転生した世界の相棒は拳銃だった!?

oozako

story…No.006


ふむ、こちらでの寝起きの感覚というのはこういうものなのか。
睡眠欲も無いので寝ても安らぎを得る事は出来ず、寝起きは気持ち悪くもない。

…よって、寝ることはメリットもデメリットも無いと判断し、止めることにした。


2日目、

1日目はお偉いさんへの色々な説明とかあって、
この街を散策出来なかったので、することにした。

魔法も、設備も、政治も、大体知った。

3日目、

魔法をひたすら習った。
と言っても、ゲームとかに出てくる戦闘魔法ではなく、日常生活で使用する魔法だ。

普通、子供の頃から練習して段々と出来るようになっていくらしいが、私はものの30分で完全にマスターした。

4日目、

朝。







なんかいる。

私は睡眠のメリットを何とか見つけ出し、

(思考を停止させて精神回復を狙った。何故かって?連日新しい事ばっかりで精神的に疲労したからだ。)

久々にベッドで寝ていた。

そして朝。

なんかいる…

私のベッドの毛布の中に何かがいる。

枕元に置いていたコルトSAAが消えていた。

おかげで私は静かにパニック状態。

数分間停止している。

武装が無い私はとても非力である。

すると何かが動き始めた。

毛布の中から出ていく。
そしてベッドから出た。



「おはよう御座います。マスター。」







…は?

銀髪で軍服を着た少女が立っていた。

今何と?

マスター?

私を?

いやでもこの宿には私以外泊まっていないし、
宿の主人も独りで子供も孫も居なかったはず…

その少女は何もせず、ただ立っている。

まるで命令を待っているかのように…

私が案の定パニック状態になり、黙っていると、

「…自己紹介が遅れ、申し訳ございません。
私は、コルト.シングル.アクション.アーミーピースメーカーと申します。
マスターのお役に立てるよう、微力を尽くします。」

…思考停止。



それから思考停止した私は2時間程固まっていた。
意識が戻って夢だと信じたかったが、
普通にいた。

「…あーっと…」

「何でしょうか、マスター。」

…落ち着け私。

「君はコルトSAAなんだね?私の?」

「はい。そしてマスターの従者であります。」

…未だ信じられないが(寧ろ信じたくないが)
コイツは私のコルトSAAらしい。
いわゆる擬人化ってやつだろうが、現実で起きるとは聞いてない。

それから説明をするように頼み、
彼女(?)の状態、性質も大体理解した。





「という訳で…なかなか見せにくくなってしまったのですよ。」

「なるほど…でもその銃はどこに行ったんだ?
彼女が銃だとして、困らないのか?」

「…一応見せることはできますよ。ですがね…」

「…」

「…一応、銃は彼女自身です。」

「うむ。」

「つまりは銃身も彼女という訳です。」

「…ッ!」

「御理解頂けたでしょうか?」

「うむ、そうだな。」

謎の理解をし合い、なんとか銃の仕組みを解らせずに済んだ。

ただ問題は…

「マスターのご命令とあらb…」

「いや大丈夫!やんなくていいから!
ですよねジューヴ!?」

「あ、あぁ!私も常識知らずだった!
人の装備を見るなんて!!
今回は申し訳なかった!」

「…」
そう、コイツは私に対する忠誠以外何も無いらしいのだ。

「転生した世界の相棒は拳銃だった!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く