
 別に強がって無い!
 この日常が好きなんだ!

「はぁ……なんか空しい……」

 俺はそんな事を考えながら、アパートの自室に帰宅した。





「え? 新人教育? 俺がですか?」

 面接の日から数日、店長が俺にそう言ってきた。
 
「でも店長、俺よりベテランのパートのおばさんの方が……」

「いや、歳が近い人に教えて貰ったほうが良いかと思って、それに君は覚えるのも人一倍早いし、今じゃかなり仕事が出来るからね、それに時間帯が君と同じなんだよその子」

 そんな事を言われても、何かを人になんて教えた事なんて無いしな……。
 それに、店長だって俺と同じくらいの時間に上がるだろうが……まさか面倒くさいから俺に押しつけようとしてないか?

「店長……まさかと思いますが……面倒だからって俺に押しつけようとしてません?」

「な、何を言っているんだい!! 僕は君の優秀さを認めてだね……」

「じゃあ勘弁してください、俺には大学生活もあるので……」

「待って待って! これには深い理由があるんだ……」

「どんな理由ですか?」

「実は最近……彼女が……」

「じゃあ、お疲れ様でーす」

「待って! お願いだから待って! ただでさえ飲食店の店長なんて大変なのに、その上新人教育なんて、彼女に会えなくなっちゃうよぉ~」

「仕事でしょ? 俺は社会人じゃないんで……」

「お願いだよ! これを逃したら、彼女なんて……」

「じゃ、俺はこれで」

「頼むよぉ~! 時給二十円上げるから!!」

「必死過っすね……」

 結局俺は店長に負けてしまい、新人の教育係になってしまった。
 まぁ、時給が上がるし……良いか……。
 新人アルバイトの子は高校二年生らしい、面倒な子じゃないと良いが……。
 そんな事を考えているうちに、新人アルバイトがバイトに来る日がやってきた。

「今日か……そろそろ来る頃だな」

「あぁ、今日だっけ? 例の新人の女子高生が来るのって」

「あぁ……引き受けたのは良いけど……女子高生か……絶対に面倒くさいよな……」

「まぁ、一番難しい年頃だろうからなね、頑張ってね」

「小山君手伝ってくれよ、俺……苦手なんだよ……年下って」

「僕の時給は手伝ったところで変わらないからね、それに僕はもう上がりなんだ」

「薄情者……」

「なんとでも言ってくれ」

 そう言うと小山君は笑いながら厨房を後にして行った。
 参ったな……今からフロアのスタッフは俺とその女子高生だけ……厨房はベテランバイトの先輩が居るから良いけど、レジが混み始めたら大変だな。

「よ、岬! 聞いたぜ、女子高生の教育係だろ? 大変そうだな~」

「そういうなら変わってくださいよ高井さん」

 声を掛けたきたのは、高井謙太(たかい けんた)さん、現在大学三年生のベテランアルバイトだ。
 俺とは違う大学だが、一緒に飯を食べに行ったり、一緒にゲームをしたりと仲良くして貰っている。

「高井さん、今日は厨房一人で頼みます、俺は新人の教育で忙しいんで」

「えぇ~なんでだよぉ~、仕事が出来る男、岬次郎とはお前の事だろぉ~?」

「ウザいっす……」

 肩を組んで絡んでくる高井さんに俺は呆れた表情でそう言う。

「おい! 先輩に対してウザいってなんだ!!」

「ウザいものはウザいっす! こっちは色々と忙しいんすから!!」

「なんだとぉ!」

「なんっすか!!」

「あ、あの……」

「「なんだよ!!」」

 俺と高井先輩が言い争っていると、厨房の入り口から声が聞こえてきた。
 声のした方を見ると、学校の制服姿の女子高生が立っていた。

「きょ、今日からお世話になります……い、石川愛実(いしかわ まなみ)です!!」

 そう言って来たのは、栗色の髪にふわっとウェーブの掛かったショートボブの髪型の女の子だった。
 なんというか、今時の女子高生と言った感じで俺は初っぱなから苦手意識を抱く。
 容姿も整っていて、なんというか……かなりの美少女だった。
 こういう子に限って……やれセクハラだとか、やれパワハラだとか言ってきそうだな……。

「あぁ……えっと、僕が君の教育係になった岬次郎、とりあえずスタッフルームで着替えてきて貰えるかな? その後仕事の事を教えて行くから」

「わ、わかりました」

 彼女はそう言うとスタッフルームに歩いて行った。

「はぁ……」

「おい! メチャクチャ可愛い子だな!」

「先輩、彼女に怒られますよ」

 高井先輩には彼女がいる。
 しかもかなりの美人だ。
 あんなに美人な彼女が居るのに、それでも可愛い子に目が行くのか……。

「はぁ……憂鬱だ」

「どうしてだ? あんな美少女だぞ!」

「だからですよ……ああ言うのは、何かあると直ぐに文句を言うんですよ」

「偏見が酷すぎるだろ……まぁ、頑張れよ」

「はぁ……」

「後輩は積極的IF」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く