転生した俺はポンコツ女神と迷宮の防衛?をすることになったようです。~転生のダンマス!~

トキノトキオ

イフリート VS フィオリナたん


 ――パッパラー パッパッラー パッ パァア――ン

「朝が来た。決戦の朝だ。今日俺は、俺たちは! ボーマンに勝って、巨万の富を手に入れるのだ! っておい! クソ女神どもっ! 起きろってんだよ!」

 ――グガガガガガァアア スピィー

 いつの間にかまた同じベッドでエレナとディアーナは寝ていた。

「す、すみません」
「いやいやフィオリナたんに言ってるのではないです。そこの恥じらいをなくした女神と、死んだように眠る死神女神コンビに言っているのです!」
「す、すみません……」
「いやいや、だからフィオリナたんはOKです! 完璧にマジ女神サマです! そ、それにしても……フィオリナたん……そ、その寝間着姿が……ちょ、ちょっと刺激的過ぎて……布団から出られない状態です」

 フィオリナは、スケスケのネグリジェのような寝間着を着ていた。

「あ、す、すみません。す、すぐ着替えますので」
「うおっ、ま、まだ脱がないでください。後ろ向きますので」

 フィオリナは、立ち上がると即座に寝間着を脱ごうとした。その天然さはヒカルにとって刺激が強すぎたようで、下腹部に朝特有の痛みがムクムクっと立ちあがった。

「よ、よーしエマ! そこで聞き耳立てているのだろう? 朝飯2人分と昼の弁当な!」
「ど、どーして分かった……じゃなくて! 金がないなら朝飯も昼飯も抜きだからね!」
「まーまー、そういうなって。今日はアテがあるからさ」
「いや、そういうセリフって駄目なパタンじゃない?」
「ぐっ、し、仕方ねえ。じゃあこの盾返すからよ。とりあえずそれでなんとかしてくれよ」
「え? いいの? ヒカルって見た感じすげー打たれ弱そうだけど。盾ナシじゃ死ぬんじゃない?」
「いいーんだよ! だいたいその盾、一度も役に立ってねーしな!」
「あらそう。じゃ、ちょーど盾の勇者とかいうのが盾欲しがってるらしいから、そっち回すわ」
「な、なるほど。成り上がる感じか?」
「いや、波がどーとか言ってたけど」
「あ、ああ。それは聞かなかったことにするよ。みんないろいろ大変ってことだな」
 
 そんなこんなで、またディアーナとエレナを無理やりたたき起こすと30階層に時空移動ワープした。

「と、いうことで! 25階層向けてしゅっぱーつ!」
「……ムリ」
「死ぬのデス」
「ダーッ、テンション上げていけよ! ボーマン倒さねーと俺たちに明日はねーんだよ!」
「が、がんばろう……おーぅ」

 フィオリナが小さく拳をあげた。

「お、おう……ほら! フィオリナたんも言ってるだろ! 行くぞ!」
 
 4人はなんとか25階層までやってくると、そーっと中を覗き込んだ。

「ど、どもーボーマンさん! おはよーっす」
「お、お前らは昨日の! よくもぬけぬけと顔を出せたな!」

 ヒカルは夜の飲みがバレたと思っていた。しかし

「勝負の途中で逃げ出すなんて許せん! 無に帰してやるからそのつもりでかかってこい!」
「えっと……昨日の夜のことは? 覚えてらっしゃいます?」
「なにい? 昨日の夜? うーむ……良い酒を飲んだくらいしか覚えておらんゾ」
「ボーマンちょれ~」

 ヒカルは思った。やはりボーマンは直情型、猪突猛進型で騙されやすい性格なのだと。しかも酔ったら記憶をなくすという特典付きだ。つけ入れられないほうがおかしい。

「なにか言ったか!」
「い、いえ……そうしましたら。本日はきっちり、かっきり勝負をつけさせていただきます。そしたら……以後、ここを通していただけますでしょうか?」
「なにぃ! まあ良いだろう。ワシが負けを認めたらな!」
「よし、じゃあフィオリナたん! 頼んだぜ!」
「あ、ハイっ!」

 作戦通り、ディアーナとエレナは下がり、フィオリナが一歩前に出た。

「また女に戦わせる気か!」
「まあ、あれですよ。この女子に勝てるなら、その時はお相手しますよ」
「ぐぬぬぬぬぅ~その言葉、覚えておれよ!」

 ヒカルは、ボーマンが直情型と読んでおり、頭に血が上ると冷静な判断ができないだろうと挑発したのだった。

「あの、そのぅ……申し訳ありません。イフリートのボーマン様」
「ぬ? なんだ?」
「わたくし、水を操ります。ですので、どうかお引き願えませんでしょうか?」
「ぐははははあっ! ワシが炎の精霊だと知ってのことのようだな。しかし、戯言をいうでないわ! キサマごときの水にワシが屈するとでも思うたか! さあ、受けてやるから存分に浴びせてみるがいい!」
「おおー、フィオリナたんってばやるなあ~さらに挑発を重ねて手出しさせないだなんて、女って怖いぜ」
「ヒ、ヒカルさん……わ、わたくしはそんなつもりなど、ないのですが……」
「まあ、いいさ。頼むぜフィオリナたん! いっちょボーマンの旦那をギャフンと言わしてやってくれーい」
「はい……で、では参ります。ボ、ボーマンさま、すみません」

 ――我、聖泉の女神フィオリナの名において命じる。聖なる龍よ、泉より出でて、我が前をその恩恵で満たさん!
 セント・アクア・ドラグーン!

 ズ、ズゾゾゾゾゾォォォオオオオ

 フィオリナが胸元に重ねた両手を開くと、水の流れが飛び出し、うねり始めた。それは竜のようにトグロをまき、フロアの端から中へと埋め尽くしていった。
 
 
 

「転生した俺はポンコツ女神と迷宮の防衛?をすることになったようです。~転生のダンマス!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く