攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!

夜明けのワルツ

デジャヴ





──えっ、あれ?




目の前に広がる空間に理紗は首をかしげた。


さきほどの教師のものとは違い、全体的に淡い色調だが、どう見ても応接間であってお手洗いではない。


この部屋の中にあるのかな?


とりあえず探してみようと足を進め、いくつかあるもののうち最初に目についたドアに手をかけた。


「えっ?」


ガチャリと開いたそのさきは、これまた寝室だった。


ここもまた誰かのプライベートな空間のようだ。


勝手に見てしまったことにあわててドアを閉め振り返ると、廊下に出ていたはずの少女が理紗をじっと見つめていた。


「ごめんなさい、間違えて寝室のドアを開けちゃったみたい。ここはあなたのお部屋? 申し訳ないんだけどお手洗いを貸してもらえないかしら」


「その銀の取っ手がバスルームになっています。お手洗いはそこにありますよ」


「ありがとう」


話しながら理紗は気づいた。目の前にいるワンピース姿の人物の骨格が華奢ではあるが男性のものであることを。


だがいまはそれどころではない。


早足で示されたドアを開け目的地にたどり着くと、理紗はやっと焦りから解放された。思わず大きなため息が漏れる。あぁ間に合ってよかった…。


手を洗いバスルームから出ると、理紗を待っていた相手に再び礼をのべそのまま廊下に向かう。


「待ってください」


理紗を引き留めた少年が、じっと見つめてくる。
そして静かに言った。


「ぼくのこと、おかしいと思わないんですか?」





「攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く