攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!

夜明けのワルツ

醒めない夢

シャッとカーテンの引かれる音に理紗は飛び起きた。


「なんっで…!」


豪華な寝台の上で愕然とする。
目を覚ましてもまだ現実世界に戻れていなかったからだ。


今日もメイド服に身をつつんだドロレスがほがらかに言い放つ。


「さぁさぁ、起きてくださいまし。本日から学園へ通うのですよ」


「学園…?」


いったいなんのはなし…と思い、ハッとした。
友人がハマっていたあのゲームは異世界ファンタジーでありながら学園恋愛ものだったのだ。
なんじゃそりゃ、と呆れたのを覚えている。


ドロレスが持ってきた制服はかすかに見覚えのあるものだった。ベージュのボレロと同色のワンピースだ。


それらに着替えさせられ、髪を結ってもらい、朝食をとったあとで来客を告げるベルの音が聞こえた。
ドロレスがニコニコ笑顔でやって来る。


「お嬢様、婚約者様がおみえですよ」


「はあっ?」


昨日の今日でいったいなんの用だ。
玄関ホールに続く巨大な螺旋階段を降りていくと、この家の執事と話をするエドアルドがいた。靴音に気づいてこちらを見上げてくる。


「やあ、メアリローズ」


昨日の事務的な様子とはうってかわって、にっこり微笑まれる。
そのキラキラエフェクトスマイルに理紗は目をしばたいた。いったい何事?


深々と頭を下げ執事が離れていく。それを見送り、理紗は口火を切った。


「今日はなんのご用でしょうか」


「学園までエスコートさせてほしい」









「攻略対象たちが悪役令嬢の私を熱く見つめてきます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く