攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!

夜明けのワルツ

攻略対象その2





「きみは…公爵家のメアリローズ嬢だね」


「はい?」


えーと、この人名前なんだっけ?


「花咲ける乙女」をプレイしてないからざっくりとした概要しかわからない。


「少し顔が赤いね。体調が悪いんだろう? 保健室まで案内しよう」


「えっ? きゃっ」


止める間もなく横抱きにされた。
とっさに首に腕をかけると至近距離で目があう。その満足そうな顔に理紗はイラッとした。


ちょっと! 教師が生徒に不用意に触れるなんて許されないでしょ!


「あの…大丈夫ですから下ろしてください」


ひきつった笑顔でそう伝えたが、教師は意に介した風もなくスタスタと歩き出した。


長身なうえにひとひとりを抱いているとは思えないスピードだった。
高所恐怖症な理紗はその状況に怯み、思わず首にまわした腕に力がはいる。


教師がクスリと笑った。理紗の怯えに気づいたのかと思ったが、


「すぐそこだから気にしないで。──恥ずかしいなら顔は隠しておきなさい」


と低い声で色気たっぷりにささやかれて、理紗は思わず相手をにらんだ。


なに勘違いしてるのよ、このセクハラ教師!


理紗のにらみに目を見張った教師は、ふいにニヤリと微笑んだ。


その目に獲物を捕らえいたぶる猫のような可虐性が垣間見え、理紗はギクリとした。


友人がこの男をなんと呼んでいたか思い出した。


ドSのシュバルツだ。


そしてここはR18の世界で、理紗はいままさに密室に連れ込まれようとしていた──













「攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く