転生した俺はポンコツ女神と迷宮の防衛?をすることになったようです。~転生のダンマス!~

トキノトキオ

殲滅の女神エレナ降臨


「ダメでしょうか?」

 ヒカルの目の前にはエレナがいた。潤んだ目でヒカルを見上げている。
 
「い、いや……別にいいけど……」
「では、ご承認いただけた、ということでよろしいデスか?」
「う、うん……」

 もちろん、そんな風に迫られる経験のないヒカルは押されっぱなしだった。

「では、いざ!」
「う、うわぁああああ、な、なにするの~~~」

 エレナはヒカルを押し倒すとその上に馬乗りになった。
 
「うふふふ。ワタシとひとつになるのデス。さあ、心もカラダも開きなさい」

 エレナはヒカルの服を脱がしながら、首筋を指で撫でた。

「うひょ、あは、ふほほほほほ、や、やめ、な、いで……うひゃあ」

 ――バンッ

「おいエレナ。私の目の前でなにやってくれてんのよ!」

 ディアーナはエレナの首筋を掴むと思いきり引き剥がした。
 
「ちょっと何をするのデスか? ワタシはヒカル氏の承認のもと、ひとつになろうとしているのに嫉妬デスか? 醜いデスね」
「ぐっ アンタねえ~ひとつになるってったって取り込む気でしょ? ヒカルを奴隷として」
「あら、いけませんか? だって死魂剣デスペラードはワタシのもの。死魂剣デスペラードの主がヒカル氏だというのなら、ワタシがその主になるのが筋じゃありませんか?」
「フンっ! そんなスジなんてありません! ヒカルも鼻の下を伸ばしてないてシャンとなさいよ!」
「あ、ああ……助かった……のか? 俺はこのままでも……いやいや良くない良くない。俺には譲れないものがあるんだ」
「一応聞いておくけど……なによ」
「巨乳だ」
「アンタもたいがいにしなさいよね」
「いやあ~はは」

 ――ガタンッ
 
 そのとき、入り口の向こうから物音が聞こえた。

「ぼ、冒険者だ! 冒険者どもが来やがった! どーする? どーする? えっと……エレナって……戦えるの?」
「戦えるかデスって? ふふふふふ。あははははは。戦えるかどうかは、相手次第よ。たいていはね、戦いにはならない。あっという間に勝負が決まるのデスからね」
「お、おお~なんだか心強いぞ」
「ふんっ、エレナの魔法がどんなのか知らないけど、せいぜい頑張ってちょうだいね。そろそろライフも後がないし」

 言いながらディアーナは念のため後ろに下がっていった。

「じゃあヒカル氏。ワタシの前に来てください」
「あ、ああ……どうするんだ?」
「ワタシが操るのデス。貴方のブツをね」
「え?」

 そう言うと、エレナは後ろからヒカルに抱きついて胸元から腹、下腹部へと手を伸ばしていった。
 
「うひゃらはばだ~ な、なにを? するのぉおおお」

 エレナは死魂剣デスペラードをヒカルの手ごと掴んだ。

 ――我、死を司る殲滅の女神エレナなり。死魂剣デスペラードよ、我が手となりてあらゆる生を刈り取り給え。
 いざ、殲滅の輪舞曲ロンドを。

 ――ボワッ

「な、なんデスこれは!!!!」

 そのとき、ヒカルが羽織っていたローブが広がり、ヒカルもエレナも取り込んでしまった。そして、その影はどんどんと膨らんでいき、巨大なモンスターのような容姿になった。顔だけはヒカルの顔をしている。

「こ、これは偽蝕套ガウル! 貴方なんてもん着込んでるんデスか! こ、これじゃあイッちゃう、イッちゃう、イキます~~~ああああああああああっ」
「ちょ、ちょっと……エレナ? だ、大丈夫?」

 背中が熱くなり、エレナの吐息を感じるが声がない。ヒカルも呼びかけたがエレナは答えなかった。

 ――ガコンッ

 そのとき、扉が開いた。見れば整った身なりの5人組の冒険者パーティだった。

 ――フゴォォオオオオロロロロォオオオオ
 
 冒険者の前で、天井にまで達する巨大な化け物が、地獄の底から響くような雄叫びをあげた。ヒカルである。ヒカルは『ヤバい冒険者入ってきちゃったよ。どーすんだよ。スルーする?』と言っているつもりだったが。
 
「な、なんだよー30階層でこんな化け物ありえねーだろ。勝てねーだろ、逃げるぞ!」

 冒険者達は逃げ出した。

 ――21/30
 
「お? カウントがアップしたゾ?」
「冒険者を追い返したからね」
「お、ディアーナ。俺、今どうなってるんだ?」

 眼下にディアーナが見える。自分が大きくなっていることは分かるが全体像がつかめない。

「そうね……バケモノかな?」
「へ、へえ……そ、それはスゴイ……のかな? こ、この姿でいれば冒険者達を追い返せる……のかな?」
「まあね。でもそれ着てるとたぶん、命が削れるわよ?」

 ――20/30

「あっ また減っちゃった。どーすればいいんだ?」
「脱ぎなさいよ」
「ぬ、脱げないんだよ! ど、どーすればいいんだ?」

 ――19/30
 
「ちっ しょうがない。燃やすしかなさそうね。覚悟して」
「ええええ――っ アレ撃ったら俺まで燃えちゃうじゃん」
「仕方がないでしょ。放っておいても死につづけるんだから!」

 ――ファイヤーバード エグゾースト
 ――ヴァーン ファイヤ――――――ッ

 ジュュガガガガガガァアアアアア
 
 ディアーナのファイヤーバードがフロアを駆け巡ると、バケモノは消え、ほとんど裸の男女が倒れていた。エレナとヒカルだ。
 
 ――18/30
 
「ちっ 冒険者追い返したって、コレじゃ意味ないじゃないのさ」

 本調子じゃなかったディアーナもそこに倒れてしまった。



「転生した俺はポンコツ女神と迷宮の防衛?をすることになったようです。~転生のダンマス!~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く