攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!

夜明けのワルツ

招待状





王子のサロンで運ばれてきた食事をいただいているとき、理紗は思わず「もう疲れた…」と弱音をはいてしまった。


するとエドアルドが「では馬車を用意させよう」とあっさり頷いたので理紗は仰天した。


「帰っていいのっ? このあとの予定は?」


「特にない。今日は入園セレモニーがあるだけだったしな」


入園セレモニー?


首をかしげる理紗にエドアルドがため息をついた。


「講堂で行われたんだよ。君はどこかに行ってしまっていなかったけれど」


「う。知らなかった…」


だからやけに人が少なかったのね。


「いったいどこへ行っていたんだ。それにあのバッグはどうした」


「あ」


そうだった。


理紗は王子にバッグを落としたことと、警備局に届けられてないか確認に行きたい旨を説明した。
黙って耳を傾けていたエドアルドがあきれた顔をする。


「バッグを何度落とせば気がすむんだ。──まさかまたどこからか飛び降りてないだろうな?」


ぎく。


「まさか」


すまし顔で答えながら内心冷や汗をかいた。
だが都合の悪いことは言わないにかぎる。


「迷子になったり倒れたり…まったく。目が離せないなきみは。今夜の舞踏会では私のそばからはなれないように。いいね」


舞踏会?


きょとんとする理紗に王子がいぶかしげな目を向けてきた。


「この学園の生徒を招いての王宮舞踏会だ。きみのもとにもまず間違いなく招待状が届いているはずだが」





「攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く