転生した世界の相棒は拳銃だった!?

oozako

story...No.000


今日も今日とて満員電車に揺られ、
上司からパワハラまがいの指示を受け、
誰も待っていてくれない寒い家に帰る。
そして明日も早く起きて同じことを繰り返す。

そんなストレスだらけの日常でも、私には
癒しがある。
週末は国が定めた法律により、どんなブラック企業でも休日である。
そんな幸福の日に何をするか…
私お気に入りのゲームである。
比較的マイナーであるこのゲームは人口が少ない。
だが私にはなんの問題もない。
このゲームはFPS...いわゆる銃ゲーなのだが、私基本戦わない。
では何をするのか?
銃を愛でるだけである。
うん、変わっているのは自分でも分かっている。
このゲームは銃のグラフィックに拘り過ぎたため、バグや通信問題が頻繁に起こり評価が落ちた。
でも私にはそれが良かった。
銃はガチャなどではなく、ストーリーを進める事で手に入る。しかもストーリーは簡単で、良質設定である。
私は全ての銃を手に入れ、オフラインで銃を愛でている。(主にSRやSMGである。)


そして2143年、4月23日にアップデートが行われるそうだ。なお今日の23:59に、である。明日は日曜日だ。今日はallで行こうと考えている。今時賃金の安い昼に働くのは私くらいである。そしてあのゲームはマイナー。私が独りで、堪能できるはずだ。楽しみである。
その日の仕事は驚くほど捗った。
ゲームの力ってすげぇ...

この時代のゲームは感覚を完全にリンクさせるのは危険とされ、フルダイブではなく、視覚と聴覚、触覚のみをリンクさせたもとなっている。つまりゲームの操作は現実リアルで行う訳だが、私はゲーム内でも操作が可能となるアタッチメントをつけているので、擬似フルダイブとなっている。何故かって?
銃を愛でるためだ。

さて、22:32に帰宅。疲れているので、普段なら簡単な食事と風呂を済ませてベッドに潜る訳だが、今日は違う。

23:55にアップデート開始。
なるほど、運営が発表していたのはアップデート完了の時刻なのか。
...いや、機体ごとに個体差があるからそんなはずはないはずなのだが...まぁ、いいや。

アップデート完了。どんな内容なのか、運営は何一つ発表していない。だからこその
ワクワクがある。

ゲーム機器を起動...

迷わずに私はいつものゲームを選ぶ。

ロード画面…

次の瞬間、私の五感が全て消えた。


何も見えない。

何も聞こえない。

何も感じない。

虚無だ、しかし意識はハッキリしている。

これは...ゲーム機器の事故か?
昔のダイビングゲームはダイブ時に原因不明の電流などが流れ、ゲームをプレイしていた人の接続が切れ、殺してしまったことがあったそうだ。

しかし私の意識はしっかりとある...

これは一体何なのだろうか…?


この時の私は気付いていなかった。
アップデート完了時刻が、23:58だった事に。





はじめまして!oozakoと申します!
この話を書くのが初で、投稿するのも、これが初めてですw
まだ学生なので更新は不安定です。
まだまだへたっぴですが、よろしくお願いします!


「転生した世界の相棒は拳銃だった!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く