攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!

夜明けのワルツ

王子の威光





「……エドアルド王子?」


シュバルツはいぶかしげな表情を浮かべた。


「私の婚約者です。ご存じありませんでしたか?」


どうだ! と理紗は胸を張った。


婚約解消うんぬんで揉めたことはこのさい忘れることにした。


エドアルドはこの世界の王子だ。


何番目かは知らないが、黄門さまの印籠並に使える名前に違いない!


どS教師めまいったか!


「存じ上げておりますよもちろん」


「そう、もちろん……えっ?」


カチリ。


「えっ?」


な、なんで鍵を閉めたシュバルツ!


後ろ手で鍵を閉め、シュバルツは手にしていたグラスをベッド脇のテーブルにおいた。その横にはずした眼鏡を添える。


たったそれだけで男の印象が変わった。


冷たい輝きをはなつステンレスの囲いをなくした素顔は、知的な印象はそのままに穏やかさや人間的な暖かみを感じさせた。


琥珀の柔らかそうな髪とダークグレイの瞳がまばたきもせずこちらを見つめている。


まるで暗示にかかったかのようだった。


理紗はその瞳にとらわれたまま身動きひとつできずにいた。


ドクドクと心臓が脈打ち、呼吸が早まったような気がした。


自意識過剰と自分でも思うが、シュバルツの体から性的なエネルギーが放出されて、それが理紗のところまで流れてきて、体を満たしていくような気がした。


ぼうっとする理紗にひっそりと男が微笑わらった。




「やっぱりきみには素質がある」















「攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く