転生した俺はポンコツ女神と迷宮の防衛?をすることになったようです。~転生のダンマス!~

トキノトキオ

スキル開放


 パイプオルガンの音色ねいろにあわせ、賛美歌が聴こえる。通路に灯された炎がときおり舞い上がり、星空へと吸い込まれるように昇って行った。
 迷宮都市アデステラの町の中央にある、正神教の教会、サンアデステラ教会である。

「いーい? ヒカル。教会に入ったらあんまり私たちのほうを見ないでよね」
「なんでだ?」
「そ、そりゃあウチらは神の代行、女神として神々こうごうしくなければならないからよ。てか、ぶっちゃけ恥ずかしいんだけどね。ほら、ヒカルと話すと地が出ちゃうからさ」

 なるほど、教会に足を踏み入れると、女神たちのカラダはまばゆい光に包まれた。ディアーナやエレナでさえ神々しく輝いているのだ。中でもフィオリナは別格だった。もちろんヒカルは知りさえしないが、まるで聖母マリア様の再来か? とさえ思える輝きを放っていた。

「おお女神様! こんな夜更けに戻られたとは、いかがなさいましたか?」

 出迎えたのは司祭にして英雄アレキシスパーティのプリースト、ロメオ・バーンシュタインその人だった。
 
「はい……この者、ヒカル・ムッツリーノが……スキル開放の儀を望んでおりましたもので」

 いつもとは違い、先頭に立っているフィオリナがしゃべった。

「ム? ムッツリーノ?」
「シィーっ、ヒカルは黙ってて!」

 光のベールの下から、ディアーナが人差し指を口元にあて、ナイショ! というポーズをした。

「ぐっ、わかったよ」

 ヒカルは打ち合わせ通り、かしずき、頭を下げた。

「さようでしたか。本来、スキル開放は日が沈むまでというキマリ。しかし女神様のご依頼とあればご対応しましょう」

 ロメオの口には絶えず笑みがあったが、その瞳は笑っていなかった。
 いちいち嫌味なヤツだ。と、ヒカルは思ったが、ロメオにはロメオの疑問があるのだ。女神様の知り合いなど聞いたことがない。あるとすればふたつ。ひとつは……

「ひとつお聞きしたいのですが、ムッツリーノ殿はダンジョンマスターというモノを知っていますか?」
「な! え? や、あ……し、知らない! し、知りません」

 ヒカルはディアーナとの会話を思い出していた。ダンジョンマスターだということがバレてはならないと。

「ふむ、よろしい。コチラへおいでください」
「あ、はい……」

 ロメオは女神達にはその場にとどまるよう依頼し、ヒカルを奥の間に導いた。

「以前、どこかでお会いしましたか?」
「え、ええ……ダンジョンで一度……助けていただきました」
「なるほどなるほど~」

 ヤバイ、バレてる。役者が違いすぎる。こ、殺される? とさえヒカルは怯えた。そんなヒカルの思いを見透かすようにロメオは微笑んだ。

「ご心配なく。私は神の使徒。神の意志に従う者です。貴方が仮に、無いとは思いますが、仮にですよ? ダンジョンマスターだとしても、公平に対処するのみ。しかし……」

 ロメオの口は笑っている。しかし、やはり瞳は真剣だった。

「貴方が、女神スレイヤーという大罪人であれば話は別! もうひとつお聞きします。貴方は女神スレイヤーですか?」
「へ? 女神スレイヤー? 何それ」
「ハッハッハ〜了解しました。貴方は大丈夫でしょう」
「な、なんなんだよ急に」

 ロメオの目が初めて笑った。

「ふむ。どうやら貴方は女神様と行動を共にするお方のようだ。ですのでお聞かせしましょう。女神様にまつわる悲劇を」
「えーっ、それって長くなるヤツ? 俺、興味ないんだよなあ〜そ~いうの」
「なっ、好奇心や探究心が冒険者、いいや人間の行動の原動力というのに、興味がないと?」
「うーん……俺さ、案外気に入ってるんだよね。今のアイツらとの関係。だから、それが壊れるような情報は聞きたくないっつーか、メンドイっつーか」
「フッ、ハッハッハ〜なるほど、なるほど。貴方は不思議な人だ。女神様たちの寵愛を受けるのも分かる気がします」
「寵愛? そんなんじゃねーような気がするがなあ」
「まあ良いでしょう。しかし、このことだけは覚えておいてください。女神様は崇拝の対象であると同時に、女神様を疎ましく思っている人間もいる、ということを」
「あ、ああ。覚えておくよ」

 それからロメオによってスキルメニューの説明がされた。ロメオの見たところ、ヒカルの属性はフラットであるから、おおよそどんな系統のスキルも開放可能であること。しかし、一度スキルを開放すると属性ができ、反対側にあるスキルの習得は困難になることなどだ。

「本当にこのスキルで良いのですか? もっとこう、私の口から言うのもなんですが……攻撃的な、冒険者に向いているようなスキルもありますのに」
「ああ、コレがベストだ! やってくれーい」
「了解しました」

 こうしてヒカルのスキルは開放された。

「あ、最後にひとつ。今おこなったのはあくまでスキルの開放です。開放されたスキルも最初はレベルゼロ、鍛えなければ使い物になりませんので」
「なるほど。サンキューロメオ。アンタのこと少し誤解してたぜ」
「サンキューロメオという名前ではありませんがね」
「お、おお~ありがとうロメオって意味だし」
「なるほど。いや、コレが我が使命、我が仕事ですのでね。あ、そ~言えば料金ですがツケで良かったですか?」
「え? 金とんの?」
「当たり前です。コレが教会の貴重な収入源ですので!」
「な、なるほど。ツ、ツケでお願いします」
「まいど〜」

 またしても嘘くさい笑顔でヒカルを送り出すロメオであった。

「で? ヒカル、あんたなんのスキルをゲットしたのよ」
「ふふふ、秘密だ! が、俺はだれにも負けない力を手に入れたのだ!」
「ふーん、言えないってことは……どうせ、透視とか暗視とか、そーいうエッチぃスキルでしょ?」
「な、なに? そんなスキルもあるのか?」
「あるわよ。高いけどね」
「ぐっ、そうか……それは次回ゲットすることにしよう」

 チキショウ、ロメオのやつ、そんな説明なかったぞ! と思ったヒカルだった。



「転生した俺はポンコツ女神と迷宮の防衛?をすることになったようです。~転生のダンマス!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く