転生した俺はポンコツ女神と迷宮の防衛?をすることになったようです。~転生のダンマス!~

トキノトキオ

自転車操業


 ――パッパラー パッパッラー パッ パァア――ン

 朝のファンファーレが鳴り響く中、ヒカルは目を覚ました。

「よーし! 心機一転がんばるぞ~!」
「………」
「やだーねむいー、気持ち悪いー」

 わざとらしく元気な声をだすヒカルだったが、女神達の反応は薄い。

「っておい! ディアーナ! やるんだよ、ダンジョンに行くんだよ! ハナモグラ捕獲のバイトするんだよ!」

 ヒカルは相変わらず『盗賊の宿屋』の狭い一室に女神3人と泊まっていた。

「ち、ちきしょう。スキル開放があんなに高額だなんて……」

 初めてのスキル開放の基本料金は100万ゴルドだったから、またしても100万ゴルドの借金を背負うことになった。

「でしょー、借金作ったのはヒカルでしょー。私達関係ないしー、一人で頑張ればいいしー」
「う、運命共同体じゃねーのかよ!」
「わ、わたくしは、もちろんお供します」
「おおー、フィオリナたん! さすが俺の女神サマ!」
「ワタシも行きますデス。忘れないでくださいよ? ワタシこそがヒカルのご主人サマなのデスからね」
「フッ、じゃあそういうことでディアーナ、部屋の掃除とか頼んだぜ。あ、あと今日は酒無しな」
「ぶぅー、イジメよくない。イジメは禁止で~」
「グチグチ言ってるからだろ、ほら行くぞ!」

 4人はダンジョン30階層に来ると、すぐさま24階層を過ぎ、21階層へと向かった。しかし……

「チキショー、なんかハナモグラ、ほとんどいねーぞ」

 前ほどハナモグラの大群を発見することができなかった。

「まー、唯一のメス、ボスを倒しちゃったからね」
「あっ! そ~言うことか! チキショウ! なんてこった! 唯一の収入源を絶たれたらおしまいじゃないか!」
「マジメに働けってことじゃないの?」
「マジメって……」
「マジメにフロアーの防衛しなさいって話よ」
「マジメに働く……かあ……お? おおおおお、おおお~そうか、その手があったか」
「なによヒカル。その顔は何か良からぬことを考えてる顔ね」
「うっせーな。んなこたねーよ。フィオリナた~ん、ちょっと相談が~」
「な、なんでしょう?」

 ヒカルはフィオリナを呼ぶとディアーナが言うところの『良からぬこと』を説明した。

「ひそひそで、ごにょごにょだから、にょろにょろでしょ。あーだこーだで、なんだかんだな感じでお願い!」
「は、はあ~それくらいなら簡単ですが……」
「よっし決まり! フィオリナたんを残してひとまず26階層まで撤収するぞ!」
「え~めんどくさい~やーだー」
「うっせーなーこれが最善なの! 行くの! 金のためなら頑張るの!」
「ヒカル氏! それは酒代も含まれますデスか?」
「お、おうよ。今晩飲む酒代くらいは稼がねーとな」
「ちっ、なんだか分からないけど、そう言われたらしょうがないわね」
「じゃ、ちょっとしてからフィオリナたんお願いねー」

 そう言いながらヒカル達はダンジョンを下って行った。

「お、おう。今日は早いお帰りだなあ」
「おうボーマン。また来るからな」

 ボーマンへのあいさつもそこそこに26階層に入ると扉を固く閉めた。

 ――ズゴゴゴゴゴォオオオオ
 
 なにか水の流れる音が聞こえる。

「うひょぉおおおおおおお、な、なんだこりゃ!」

 ボーマンの叫び声が聞こえる。

「ちょ、ちょっとヒカル、アンタ何やったのよ」
「まあまて。もうすぐわかるぜ」

 やがて水の音が聞こえなくなると、ヒカルは扉を開けた。

「お、おい~お前ら! また聖水流しただろ!」

 そこには人間化したボーマンの姿があった。

「い、いやあ~、し、知らねーなあ~。ちょっと見てきてやるよ」

 ヒカルは力なく座り込むボーマンを尻目に上の階層に向かった。
 
 ――チュチュチュチュチューウ

「おほっ、作戦成功!」

 そこにはまるまる太ったハナモグラの大群が居た。そう、これがヒカルの作戦だった。
 21階層から下に向けフィオリナに聖竜を放ってもらう。当然、水は下へ下へと流れるので各階層に聖水が流れ込むことになる。ハナモグラは水が好物だし、前の経験上聖水を浴びれば増えるだろう。そう踏んでの作戦だった。はたして作戦は成功した。しかし、ひとつだけヒカルの計算外のことがあった。

 ――キョエェェェェェエエエエッ

 ハナモグラのボスも大復活した、ということだった。

「ボーマンよろしく~」
「やややや、おいおいおい! フザケルナ! フザケルナ! ひゃっ助けて~助けてくれーい」

 ヒカル達は2~300匹ほどハナモグラを捕まえると26階層から下へと逃げ込んだ。その後、ボーマンは何度かハナモグラのボスに襲われライフを減らしたという。
 
 そして――29階層も終わりの頃、30階層に近づくと

「え? だ、誰かいるのか?」

 30階層のフロアから人の気配がした。




「転生した俺はポンコツ女神と迷宮の防衛?をすることになったようです。~転生のダンマス!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く