攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!

夜明けのワルツ

ヒロイン登場





「ごめんなさいっ」


清んだ鈴の音のような可愛らしい声だった。


焦げ茶のおかっぱ頭の女の子が、エドアルドの背中にぶつかったのだ。


「前をよく見ていなくて…大丈夫ですか?」


「いや、こちらこそ進路の妨げになってすまない」


いやいや、ここすごく広いよと理紗は心のなかでつっこんだ。


学園の門前広場は噴水を中心にかなりゆったりとしたスペースがとられており、ロータリー方式で馬車が次々止まっては走り去っていく。


なかでもエドアルドの白金の馬車は一段と派手なものだった。
誰のものかわかっているのだろう、みな遠巻きにしていて不用意に近づくものなどいなかった。


エドアルドの肩越しに見える赤いカチューシャを目にし、理紗は「あっ」と声をあげた。


ヒロインだ。間違いない。理紗と同じ制服で赤いカチューシャがトレードマークなのだ。


そろりそろりと静かに後ずさると、理紗は二人を置いて学園のなかに足を踏み入れた。


エドアルドが名前を呼ぶ声がかすかに聞こえたが理紗は黙殺した。ヒロインの邪魔をする気はないのだ。


右も左もわからないこの世界で、人畜無害に生きていく。そう決めていた。悪役令嬢として人々から疎まれる毎日なんてごめんだ。


門から建物へ続く道を歩いているときだった。


「メアリローズさま…!」


「お姉さま!」


と呼ぶ声が理紗を呼び止めた。







「攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く