攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!

夜明けのワルツ

ヒロインと接触





──な、なんでこの子がここにいるの?


思わずギョッとする理紗を、ヒロインが目を丸くしてみている。
できれば会いたくなかった相手ナンバーワンから話しかけられてしまった。


──どうしたらいいの?


理紗はヒロインを見た。相手もじっと見つめてくる。
何かを待っているようだ。


はっ、そうか初対面だから自己紹介をしなきゃいけないのね? そうねそうよね。そしたらまずはこちらからよね。


「私はメアリローズ。あなたは?」


「アリスです」


へえ、アリスって言うんだこの子。


「じゃあごきげんよう」


そそくさと立ち去ろうとすると、アリスがすがるような目をして言った。


「あの~、学園の寮に行きたいんですけど、場所はご存じありませんか?」


「えっ、寮?」


寮があるんだ。へえ…なんて考えてる場合じゃない。悪いが理紗にはわからない。


「ごめんなさい、存じ上げないわ。誰か他の人に聞いてくださる? あ、ほらあそこにちょうど騎士っぽい男性が……、やばっ! じゃあこれで!」


「?」


困惑顔の相手を無視してワンピースの裾を翻し孟ダッシュした。
ちらりと見えた騎士っぽい男性はまさしくさきほどの人物だった。


気づかれる前に隠れなくちゃ…!


必死に走り、いくつか角を曲がっていくと、袋小路に迷い込んでしまった。


息を切らして来た道を引き返そうとしたときだった。


「なぜ逃げる」


低い声が理紗の背中に浴びせられた。















「攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く